2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





デルタポッパーの抽選に非常に多くのご応募を頂き誠にありがとうございました。

 

抽選は昨日行い、ご当選されました全てのお客様にご連絡をさせて頂きました。

 

 

 

当選された方はどうか末永くご愛用頂ければ幸いです。

 

また落選されたお客様には誠に申し訳ございませんでした。

機会がございましたらまたこのような場を設けたいと思いますので宜しくお願い致します。


お知らせです。

 

来月8月は定休日の他下に記させて頂きます通り臨時店休とさせて頂きます。

 

8月3日、4日 臨時店休

8月9日 臨時店休

 

ご迷惑をお掛け致しますが8月はお休みが多くなります。

夏休みを頂きつつその間に店鋪の工事が入る予定です。

 

当店も10年を過ぎ、所々補修した方が良い所が出て来ました…

また今年春先の漏水の影響もありご来店頂いたお客様はお分かりになるかと思いますがフローリングが反ってしまっているため、コンクリートの床が歪みやすいこの時期を選んで思い切って諸々の工事を行う事としました。

 

誠に申し訳ございませんがご理解とご協力を賜ります様何卒宜しくお願い致します。

 


お知らせです。


GW期間中ではありますが法事のため明日4月30日は閉店時間を少し早め20時の閉店とさせて頂きます。


また明けて5月1日は16時の開店を予定しております。
(GW期間中のため道路状況により多少送れる場合もございますのでその際はご了承頂けると幸いです)



ご迷惑をおかけ致しますがご了承下さいます様何卒宜しくお願い致します。

 


Slowtaper Gripのご案内を本日出させて頂きました。


パートナーズショップ並びに当店Slowtaperでも近日発売となりますので何卒宜しくお願い致します。

 



今日はグリップのお話の最初として価格のお話をさせて頂きます。



お話をさせて頂いておりました通り6年ぶりにSlowtaper Gripの価格が上がる事となりました。


これに関して各パーツそれぞれありますが最も大きい要因はウッドです。


以前から高騰が凄いので覚悟しておいて欲しい旨の話は受けていたので、この仕事を長くやって来た中でのそれなりの枠の想像というか覚悟というかはしていたのですが、それを遥かに超える内容に驚きました。



そして現時点では今回の価格ですが、正直グリップの製作は毎年ではないので次回製作する時にも果たして同じ価格でご提供できるかは僕自身も全く分かりません。


もちろん価格を上げると言うのはお客様にとって決していい要素ではないですから今そう簡単には値上げはしませんし、仮に上がる際には『何故上がるのか?』と言う事を説明する責任があると思いますのでそれは必ずこの場でその理由をご報告致します。


ただそれでもここ最近の状況をみるとあくまで可能性としては絶対にしないとは言い切れないのが現状です。


悲しいかな今言える確かな事と言えば輸入商材だけでなく国内製品の工賃や材料費も全て上がって来ており、同じで推移している物すら非常に少なく、まして下がっている物などないと言う事。


でももっと怖いのはそもそも作ることが出来なくなると言う事。


Slowtaper Grip一つにしても製作する職人の方の高齢化などによる廃業により、実はエンドパーツ、エンドパーツのアルマイト塗装、座金、デルリンパイプ、そして爪のカシメとマウント以外のほぼ全てのパーツの生産工場が最初の頃と変わっていて、その度に全く同じ、もしくはそれ以上の精度のパーツを作れる工場を探すのは困難な作業だったりします。


実は我が国日本で同じ物を同じクオリティーで長く作り続けると言う事は難しくなって来ているのです。



おそらく今後価格が下がるという事は生産国をどこかに移しその物が持つ雰囲気を失ってしまうかどこかの手間や材料の吟味を省く残念な結果以外あり得ないでしょう…



それこそありがちな『これだったらそうじゃなかった時代の方が良かった…』という奴です。



そんな訳で僕はグリップを発売する際、お客様にご相談をされる際にいつも『せかす様で嫌なので私からはある時に御買い求め下さいとしか言えません』とお話ししているのですが、その気持ちは今も変わりません。



しかし弊社製品や様々なトップウォーターブランドの商品に限らず、今迷っている商品があるのであればお早めに決断した方が良い事は間違いありません。



 




 






SlowtaperGrip…


価格やクオリティー諸々、手にとってじっくり吟味して頂き、もしそれでもご購入のご検討を頂けるようであればこの上ない喜びです。


何卒宜しくお願い致します。


少し残念なお知らせです。

フロートチューブフォースフィンですが、大幅に値上がりし新価格は¥43,559となります。
なんと今までの価格から10000円以上の価格高騰です…



その辺り流石に僕も驚いて話をしましたが、フォースフィン社の方で“材料費含めた価格の上昇と元々の価格が安すぎた”、“見直した今でも全世界の中で日本が一番優遇している”と、フォースフィン社と交渉の余地はなく、さらにフロートチューブフォースフィンだけでなく全てのフォースフィンが漏れなく対象との事です。

その為当店も本日急に連絡が来たので流石に戸惑ってはおりますが、取り急ぎ次回入荷する物に関しては価格が考慮された部分もありますので現在ご予約を頂いているお客様に関しては明日入荷次第ご予約順に個別にご連絡をさせて頂きます。




しかしこの場でフォースフィンだけでなく何度も申し上げていますが、それにしても輸入商材の値上がりが凄いです。
近い所で言えばKAVUのチルバだって¥5,800から¥7,000になりますし…(別注カラーは¥8,500)

ただ機能、素材、作り込みなどのクオリティーを考えると決して安くはありませんが、かなり良心的な価格ではありました。
その分新価格は上がり幅が大きいだけにやや高いのかなという感覚になるのもあるのだと思います。

また、一方ではこの10年大きな値上がりをして来なかった事を他の輸入商材の現在の価格の上昇幅と比べるとフォースフィンが際立っている訳ではなく、むしろ上げ幅としては少ない位なのでこれも逆らえない時代の流れなのかなとも思います。

やはりフォースフィンは唯一無二の存在であると思っています。
ダイビングなどでもそうですが他のフィンとは全てにおいて別格のフィンである事とフォースフィンを所有する満足感などをご理解頂けるお客様には同じ様に必ず満足して頂けると思っています。
そして開店して以来長くこの商品を国内で薦めて来た責任もありますし、新価格になってもしっかり在庫はするつもりです。

現状は御知らせした価格ですが、今後の価格は僕も分かりません。
全ての輸入商材同様下がる事はなく、恐らくまた上がる事がいつかはあるのは間違いないのだろうと思いますが、それでも最もSlowtaperらしい商品の一つとして今後も可能な限り在庫はして行く考えは変わりません。
今までの様に在庫することが難しくなるかもしれませんがご理解下さいます様宜しくお願い致します。

また生産数が非常に少ないフィンです。

色々諸々ご理解頂いた上でそれでもご購入を御決め頂けるようであればご予約を承りますので御申し付け下さい。
そしてご不明な点などございましたらお気軽にご連絡下さい。
合わせまして宜しくお願い致します。