2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





いつもは暇なものだからたまに来る忙しさにあたふたしてしまう…

 

一体この仕事何年やっているんだよ!と言う話ですがダメな中年ですねぇ。

 

 

さてペンシルポッパーフィッシュテール、お陰様で029RH、BBP両色完売致しました。

 

 

追ってBBPカラーは入荷予定ですので入荷の際はまた改めて告知致します。

 

 

また029RHは完全不足なのでご予約を承ることになるかと思いますがそちらを持ちまして製作は終了となりますのでそちらも改めて告知させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

 

 

ちなみに『029』は何か意味があるのですか??と聞かれましたがBalsa50好きの方はすぐにお分かりになったはずの僕の大好きなBalsa50のアロウレッドヘッドの2色の内特に好きなゴールドスケール無しの方のレッドヘッドのカラーコードになります。

 

 

確かに若い方やBalsa50をご存じない方は何の数字?となりますよね(笑)興味があればBalsa50のレッドヘッドを見てみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中、先日平成ではなくあくまで昭和のアイドル顔風のこの男と釣りに(笑)

 

 

レイミアの神保君。

 

 

 

 

 

ブランドを立ち上げる前からお店にたまに来ていたからもうかれこれ5年ちょっと位になるのかな?

 

 

半端ない人見知りだったけど元々Balsa50が大好きな所やトップウォーターゲームに求める部分が割と近かったというのもあって徐々に色々な話をする様になり、最近になって『釣りに行きませんか?』『行こうか!』という所まで来た感じです(笑)

 

 

実は僕はこういう方が好き。

 

 

元々人見知りだし大勢の中に入るのも少し苦手…『嘘付け!!』って言われそうだけど仕事だからそうも言ってられないだけで古く

からの友人は皆知っている感じ(苦笑)

 

 

だからと言うのもありますが徐々に距離感詰めて行って仲良くなる方が性に合っていますしね。

 

 

まぁそれが普通と言えば普通の気もしますけど(笑)

 

 

そんな訳で神保君との釣りは2回目。

 

 

雰囲気最高、水色良好、悪い要素は強いて言えば夜からの北風位?

 

 

しかし物の見事に何も無し。

 

 

まあまぁ良い所に決まっているとは思うのですが二人して完全なる『無』

 

 

途中房総お仲間にお会いするも同じく完全なる『無』

 

 

バスは全く持って幻の魚ですね。

 

 

それかここが絶滅したのか?

 

 

沢山釣れるとはさらさら思っていないけどここまで釣れなかったっけ??みたいな。

 

 

神保君はトーチのみ、僕はハウルの3フックモデルのバランス違いのみという感じだけどだからって居ればバイトがある気もするし…

 

 

 

バランスやアクション比べなかなか一気に解決しないのがもどかしい所かもしれませんが色々使ってそれぞれの良い所を上手く調合して美味しい一品を作るみたいな感覚は面白いですね。

使うだけだから言えるんですけど…

 

 

 

まぁそれでも十分楽しめました。

 

 

プラグの話は勿論その他も。むしろそっちの方が多いか…(笑)

 

 

そうそう、トーチのブラウンバックパロットを塗ってくれました。

 

 

まだブランドをスタートして間もない時『自分は今はまだ林さんの所の色を納得してもらえる様に塗れないんでいつか塗れる様に頑張ります』と言っていたのを思い出すのですが、数年前、いつかの約束通り素晴らしく格好いいブラウンバックパロットを塗っているのが嬉しかったですね。

 

 

以前は『自分は下手なのが分かっているから下手に見えない様に誤摩化せて格好いいカラーを考えているんです』と恥ずかしそうに言っていたのですが、個人的には決してそんな事はなくかなり前から堂々と格好いいカラーが塗れていると思います。

 

 

他に仕事を持っているパートタイムビルダー。しかも休みは日曜のみ…

 

 

決して生産数は多くないし、ルアーを作る時間も多くない。それでも少ない時間を割いて地道にリリースし釣りにも行っているのを見ると自分も襟を正さなきゃなという気持ちにさせられますね…

 

 

 

釣りに行くエリアは同じなので年内またどこかで釣りをしようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな神保君との全ゾリな半日、

 

 

ナイロンタックルに戻してみました。

 

 

 

 

 

プラグの使用感をそれぞれのタックルでチェックする為に同じ投げ心地の同じリール、同じロッドで使い比べようとした訳なのですがここ最近PEが多かったので改めてナイロンの釣り心地に感動。

 

 

何と言うかもう数投しただけで『気持ちいいなぁ〜』と声が出ちゃう(笑)

 

 

横で聞いていた神保君もちょっと引いてたかもしれないけれどそれ位違う。

 

 

 

今やお客様の使用比率で言えばPEの方が多くなっていますし、僕自身もそれに伴いテストなどもよりお客様の感覚に近い使用感などを入念にチェックしなければならない為に意識してPEの比率を高めています。

 

 

でもナイロンの繊細さや釣り心地、ラインスラックを使ってプラグが艶かしく動く様を見るとやっぱり僕はナイロンが好きなんだなぁと思います。

 

 

古いタイプかもしれないけれどペンシルやダーターは絶対にナイロンライン、加えてダーターに関して言えばロッドはグラスロッドだと思うのです。

 

 

昨今のトップウォーターはソルトウォーターゲームがPEラインになってパワーゲームになっていったのと似てパワーゲーム化しつつある様な気がします。

 

 

それはそれとして良い部分もありますが、一方ではタックルが強度最優先になって行ったり釣りがガサツになってしまう部分もあり、自分自身もPEからナイロンに戻す時に愕然とする位それに気づかされる時があります。

 

 

これからまた改めてナイロンの比率を高めて行こうと思った次第です。

 

 

ナイロンしか使った事の無い方はちょっとPEラインを使う事をおすすめします。

 

 

そしてPEラインしか使った事の無い方はナイロンラインを使う事をおすすめします。

 

 

どちらも最初は違和感を感じて当たり前ですがある程度使い込んでみるとそれぞれの良さを感じられると共に釣りの幅が広がると思います。

 

 


今日も穏やかな晴天でしたね。

 

 

週間予報では曇天予報でしたがぽかぽかした暖かい一日でした。

 

 

これで少しは急に下がった水温も上がるかなぁ?なんて思っていたらお客様の“マキノ氏”からお写真を頂きました。

 

 

 

 

 

一枚目のクシャミする直前みたいな顔と二枚目フンガァ〜!な表情のギャップが面白いです(笑)

 

 

 

53.5僂箸了ですがサイズは勿論文句無しのランカーサイズですがぶりっと太ってコンディションが抜群。

 

 

やっぱりバスはサイズとコンディションどちらも大事。

 

 

ランカーでもペコリーノでは寂し過ぎますし、ブリブリでもやっぱりサイズは大きいに越した事は無い…

 

 

そう超理想はブリブリのランカー!まさにこの一匹はそんな感じのバスですね。

 

 

プラグも初代食用がへるですかね?あえてのナイロンラインもポイント高し。

 

 

トミー先生もさぞや喜ぶ事でしょう(笑)

 

 

 

毎年申し上げておりますが房総も水温が下がって来て数こそ少なくなって来るもののランカーサイズを狙うならこれから12月上旬位までです。

 

 

特にこの時期釣れる大型はプリスポーン時並の良いコンディションが多いですから『そろそろシーズン終了かなぁ…』なんて思っている人はまだまだこれから!です。

 

そして最近各フィールド台風の影響で濁り気味ですが、逆に僕らの釣りにとっては晴天ピーカンでも濁りが有利に働いてチャンスがあると言う事も十分に考えられます。

まだまだ水の中の秋はこれから。是非頑張って下さいね!!

そしてお詫びです。

 

 

レイミアの抽選ですがちょっと遅くなって申し訳ございません。

 

 

遅くとも日曜までにはご当選の方にご連絡をさせて頂きますのでご応募頂いたお客様は今暫くお待ち下さい。

 

 

またご当選のお客様のみのご連絡となりますので予めご了承下さいます様宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で今日は短めに。

 

 

明日明後日と皆様良い休日を!!

 


穏やかな小春日和

 

 

実に貴重です。

 

 

さて今日は大潮。

 

 

だからという訳でもないのですがスズキ釣りに。

 

 

またマルかよ…という声が聞こえて来そうですが(笑)

 

 

が、しかし!今日はちょいと違います。

 

 

我が愛竿SLOWTAPER OCEAN “BaitPlugger70”にお休み頂きお遊びでこのタックル(笑)

 

 

 

 

 

 

ロッドは確か80年代末期から90年丁度頃に買った(ような気がする)フェニックス&2500C。

 

 

80年代バスに夢中だった少年は懐かしさを感じずにいられないタックルですね(笑)

 

 

これがやや年上の素敵なお兄様世代になるとオフセットタイプになるのですが買える様になった頃にはすでにストレートグリップのこれ。

 

 

確か少し前までIM6ボロン(響きが超懐かしい)とXキャリバーがあってこれはその後に出たスーパーボロンというシリーズ。

 

 

 

 

フェニックスと言えばオフセットなイメージもあるんですが個人的には苦労して買って揃えたし奇麗な青緑のブランクがお気に入りだったんですけどね。

 

 

家に帰ってあの不死鳥が書いてある袋からロッドを出した時にニヤニヤしてましたっけ(笑)

 

 

合わせるリールはもちろんアンバサダー。

 

 

当時フェニックスはラリー・ハワード社長の他にバスプロでギジットで有名なボビー・ガーランド、スティーブ・オリバー、ジョン・マーレーなんてオッサンには懐かしいバスプロ達が居ましたね。

 

 

中でも特に日本で有名だったのが今やアンバサダーのオジサンとしての方が知られているんじゃないか?というドン・アイビーノ。

 

先日チェスト114の康太郎のインスタに出て来たときは『おぉぉ!!ドン爺さんじゃないか!?』と驚きましたっけ(笑)

 

 

彼の『ドゥードゥリング』なる釣法は一躍ブームになり、その頃からチューニングなる言葉も良く聞かれる様になった気がしますがそのドンアイビーノが1500〜3500C、4600CBなんかを合わせていたのが自分のフェニックスに付けるリールのイメージ。

 

 

ちなみに田辺さんもアンバサダーな感じでその他にも521XLTあたりも合わせてた様な…

 

 

まぁそんな事は置いといて。

 

 

本当は4600CBあたりを合わせるのが気分かとも思ったのですがフジ系のシングルハンドキャストで4000番、5000番は僕の場合オフセットでもサムバー(ピラー)の位置が高くなってしんどいのにましてストレートなので実重視で2500Cをチョイス(笑)

 

 

ちなみに則さんもフェニックスのオフセットにはそんな事もあってシマノの逆輸入のケブラーロッドに合わせていたシマノのBM-2を使ったって言ってましたっけ。

 

 

あんなにグローブみたいなゴツい手だったら大丈夫だった様な気がするけど…(笑)

 

 

ラインは気分コーディネイトで言うとナイロンなんですが以前ファイバーグラスのフェンウィックFC60に5500C、8lbナイロンで当たりはグーンという感じだし魚が掛かってから時間が掛かるのでPE1.5号をチョイス。

 

 

プラグはザラスプーク、スーパースプーク。アブレるのも嫌なのでミノー、バイブレーション数個。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていざ実釣。

 

 

第一印象は『25C巻き取り遅っ!!!(笑)』

 

 

バスはもっぱら5500Cなので2500Cと言うと今やナマズに使う位なのですが、潮の流れの中アップクロスにペンシルを動かしたりすると相当早く巻かないと追い付かない(笑)

 

 

勿論ギアは1970年代のどノーマル、もう忙しないのなんのって話です。

 

 

しかもロッドが短いからBaitPlugger70だとちょいと投げれば楽勝な距離をシングルハンドでフルキャスト(笑)

 

 

いやぁ〜今のタックルって凄いんだな。

 

 

とは言え今日は普通のタックルで釣る気はないのでそのまま頑張っているとパンパンなマルがご機嫌にアタック!

 

 

 

 

 

魚は超グッドコンデションだからめちゃめちゃ引く上にタックルがタックルだからなかなか寄らない(笑)

 

 

それでも『おぉ〜っ〜』とか言いながらとりあえずキャッチ。

 

 

その後意地になり過ぎて潮位のタイミングを逃したのか一匹追加したのみで終了…

 

 

それでも大満足。いやぁ〜遊べました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついつい釣れるとそればかりやってしまいがち…

 

 

いつも沢山釣れる訳ではないからそれもまた当然なんですけどね。

 

 

でもそんな中で遊び心を持つ心の余裕みたいなものがあるアングラーは素敵だなぁと思います。

 

 

そんな訳で、次回チャンスがあればグリグリ巻いて根こそぎ釣ってやります!!

 

 

冗談(笑)懐かしいバスプラグか前職タックルあたりで釣ろうかなぁなんて考えています。

 

 

 

 

 

 


台風が過ぎ、ようやく通常の秋の陽気に戻りそうですね。(とは言え祝日また崩れそうですけど)

 

 

そんな中昨日は台風の吹き返しの北西爆風。

 

 

2週連続で爆風&ドチャニーゴ&大時化という何も出来ないトリプルコンボにもはや笑うしかないです…

 

 

アホな下の子供のせいで羽田空港まで行ったのですがアクアラインを渡ると東京湾もご覧の通り白波で真っ白。

 

 

東京では19m吹いたらしく、危うく通行止めで渡れなくなる所でしたが何とかセーフ。

 

 

 

※当然経理さん撮影ですのでご安心を。

 

 

 

なんだか最近マルしか釣っていない…

 

 

お手軽癒し系マルはそれはそれで遊んで頂ける内は遊んで頂くつもりですがそればかりというのもなんなのでタイミングを見てぼちぼち他の釣りに行ってみたいんですけどね。

 

 

とは言え。

 

 

先週に続き本日ポンコツな膝小僧に2回目の注射。

 

 

 

 

 

先生の話では症状を診ながら5回位やるのが通常らしいのですがBOREDのシックへヴィーみたいなドロっとした液体を注射する感覚がどうにも苦手…

 

今日も『階段や急な坂は出来るだけ避けて重い物を持ったりしない様に』と念を押されました(😭)

 

 

それにしてもそんな風に言われたので冷静に考えたのですがバスの装備ってまあまあ重いですね…

 

 

マルなんて贅沢言わなければボガとプライヤーとルアー数個だけさえあればOKな超お手軽軽装だし、荷物多いと思われがちなオフショアなんかも釣ったときのクーラーが重いくらいでそうでもない。その点バスはボートスタイルだとバッテリー、モーター、船、その他諸々…

 

逆に言うとそれぞれに拘れるのが楽しみでもあるのですがジョンボートで24Vモーターの場合で考えると釣りをする前に80繕瓩の荷物を運ばなきゃいけないんですよね(笑)

 

今まで当たり前過ぎて考えた事無かったけどしょっちゅう釣りに行けば筋トレになるんじゃないの?という重量かも。

 

 

まぁそんな訳でこじらせると厄介ですし(既に厄介だけど…)今年はとにかく無理はせず完治させることを最優先にして膝の状態と相談しながら釣りをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして物ネタ。

 

 

 

こいつを買ってみました↓

 

 

 

 

 

 

ファイントラックのアンダーウェア。

 

 

少し前に購入していたのですが次回の釣りで投入予定。

 

 

近年アンダーウェアはアイベックス、モンベル、パタゴニア、ホグロフスあたりを着てきたのですがファイントラックは素材や機能に関してかなり面白いので実際に着てみてどうなのか楽しみですね。

 

 

特にメッシュスキンやアンダーソックスなどはかなり優秀。

 

 

濡れた時の保温性能がいいらしいので調子が良ければ新たに追加しようと思っています。

 

 

木枯らし1号が吹いて季節は晩秋から冬へ…

 

 

だんだん寒くなって来ると通常の保温性は勿論ですが落水時など万が一の事を考えなければいけません。

 

 

分かりやすく言うとサウナに入った後にはいる水風呂があると思うのですがあれでも15℃〜17℃程度。今の水温がそれくらいですからに冬の一桁台に浸かった時を想像してみて下さい。水温だけを考えると海水よりも淡水の方が低いので危険なんです。

 

 

やはり格好より何より安全が最優先。

 

 

 

その為僕は水温が下がって来ると共にコットン系のウェアを減らして行きます。

 

 

 

濡れると乾きにくく、保温性もないコットン系素材は極力避けて化繊やウールなどの速乾性や保温力の高い素材を選びたいものです。

 

 

本格的な寒さが来る前に少しづつ準備をして行きましょう。


台風の影響で朝から雨。

 

 

ここ市原では本降りで強く降る状況になって来ています。

 

 

 

 

また多くのフィールドがある房総半島中央部は既に本降りの雨が続いて濁流になっている所が多くなっていますね。

 

 

河川も消防待機水位になっているので今後の台風接近にともなう雨量が気になる所です。

 

 

関東はこれから夜にかけて最接近の予定ですので皆様十分にお気をつけ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中フィールドのお話を。

 

 

関東の皆さんにはお馴染みの三島ダム…

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますがどうやら12月1日よりバス解禁になるようですね…

 

 

豊英や戸面原の流れを受けての解禁といったところでしょうか。

 

 

このフィールドには20年以上通っていますがその頃に比べどんどんヘラブナ釣りの方が少なくなっているのでもしかするとそう言った所もあるのかもしれませんね。

 

 

この解禁によって房総半島で釣りをしていいリザーバーは全てレンタルフィールドになります。

 

 

逆に言うとそれ以外は全て釣りをしてはいけない、もしくは船等を浮かべては行けないリザーバーになりますね。

 

 

でも心中複雑です…

 

 

バスフィッシングを認めてくれるフィールドが増えると言うのは本来喜ばしい事なのですけど、静かな湖面でというのはもう無理なのかもしれませんね。

 

 

行った事のある方は容易に想像がつくかと思いますが各ボート店30艇、仮にこれが事実でその半分でも出るとなると湖の規模を考えればかなりの過密状況になる事は間違いありません。

 

 

せめてもの救いは持ち込みもOKでそれぞれのスタイルで釣りが出来るという事でしょうか?

 

 

そして何より一番の危惧は我々バスアングラーのマナーやモラルですかね。

 

 

狭い上流でなにも挨拶せずに追い抜いて行ったりすぐ前に入って釣りをしたりと信じられない状況がおきない事を願うと共に、間接的に釣り禁リザーバーに人が流れそこで新たな問題が発生しないと良いのですが…

 

 

まぁ自分を育ててくれたフィールドの一つでありますし、本音を言うと素直に喜べない心境ではあります。

 

 

とは言え決まってしまった事ならそれに従って皆で大事にして行くしかありません。

 

 

この件に関しては状況が分かり次第この場でお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて明日はSlowtaperは定休日となります。

 

 

また火曜から宜しくお願い致します。