2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





毎日暑いですね。

 

昨日今日の暑さは湿気も酷くてベタベタ蒸し蒸しと最悪です。

 

まだまだ暑い日は暫く続くでしょうから引き続き熱中症対策に気をつけましょう。

 

ちなみに私め。

 

最近保険?の意味もあって経口補水液を用意してます。

 

自分でも大袈裟かなとは思うのですが大丈夫と思っていつつ知らない間に熱中症になっているらしいので釣りに夢中になるとそこまで気が回らなくなりやすいアホな自分はそれ位で丁度いいかと。

 

飲み過ぎるくらいで丁度いいですから水や麦茶、スポーツドリンクをガブガブ飲みましょうね。

 

それにしても纏まった雨が降って水が良くなって欲しいですね。

 

東京は何十日連続雨が降ったなどとニュースでやっていますが房総はさっぱりです。

 

仮に降ったとしても水質や水位に全く関係無しの湿度を上げるだけの雨(笑)

 

アオコもバリバリですし早く纏まった雨が降るか秋の訪れが来る事を切に望みます…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな晩夏。

 

 

少し前に竜飛崎に行って来ました。

 

 

 

 

こちらは権現崎

 

 

かの石川さゆり様が『ごらんあれが竜飛岬北のはずれと〜』と歌ったあの竜飛岬でございます。

 

 

まぁ海をやる方はそれを聞いただけでお分かりかと思いますがクロマグロのキャスティングゲームと言う奴ですね。

 

 

実は昨年も行ったので今回は2回目。

 

 

果たして結果はというと…

 

 

20前未任垢ね?メジがポッパーにズバッと出ましたが一瞬掛かって抜けちゃいました。

 

 

とは言え、これはノーカウントサイズですからまともなサイズはキャストチャンスゼロ(笑)

 

 

ちなみに昨年も全て沖に出られてキャストチャンスゼロですからまぁバスアングラーから見れば『何をしに行ってんの?』って感じかとは思いますが、実際はこれがこの釣りでは超当たり前であります。

 

 

兎にも角にも魚に投げるところまでが本当に気絶してしまう程遠い(苦笑)

 

 

加えてマグロが巻き網の乱獲で減っていると言うのも大きいみたいですけどね。

 

 

もちろん200善曚┐離泪哀蹐シイラを追い飛ばす景気のいい日もありますが、それでもグッドサイズは20隻近い船が8月〜10月まで出られる日は毎日出て全体で片手の数程。

 

 

一年に一回の通い組が釣るのはまさに奇跡に近い訳で…

 

 

まぁ追いたい釣りではあるけれどまともに考えればちょっと追えねえなぁ…みたいな(苦笑)

 

 

ソルトが本職ならぶっ込むんですけどね(笑)

 

 

そんな事を帰って一度冷静になった今、色々、諸々考えています。多分またやるんでしょうけど…(笑)

 

 

とは言え。

 

 

どんな釣りでもそうですが行かないと見えない世界はある訳で、やらないと何も分からない世界もある訳で、日本人として名曲にも歌われる津軽海峡夏景色を沖から眺める事はある意味意義がある事なのかなぁと思っております。

 

 

同行者は自分が思う普通じゃないリールメンテナン師、グーバーのシゲさん。

青森暦15年、実は20年以上も前からマグロを主するビッグゲームの第一線でやっているアングラーでパプアニューギニアに一ヶ月も居た普通じゃな人です。そしてそこで経験した怖い系の話も普通じゃないです…ちなみに昔はインテル時代のブラジル代表ロナウドに似ていると言われたシゲさんも本人同様ぽっちゃり気味(笑)

 

 

おまけでライギョ釣り(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて話はガラッと変わって靴の話。

 

 

一月程前に巣鴨のゴローに行って靴をオーダーして来たのですが遂に完成。

 

 

 

 

ゴローの登山靴は以前お話した通り19歳か20歳の時に始めてオーダーしたのが始まりで、今厳冬期以外で使っているブーツもここで釣り仕様に特別にオーダーした物です。

 

 

学生時代めちゃめちゃおっかなく感じたおじさん(笑)でもとっても優しいので臆せず色々聞いた方が良いです。ちなみに必ず足型をとります。

 

 

今回オーダーしたのは軽登山靴で街履きと普段の釣りでもっとライトな感覚で使うための靴↓

 

 

 

 

正直ダナーライトやマウンテンライトなど実際履いていましたし格好良いのですが、ここ10年程でクオリティーが下がった感がある割に価格は超高騰してちょっと残念…

 

 

そんな中、価格も良心的でアフターも万全な日本の靴を選ばない手はありません。

 

 

そこで今回は2足購入。

 

 

一足はブーティエムというトレッキングブーツ。

 

 

機能的には同じで昔からあるブーティエルというタイプにしようかと結構迷ったのですが最終的には見た目の好みでブーティエム。

 

 

これがラウンド型ではなくオブリーク型の自分の足にはダナーと比べようが無い位に履きやすい!

 

 

そもそもダナーを始め海外メーカーは欧米人に多いラウンド型の足を考えて作られているからオブリーク型だとジャストより大きめを買わないと指が当たってしまうのですがブーティエムはそんな事無し。

 

 

いやぁ〜履きこんで行くのが今から楽しみです。

 

 

そして二足目はゴロッパなるゴロー版サンダル。

 

 

これが最高!

 

まだ馴染んでないのにも関わらず履き心地最高でクッションも適度な硬さ。

 

 

しかもソール交換も出来るので長〜く履けると言う素晴らしさ。

 

 

スリッパと言えどもダッシュして走れる位のフィット感がありますからサンダルがシーズンオフになったら毎日これを履きたい位。

 

 

いやぁ〜二足とも買って良かった。

 

 

もうこの手の靴はゴローだけでいいかなと一瞬思った今日この頃。

 

 

多分ですがどちらもまた色違いのを買う事になるかと思います(笑)

 

 

そんな訳でゴローのブーツ、都内在住の方や都内に行く用事があった際など一度行って見てみてください。

 


お盆期間中の営業のお知らせです。

 

8月11日〜13日通常営業

8月14日 12:00〜21:00

8月15日 12:00〜19:00

8月16〜19日 臨時店休

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日灼熱地獄なんて言ってたら今日は涼しいですね。

 

 

過ごしやすくて最高!

 

 

どうせならこれくらいの陽気でずっと行って欲しい…

 

 

さてそんな明日からお盆休みですね。

 

 

帰省する皆様、旅行に行かれる皆様、くれぐれも運転等々気をつけて下さいね。

 

 

そして小さなお子さんを海や川で遊ばせる際は必ずライフジャケットを着させましょう。

 

 

毎年GWやお盆休みに悲しいニュースが流れますが今はいい子供用のライフジャケットがありますしそんなに高くないですから是非用意して下さいね。

 

 

そして当店の営業は先にお知らせした通り。

 

 

通常は定休ですがお盆休みに合わせて営業致しますので帰省や家族サービスの合間に立ち寄れるようであれば癒しの一時として是非ご来店ください(笑)

 

 

また釣りに行かれる方も釣りに関しての天気は良さそうな日が続くみたいですしね。

 

 

是非釣り帰り、釣り前のご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

さて話は変わって先日の続き

 

 

今日は中空フロッグに続いて非中空?フロッグ。

 

 

というかいつから中空って言う様になったんだろう?かく言う自分も知らず知らずの内にそう言う様になりましたけどね。

 

 

話を戻して。

 

 

面倒くさいからフロッグと表記します(笑)

 

 

さてこのフロッグ、実際に発売されている物としてはスミスのストライクフロッグ位でしょうか?

 

 

もっと出て来てくれると嬉しいでのすが実際作るとなると大変ですし自分で作らないのに偉そうな事は言えません。

 

 

その為ストライクフロッグ以外となるとデッドストックなどに限定されてしまうので書くべきかどうか迷いましたが、フロッグのお話をする上で必要かとも思いますし個人的に少年時代からの思い入れもあるので書く事にしました。

 

 

 

 

まぁそんな訳で昨日に続きフロッグを全く使わない方はスルーして下さい(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、このフロッグはご存知の方も多いとは思いますがハリソンのスーパーフロッグが元祖だったと思います。(オールド通ではないので違ったら勘弁して下さい)

 

 

僕世代だとハリソンのスーパーフロッグは則さんの本で酷評されていた3rdモデルの物になり、その他で言うとアルファ&クラフト(スポーツザウルス)のヒックリージョー、ガルシアのガルシアフロッグ、コーモランのかへるくん、ダイワのブルフロッグあたりでしょうかね?

 

 

そして大きく分けてフックが下を向いたハリソン、ヒックリージョー、ブルフロッグ、フックが上を向いたガルシアフロッグやかへるくんと分けられ、現行で買えるストライクフロッグ↓は当然前者になります。

 

 

 

 

ちなみに個人的には少年の味方コーモランのかへるくんヒックリージョーにお世話になりましたね。

 

 

かへるくんはフックが脚の下にあってバスやライギョはそこを噛んだりするのですぐ脚が千切れるのですが、それをグラブやツインテールグラブをライターで溶かして着けて復活させていましたっけ(笑)

 

 

加えてスポーツザウルスのヒックリージョーは八郎潟で僕が少年時代に使っていたヒックリージョーを修理しながら使っていたのをフロッグ大好き人間の社長(則さん)が発見し『ムネ、それ貸してくれ』と奪い取って使い復活させよう!となった思い出があり忘れられませんね。

 

ちなみにその時社長はハリソンを使っていてボックスの中にはハリソンやガルシア、初期型スナッグプルーフなんかが入っていて、フィッシングなんかで憧れて見ていた雄蛇ヶ池のフロッグだぜぇ〜としびれましたっけ。

 

今にして思えば一個くらいパク…いや貰っておけば良かった…(笑)

 

 

そしてハリソン3rdとかブルフロッグは個人的にはガードの硬さとか脚の硬さとかが気に入らなくてそんな理由から結局ヒックリージョーを多用していたのを思い出します。(果敢に攻める所は無くしても泣きが入らないかへるくんの足がちぎれた奴w)

 

 

あぁ…思ひ出とフロッグ愛が止まりませんね…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなのはとりあえず置いといて。

 

 

まず中空フロッグとの一番の違いはフロッグはボディーが潰れません。

 

 

 

 

 

 

ゆえに昨日お話した中空フロッグのフックアップまでの行程は異なって、どちらかと言うとプラグに近い感じになるイメージですかね。

 

 

その為中空よりはフックアップに至るまでのスピードが入らない為に、バスがボディーを咥えてアングラーの合わせがちゃんと出来ていさえすればナイロンラインでも結構掛かります。

 

 

とは言え、中空フロッグ程ではないにしろやっぱり根本は変わりませんからラインの伸びやロッドが柔らかいと言う事はデメリットである事と認識する必要はありますのでご注意を。

 

 

まぁそれでもナイロン派にとってはナイロンでも使用できるということは大きい訳で、そこだけ取ってみてもフロッグは大きなメリットはあるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてスナッグレス性能。

 

 

これははっきり言って中空フロッグに比べれば落ちます。

 

 

フックポイントがボディーにそっている中空と違って、ウィードガードこそあるもののフックがむき出しになっているフロッグはどう考えてもスナッグレス性能の点では勝ち目はありません。

 

 

また、密なカバーになるとボディーがひっくりかえるか横に倒れてカバーの上を来ると言う問題もあります。

 

 

その為ストライクフロッグの入荷の時にも書きましたが、フロッグに関して言うとオープンからライトカバーで結構隙間がある所を攻略するのに適している感じですかね。

 

 

プラグ以上中空フロッグ未満なカバーには大活躍する事間違い無し!

 

 

葦やガマはもちろん特にヒシで言ったらパラヒシ、ハスの立ち上がっていない状態やスイレン、薄いウキクサやダムなんかで良くあるオガクズ?みたいなのが吹きだまった様なスポットなんかは最適ですね。

 

 

一方慣れである程度対応できる様にはなるものの、房総に良くある様な竹や枝+ゴミやウキクサなどと言うカバーには弱く、もしPEユーザーならば中空と使い分けると良いと思います。

 

 

もしナイロンユーザーであれば…何とかなります!操作に慣れて上手くなるしかありません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてちょっとしたコツを2つ。

 

 

まずフロッグは面倒でも直結の方が良いです。

 

 

ウィードガードが下に出ているのとスナップがフリーになるのでくぐってガードを折りやすくしてしまうのです。

 

 

特にフックポイントまで覆ってないガードはすぐにスナップがウィードガードの下に周るので注意が必要です。

 

 

ちなみにこのヒックリーはちょっとフックを開いてます

 

 

ヒックリージョーなんかでガードがすぐ折れた…なんて経験がある方も多いと思うのですがスナップで使っていませんでしたか??直結だと下に回ったりする事はあるものの檄的に折れにくくなります。

 

 

これに関してはストライクフロッグはフックポイントまで覆っているタイプですが、覆ってはいるものの外れてしまったりするのでやはり無難に直結にする事をおすすめします。

 

 

また針掛かりに関してですが、形状の問題もあるもののボディーとフックポイントの距離がある方が所謂ワイドゲイプな為に刺さりは良いですが更にちょっとだけフックポイントを外側に開いてあげるとより掛かりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で本日は非中空のフロッグのお話でした。

 

 

フロッグゲームは昔からスタンダードなトップウォーターゲームの王道。

 

 

中空、非中空問わずプラグと上手く組み合わせ積極的に使ってみて下さいね。

 

 

ブリッとした黄金色に輝く良いバスがバイトして来ますよ!

 

 

 

 

 

 

 

では良いお盆休みを!!


関東灼熱地獄。

 

こう暑いと寝苦しいわ、暑さのあまり無意識にベッドから落ちてフローリングで寝て寝違えて首痛めるわ、シャワー浴びて熱い食べ物食べたら汗だくでまた浴び直しだわ…

 

 

本当にこう暑いと大変です。

 

 

そんな事言っても仕事中はエアコンの利いた部屋にいるお前は関係ないだろ!と言う話もありますが…外のお仕事の方には申し訳ないのですがそれもそれで結構つらいもので…(苦笑)

 

 

こう見えて私め、エアコンが苦手。

 

 

エアコンに長時間当たっていると肩凝りやらダルさやらが起きて来て実は店に居る時も定期的に外に出て体を温めていたりしていますし、たまに外食に行ったりすると異常に冷えている所があるので軽い羽織物を持って行くくらいです。

 

 

それにしても今後暫くは続くであろう暑さ。

 

 

皆さんくれぐれも体調管理に気をつけて熱中症や夏風邪、夏バテにならないように気をつけて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本日は真面目に連続でコラムを書きます(笑)

 

 

最近店的にはフニャーンヘビーが良く売れていたり、ハリソンのスーパーフロッグのリメイク版とも言えるスミスさんのストライクフロッグの登場などで再びフロッグの注目度が上がった様な気がしますね。

 

 

そんな訳で重複しても定期的に書いていましたが最近すっかりご無沙汰だったのでフロッグのお話を。

 

 

まずは中空フロッグから。

 

 

さてまだ理解されていない方も多いのですが、そもそも中空フロッグがフックアップに至るまでの行程は下記の通り↓

 

1、バスがバイトをする

2、ボディーが口の中に入る(もしくは噛む事によって潰れる)

3、フッキングによりボディーがズレる

4、フックアップする

 

 

その為に3〜4のスピードが遅いとフックが刺さる前にバスが口を開けてしまうためすっぽ抜けという現象が起きてしまう訳です。

 

 

つまり理論上フッキングに関しては100%、例外なく、伸びの無いライン、曲がらないロッド、滑らないドラグ、ハイスピードギア、端的に言うと3〜4のスピードを稼げるタックルが良いのは間違いありません。

 

 

ここを理解するかしないかで大きく違って来るので、好み云々は置いておいてそう言う物だと認識しましょう。

 

 

ただそうかと言ってフッキングだけに重きを置いたタックルになるとぶっちゃけ『獲るタックル』になってしまい釣り味もへったくれも無いですよね?(笑)

 

 

僕らの釣りはやっぱりそれが真実だと言っても格好いい道具で釣りをしたいし、キャストも掛けてからもガチガチのロッドでは面白くない…

 

 

そんな訳でこの部分を理解しつつそれぞれアングラーごとの落とし所を見つければ良いのではないかと。

 

 

前途の要素から外れれば外れる程フッキングしづらくなる事だけは十分に理解しつつ、お好みのタックルで良いと思います。

 

 

ただ最低限PEラインで、ナイロンに柔らかいロッドとか言うのだけは論外なのでそこは常識の範囲内でお願いします。

 

 

尚、フロッグは中空で有る無し、タックル云々に関わらず“合わせがちゃんと出来ているか”によって大きく確立が変わります。

 

 

プラグではそこが向こう合わせ的な部分で助けられていてもフロッグの場合はそこが如実に現れますので、そこそこ硬めのロッドでPEライン、その組み合せであまりに乗らないのであれば今一度合わせを見直す事をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

そしてボディーの形状。これもタックルと並び大きく影響します。

 

 

前途の流れから必然的にバスの口の中でスムーズにズレやすい形状はフックアップの確立が上がります。例えば先端が細めでテール重心のティアドロップ型形状などはその典型ですね。

 

 

またもしくはフックのVの開きが大きくボディーの横に近く来る物はフックアップ率は高いです。

 

 

特に高速ターンで動かせば動かす程横にフックポイントがある方が掛かりやすいと言えると思います。

 

 

ちなみに僕フロッグゲームをする上において好きでよく使っているのがラッティーツイスターのリリーパッドジェリービーンのオリジナルとジュニアのSlowtaperチューンなのですが形状を見て下さい↓

 

 

 

 

前途した針掛かりしやすいフロッグの典型ですね。

 

 

加えて表情も可愛くてお気に入り。

 

 

言ったらオールラウンダー系のフロッグもあって良く出来ている物もあるのですがやっぱりこの分野の釣りをしている以上表情やテイストにはこだわりたいかなと…(笑)

 

 

ただあくまでライギョ用…

 

 

その為ボディーとウェイト以外はバスに向く様にチューニングしなければいけない点がネックですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方ヘッドが太くて後方にフックがあるタイプはボディーの動きは良くてもフッキングはかなり悪くなります。

 

 

というのも普通のプラグで考えると非常に分かりやすいのですが、カップノイジーやヘッドが太くボディーが細くなった部分にフックがあるプラグって意外とスナッグレス性能が高いですよね?

 

 

これをフロッグに置き換えれば当然ながらすっぽ抜けてしまう原因になる訳です。

 

 

所がそこに例外も存在します。

 

 

例えばアカシブランドのフニャ〜ン。

 

 

 

 

写真をご覧の通りヘッドが太い形状ですよね?

 

 

もしこのフニャーンが多くのフロッグのフックポイントの位置であるボディー後方であればフックアップ率はかなり悪くなると思いますが、キモはッドの太い部分に近い位置にフックポイントがあると言う事です。

 

 

一番引っ掛かるヘッドにフックポイントがある事によって本来すっぽ抜けてしまいやすい形状でも針掛かりしやすいと言う事ですね。

 

 

そしてヘッドが太い物ほど頭を押さえ込む様にして食って来ますからある意味理にかなっていると言えます。

 

 

ただ必然的に提灯気味に誘えばフックは前方についていますから当たり前ですが不利になります。

 

 

フニャーンに関して言えばそこを理解して動かし方に気をつけたり、他のフロッグと使い分けたりすると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

 

最近フロッグの話をしていなかったので過去と重複する部分も多々ありますが改めてお話しました。

 

 

『カエルの道は一日にして成らず』

 

『カエルの上にも三年』

 

『全ての道はカエルに通ず』

 

 

こんな事を申し上げて来ましたがフロッグゲームはカバーゲームの究極な形ですし、僕達のトップォーターはカバーにタイトに着くビッグバスを狙うカバートップと言う事を考えれば間違いなくリンクして来ます。

 

 

好みは人ぞれぞれですが個人的には食わず嫌いせずやってみる事をおすすめします。

 

 

まぁ能書き垂れてるけど一体お前はどうなんだ?って話ですがそりゃ私めも乗らない時は多々ありますがそれなりにやって来てはいるのである程度は信じて頂いても宜しいのではないかと(笑)

 

 

 

ではではそんな訳で明日か近日中に非中空フロッグの話でも。

 


お盆前、お盆の営業のお知らせです。

 

8月10日〜13日通常営業

8月14日 12:00〜21:00

8月15日 12:00〜19:00

8月16〜19日 臨時店休

 

 

 

 

 

 

 

まずはお知らせから。

 

 

フニャーンヘビーラビットファーチューン。

 

 

現在欠品中ですが本日ボディーが入荷しましたので明後日までにはある程度纏まって完成するかと思います。

 

 

 

 

通販のお客様は完成次第発送致しますので宜しくお願い致します。

 

 

またご来店でご購入のお客様はご面倒をお掛け致しますがお電話で確認を頂けると確実かと思います。

 

 

合わせて宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてすっかり忘れていました。

 

 

今月号のロッド&リール誌で久しぶり原稿を書きました。

 

 

 

 

タックル云々や技術面のような釣りのお話でもないのですが宜しければご覧頂けると幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして本日のお話。

 

 

釣りに行って来ました。

 

 

毎年の事なんですが、基本的に自分はGWあたりとこの真夏だけは地元で釣りをしません。

 

 

春の場合は産卵やその後の回復状況の関係が大きいのですが夏の場合は単純に『暑いから』『水が悪いから』というような理由。

 

 

まだ暑いだけなら朝夕マズメだけにするとか手だてもあるけれど水が悪いのだけはどうにもなりません。その中でも特に苦手なのがアオコ…

 

 

少し緑っぽくなる位ならいいのですが、膜が張ったりアオコ粒子?の粒がデカいのが漂っていたりするともう幻滅です(笑)

 

 

特に最近PEを使う機会も多くなって来ると手はヌルヌルするし、Tシャツは飛沫が飛んで汚れてなかなか落ちないし、船も汚れるしで昔はそんなでもなかったんですけど今は…です(苦笑)

 

 

とは言えこの男の↓希望があった事も有り、少し前に雨も降ったのでちょっとはマシになっているだろうと言う事で行ったのですが…

 

 

自分と同級生と言っても気が付かれやしないんじゃないか?という風貌だけど実はまぁまぁヤングのN宮氏。Tシャツを着過ぎて色がまだらになってるしwwちなみに弟さんは中野でかなり美味しいらしいラーメン屋さんのマスター。

 

 

 

 

 

 

 

釣りとしては問題ないとは思うもののやっぱり水は良くないですね。

 

 

まさに淀む所ではアオコの膜、水が動く所でもアオコの粒子?が大きくてはっきり目視できるレベルの大きさです。

 

 

その為本来やりたかったエリアは諦め少しでも水の良いエリアに絞る事にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても台風前でめちゃくちゃ暑い…

 

 

 

 

夕方遅くには雨が降り出す予報ですがお昼過ぎまでは湿気のおまけ付きの灼熱ドピーカン(笑)

 

 

おまけにこの時期の寝不足ですから熱中症に気をつけて水分と共にコンビ二で買って来た塩分補給の飴をこまめに摂取です。

 

 

コンビニで買った塩分補給の飴。ノリチカさんだったら確実に『そんなんアカン、塩なめや!』と言うだろうな(笑)

 

 

そして昼はしっかりと休憩。

 

 

 

夏はこれが快適。気持ち良く寝られるので短時間でかなりリフレッシュ!

 

 

これが有る無しでは違いますからね。

 

 

ちなみにコンパクトになるコットがあると夏は快適です。

 

 

 

 

マットもかなり快適なのですがコットは地面から少し上がっていて風が通るので更に別次元で快適。

 

 

N宮氏もちょっと横になって感激しその場でググって調べていましたっけ(笑)

 

 

 

 

 

 

皆さんもまだまだ灼熱が続きますから各自工夫して気をつけて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻して。

 

 

肝心な釣りの方はと言うとN宮氏が1バラシ。

 

 

『ヤングマンだからってあまり遊ばせ過ぎると外れちゃうよ』

 

 

なんて言っている傍から見事にバラシ(笑)

 

 

『だから言ったじゃんよ〜』

 

 

ちなみに同船者や動画などでロッドを何回も切り返しているのを見たりしますが、ぶっちゃけあんまりやらない方が良いです。

 

 

というのも僕らのプラグは一般的なスプリットリングを介した物と違いリグに直付け。

 

 

その為フックの自由度は狭まるので場合によっては切り返す事によって自分からフックを外しに行っている様な事になります。

 

 

ライトラインのビッグゲームでライン強度を大きく越える大型魚に対するテクニックで進行方向と逆にロッドを倒す“サイドプレッシャー”というものがありますが、バスの場合は船縁で浮いてヒラを打っている段階で頭を上げてランディングするか手で腹側から救い上げるした方がバラシも少なく速いと思います。とくに良いサイズ程『ポロン…』と外れやすいので。

 

 

そんな絵に描いた様な失態のN宮氏…残念ながらこの後追って来て突っついたようなバイトがあったのみで終了…(涙)

 

 

 

 

 

一方私めはと言うとダッチラボのエルロロのサイトフィッシングで一匹(笑)

 

 

 

 

まずまずのバスが5匹で泳いでいて必殺のサイトフィッシング。

 

 

まぁ僕の場合はタックルやプラグのサイズも決まってますし、基本反応しない奴は何をしてもダメなんですが、それでもキャストコースによって反応しやすくさせる事は出来ます。

 

 

ただしキャストを一発で決めないと反応するバスも反応しなくなる可能性が高いので一番良い位置に行ってから一発キャスト!

 

 

すると先頭のバスはガン無視するも二列目のバスが二匹興味を示します。

 

 

興味を示せばこっちのもの。

 

 

必殺の食わせアクションを仕掛けるとまんまとバックリ食って頂き(笑)

 

 

丸々とした方じゃなくてペコリーノが食って来たのが若干残念ですが良く引いてサイズもまずまずなので贅沢は言えません。

 

 

なんせこのサイトの一匹以外は結構真面目にやってもなーーーーーんにも無しですからね…

 

 

本当はバンク打ちがダメ過ぎるのと二匹反応したと言う事は他にも可能性があるのでサイトでやろうとも思ったのですが、台風が接近にともない強風波立ちで目視不能…

 

 

昼前ドピーカン。バンク打っても埒が明かないのでサイトを続けるか!と言って程なく風がどんどん強まって見えなくなりました…

 

 

本当、これが無かったらと考えるとゾッとします…

 

 

そして上がって荷物を積み込み後は船だけになり『間に合って良かったよね!片付ける時びしょ濡れとか最低だもんなぁ』なんて話していたらまさかの土砂降りずぶ濡れ…

 

 

まぁこんなもんです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で房総は纏まった雨が切実な問題となって来そうですね。

 

 

今年は梅雨に全く雨が降っていないので尚更ですし、今回の台風でも思った程の雨量はなかったですしね。

 

 

まずは兎にも角にも切に雨を望みます。

 

 

来週はお盆休み絡み、その後は旅。

真面目にお仕事をしてその後旅をしたら様子見で行くかもしれないものの夏休みの家族サービスでもします(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お盆前、お盆の営業のお知らせです。

 

8月10日〜13日通常営業

8月14日 12:00〜21:00

8月15日 12:00〜19:00

8月16〜19日 臨時店休

 

 

 

 

 

 

ご無沙汰になってしまいすみません。

 

 

冒頭で告知した通りお盆の営業の日程は本来定休日の月曜、第三火曜が営業となり、その後お休みと少し変則的になりますので宜しくお願い致します。

 

 

毎年お盆明けは暇なものでしてそれに合わせ旅の予定を組んだ次第です。

 

 

本当はもう少し後にしたかったのですが今回の旅は半分単独ではないのでそうも言えない事情ございまして…まぁその辺りは旅から帰ったら軽くご報告したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そしてお盆前に遠征に行かれている方に情報を。

 

 

本日T所君が奥様の帰省に合わせ八郎潟に入ったのですが結構減水しているみたいですね。

 

 

秋になると水位は上がるのですがこの時期の減水はあまり聞いた事がないので少し前の秋田豪雨か関係しているのかもしれませんね。

 

 

真相はどうか分かりませんが話を聞くと前回T所君と一緒に行った時からはかなり水位が下がっているみたいなのでお盆休みを利用してに行かれる方はそれを頭に入れておくと良いかもしれませんね。

 

普段結構浅い所をメインに考えている場合は水がない…なんて事もあるかもしれませんから。

 

水位が下がると岸際ではなく少し離れた駆上がりにバスが着くので普段で言えばそろそろ回収なんて所で出る事が多かったりしますのでご参考までに。

 

 

 

そんな訳でご無沙汰してすみませんといったばかりなのに内容がお知らせばかりになってすみません…

 

 

来週はボチボチと更新するべく頑張ります。