2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>





お知らせです。

 

 

先に別記事でお知らせ致しましたが明日は臨時店休とさせて頂きます。

 

 

都内展示会周りと諸々の用事を済ませようと思っています。

 

 

ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

 

 

また法事のため2月11日も臨時店休とさせて頂きます。

 

 

こちらは近くなりましたらまた改めてお知らせ致しますが合わせまして宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし最強寒波は過ぎたとは言え寒いですね。

 

 

最低気温がマイナス、最高気温が一桁続きに何となく慣れて来てしまっているのが恐ろしい。

 

 

まぁ他の寒い地域に比べれば房総なんて暖かい方かもしれないのですがやはり寒いものは寒いです…(苦笑)

 

 

さてそんな極寒の1月も終わりですね。

 

 

本当、オッサンになると一月あっという間です(笑)

 

 

そして2月になるとこちらも。

 

 

2月1日から同船者もライフジャケット着用が義務づけられます。

 

 

34年度からは罰則も開始され自動車免許の様に減点で免停になったりします。

 

 

ただこの場で何度も申し上げていますが自分自身が死ににくくする為、または万が一残念な事になっても発見される時間が早くなり残された家族の負担が減ると言う事もありますからもはやライフジャケット着用は常識中の常識。

 

 

ここに関しては今未着用の人は今まではマナー違反的だったのが今度は法律違反になる訳ので好みに関わらず着用と言う事になりますからとってもいい事なのではないかと思います。

 

 

ただ残念なのが国土交通省が認可した商品、通称桜マークが着いた物のみであると言う事。

 

 

この辺り誰もが思うであろうどうも解せない香りはしますが…にかくこれがないと違反となります。

 

 

つまりマスタングなどの海外のインフレータブルライフジャケットやカヤックなどのPFDなども安全性は高くても桜マークが着いてない以上ダメと言う事になりますね。

 

 

リブベルトが付いたカヤック用のPFDなどはインフレータブルよりも安全性そのものは高いのに桜マークだけで??とは思いますけどね。

 

 

今後減点罰則が施行されるまでに認可されるケースも出て来るかとは思いますが少なくとも現時点で船舶で使用するならこのマークが付いている物を購入の際の条件にする必要はありますね。

 

 

是非ご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてお知らせとライフジャケット義務化のお話からはいりましたが昨日の定休日は用事があって朝一から釣りに行けなかったので猟場探しで山歩きをして来ました。

 

 

実際に始めるのは今秋からですがいまから山歩きや地形などを把握しておけばいざ始める時に役立つと思うので最近は暇さえあれば山の雑木林などを探索するようにしています。

 

 

ここ市原は車で30分も走れば野生動物が生息する山や雑木林になりますが、その中でもなるべく遠くない所で餌のドングリなどが豊富な地域を重点的にチェックする様にしています。

 

 

そんな探索の帰り道。

 

 

店から10分、いや信号に捕まらなければもっと早いんじゃないか?という雑木林まで戻って薪や杉の枯葉などを拾いがてらタラの木でもないかなぁとうろついたのですが湿地帯に差し掛かってビックリ。

 

 

 

 

 

なんと足跡があります。

 

 

もう少し先に行った地域には既に沢山の猪がいますし、実際目撃や車と衝突なんていう話も珍しくないレベルで聞くのですが、流石にこのあたりではそんな話はあまり聞きません。

 

 

でも『もしや…』と思い隣接する竹林に分け入って見ると案の定。

 

 

 

筍+ドングリ=で猪にとっては三ツ星レストランですね

 

 

そこら中こんな感じです。筍に夢中な時期は人間より早く見つけて掘り起こすのでここら辺では筍が採れなくなってしまいました。

 

 

 

 

筍を掘り返した後がそこら中にありびっくり。

 

 

『こんな近くまで来てるんだ!?』

 

 

その後周りの雑木林を2時間程かけて探索すると所々に獣道と足跡が沢山。

 

 

 

獣道。当然ですが近くで見ると足跡が沢山

 

 

 

 

 

しかし残念ながらそこは鳥獣保護区…有害鳥獣駆除の許可を得た者でないと猟は出来ません。

 

 

禁漁区には安心して沢山いると言うのはお魚と同じなんだなぁと思いましたね(苦笑)

 

 

ただ先日茨城県のつくば市で通りかかった人が立て続けに猪に襲われて一人は親指を噛まれて切断なんていうニュースをやっていたばかりなのでこの界隈でそんな事が起きない事を願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそんな思いがけない近所での出没に驚きつつ、歩くのをやめ休憩をすると徐々に冷えが襲って来ます。

 

 

なんせこの気温ですから当たり前なんでけどね。

 

 

そこで先日お話ししたファイヤーボックスで焚き火。

 

 

 

 

拾って来た枝と持って来た薪の合わせ技で火を起こしてなぜか家にあった森永の缶甘酒を持って来たのでお湯で暖めて頂きます。

 

 

 

 

 

 

そしてその間に甘酒だけだと凄く甘いのでファイヤーアントの方で火を起こし杉葉で茶を淹れます。

 

 

 

 

 

 

ちなみにサバイバル系テレビで見ると美味そうに飲んでいますが決して美味いもんじゃありませんからね(笑)

 

 

ちなみに松も同様。多分針葉樹の葉は皆同じ何じゃないかな?

 

 

杉葉茶は花粉症に良いと言う事から一時花粉症が酷い時に不味くてもたまに飲んでみてはいたのですが(効果はなかったと思う…)言ったら香りの付いたお湯ですから(笑)

 

ただ香り自体はしっかり付いてハーブの様な感じになるので安いほうじ茶や紅茶と混ぜるのは嫌いじゃありませんけどね(高いお茶ならそのまま飲んだ方が良いですw)

 

 

しかし今回コーヒー豆も紅茶も忘れると言う失態で仕方なく杉葉100%のお茶に…orz

 

 

まぁそれでも何だか身も心も暖まって落ち着きますね。

 

 

かなり近くでいい雑木林も見つけたし今度は仕事前に朝ご飯を食べたりキャンプでもしてみようかなぁなどと思いました。

 

 

海もいいけど雑木林や森もいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


はい。

 

 

遂に、このカラーが登場。

 

 

本当はスポーツザウルスで出るはずだったカラーなんですが、もう何年前になるでしょうか?一度だけ別注色でリリースしました。

 

 

そして今回その思い入れもあるレッドヘッドをグリッターで復活。

 

 

ロンバス&アシッド別注色029GNRHが入荷。両タイプ¥9,180

 

 

完売致しました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アブディールの中だけでなく全てのハンドメイドトップウォータープラグの中でも不朽の名作と言えるロンバスとアシッドです。

 

 

 

ロンバスはそれまでターン最重視だったダブルスウィッシャーの流れのなかでリリースされたジャーク重視のダブルスウィッシャー。

 

しかしジャーク重視の設計とは言いいつつも決してそれだけに特化した不器用なプラグではなくただ巻き、ターンなども高いレベルでこなすのが普通のダブルスウィシャーじゃない所です。

 

 

ここ数年徐々にダブルスウィッシャーを使う機会が少なくなっていて、かなりお気に入りの物に絞っていますがだからこそ確実にボックスの中に入れるのは絶対の信頼がある物になってきます。

 

 

ロンバスはそんな僕のボックスの中に必ず入っているプラグです。

 

 

そしてお持ちの方も多いかと思いますがまだお持ちでない方は是非通常のジャークの後やターンの後に超弱々しいジャークをいれてみて欲しい!

 

 

プロペラがチョロっと回った時のフラッシングがもの凄く効きますよ(笑)

 

 

 

 

 

 

アシッドに関してももはや説明は不要ですね。

 

 

僕も引退させた物も含めて10個以上もっています。

 

 

別注色、レギュラーカラー、そしてトリプル仕様、ダブルフック仕様…

 

 

ご存知かとは思いますがそれ位溺愛しています(笑)

 

 

僕もダーターが好きなので様々な物を使ってみましたが過去市場に登場したハンドメイドプラグのダーターの歴史の中でもトップランクに君臨する普及の名作だと確信しています。

 

 

『ダーターでおすすめは?』と聞かれれば真っ先に思い浮かぶプラグの一つですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳でアブディールさんの不朽の名作ロンバスとアシッドの別注色。

 

 

木曜か金曜からご注文を頂いたお客様に順次発送を予定しておりますが4日土曜までセットでご購入希望の方を優先させて下さい。

 

 

今回かなり面倒で手間が掛かるこのカラーを堀田君が快く引き受けて下さいました。

 

 

ただただ格好いいというその一言しか出ないです。

 

 

ランカーにこんなプラグがぶら下がっていたら素敵だと思いませんか?

 

 

 

是非!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:


お知らせです。

 

 

明日1月31日、来月2月11日は臨時店休とさせて頂きます。

 

 

ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが何卒宜しくお願い致します。


はい。

 

 

シアトルスポーツのパックシンクが入荷。¥4,104

 

 

 

 

 

 

当店定番商品ですが入荷の度に好評な商品ですね。価格も手頃です。

 

 

しかしこれを考えた人偉い(笑)

 

 

勿論自分も愛用していますがバス、ソルト、それ用なので当たり前ですがキャンプなどにも本当に重宝します。

 

 

見えないですが両サイドに取っ手がついています

 

 

 

折畳んで薄くコンパクトになり、濯いだ食器を簡単水切り、そのまま運べる…

 

 

 

水切りがし易いのでプラグを洗う時も同様。

 

 

 

タイダルウォーターはもちろん塩止めの堰などがあっても房総の様に天然ガスが湧き出る河川はかん水の影響で塩分濃度が高くなりやすいので必ず洗うのですがパックシンクに水を張ってプラグをジャブジャブして濯いでを2、3回繰り返してそのまま水切りをしてラックにかけるか新聞紙の上に広げて乾燥するだけ。

 

 

 

その他にも濡れ物を受けるボックス的にも使えますよ。

 

 

 

そんな訳でパックシンク、超おすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:


はい。

 

 

本日『どこにあったんですか?』言われる位地味だった趣味の在庫的商品のメタルマッチ。

 

 

そんなに売れるものではないのでいつも3つしか在庫していませんがちゃんと在庫してます(笑)

 

 

 

A&Fメタルマッチ ¥1296

 

 

 

まぁ言ったらライターでパチンとやれば火はつくんですけどね(笑)

 

 

でもこいつにはある意味最強のメリットがあります。

 

 

それは『壊れない』(笑)

 

 

棒をストライカー(金属の板みたいなもの)で擦るだけですから壊れようがありません。

 

 

気温が低くても点火し易いですしガス切れはもちろん石が濡れて点火しないなんて言う事もありません。

 

 

ガスだろうとガソリンだろうと楽勝で火がつきます。

 

 

そう、シンプルすぎる故の最強(笑)

 

 

そんな面倒な事してらんないじゃん。ライターの方が楽でしょ』と言われると身も蓋もありませんが、実際やってみると擦るだけなので全く面倒じゃありません。

 

 

もちろんサバイバルキットなんかにも入っているくらいですからいざと言う時の為に持つにも最適。

 

 

ちなみに自分の場合ストーブの点火はほぼこれ。

 

 

当たり前ですがストライカー(もしくはストライカー代わりのもの)を失くすと火はつきませんので自分の様にそそっかしい人は画像の様に紐を付けて尚かつ紐を付けたまま擦れるよるにすると良いと思います(ナイフの背やエッッジがギザギザした鉄の板でも問題なく点火で来ます)

 

 

 

 

 

 

して購入時は棒は黒っぽいのですがこれは表面のコートみたいなものなので使う前に擦り落とすと良いと思います。

 

 

 

 

こんな感じでコーティングが取れればバチバチにスパークします(笑)

 

 

 

それくらいですかね?

 

 

ぶっちゃけそんなに多くを語るような物ではないです(笑)

 

 

僕自身数種類試しましたしネットを見ればそれこそその手の趣味の方の話も出ているかとは思いますが、ストライカーの使い易さが多少あるもののぶっちゃけ機能的には大きくは変わらない気がします(笑)

 

 

まぁそこを多少と捉えるか凄くと捉えるかですかね(笑)

 

 

そんな事もあり安いのでこれ。

 

 

無くしても泣かなくていい価格(笑)

 

 

ウッドや拾って来た鹿の角なんかでグリップを俺仕様にして雰囲気を出すのもありです。

 

 

通販のついでにでもいかがでしょうか。


大雪の混乱がおさまってきたかと思いきや寒いですね。

 

 

なんでも記録的な寒波の到来で東京ではなんと33年振りの冬の低温注意報だそうです。

 

 

こうなると房総でもリザーバーの多い山の方はマイナス7位は確実、下手すりゃそれ以上の冷え込みになるでしょうね。

 

 

後2、3回の強い寒波を我慢すれば梅が咲いたりして徐々に春っぽさが出て来ると言った所でしょうか。

 

 

皆さん暖かい格好をして体調を崩さぬ様に気をつけて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし昔話ですがこんな寒波の話になるとトップボカンのマッキーやノビーが冬のトップゲームを始めて一緒に行き始めた頃を思い出します。

 

もう15年位前ですかね?それこそ毎週房総リザーバーに通っていましたが車の気温計はいつもマイナス5℃位はあったものです。

 

 

あたりは月明かりに照らされるとまるで雪が降ったかのように霜で真っ白で、徐々に明るくなって来る中準備でジョンボートを掴むとくっ付いてしまうんじゃないか?という位。ハードな上げ下ろしを終える頃には体から上がる蒸気が寒さで凍り付く程でした。

 

 

現在釣りが出来る房総リザバーは全てレンタルフィールドになってしまったため、もうあの日の様な体験は出来なくなってしまいましたが冬になると必ずあの頃を思い出します。

 

 

寒くなればなる程熱くなる、まさにそんな感じでしたね。

 

 

そしてそんな時代よりも前から活躍してくれていたソレル カリブー。

 

 

正に冬の相棒だった初代現役引退から6年ですがもうゴムにヒビが…(涙)

 

 

 

 

 

二十数年前に買って以来山道獣道を上げ下ろしして今よりもよっぽど雑にヘビーに使っていた初代が全くそんな事にならなかったのに初代よりも遥かに優しく使っている二代目の方がこうなるなんて…

 

 

 

 

 

 

今の所それ以外は問題がなくヒビが入っているのに浸水はないので補修して使う予定ですがちょっと切ないです。

 

 

生産国変更あるあるなんですかね?

 

 

大きい企業では良くある事だし僕自身は仕方のない部分だとも思うけど売価自体はあまり変わっていないので肝心な実用耐久性能は落とさないで欲しかったなぁと思います…

 

 

思い入れもあり大好きなカリブーだけにこの生産ロットだけのたまたまである事を願います。

 

 

頑張れソレル!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな軽く愚痴った後は新たに購入したアイテムの話でも(笑)

 

 

こんなのを買いました。ファイヤーボックス。

 

 

 

 

 

 

 

この手の物はエンバーリットのファイヤーアントを持っているのですが実際に使うとちょっと小さいかなというのもあってメインとして使うにはやっぱりもっと大きなサイズが欲しくなった訳です。

 

 

そしてこの焚き火系のアイテムって実に面白いです。

 

 

現時点では何でも作っちゃう超本気ブッシュクラフトまでやるつもりはないんですが、単純にストーブで簡単に得られる火をわざわざ面倒なメタルマッチや火打石で火をつけて焚き火を起こして火を得るという作業自体が面白い。

 

 

杉葉やススキ、松葉や松ぼっくりなどその辺に落ちているので着火して枝に点火その火がしっかりとした火になって行くのが楽しいですね。

 

 

改めて火を起こす楽しさや奥の深さを味わっています(笑)

 

 

ちなみにあんまり売れないけどメタルマッチは在庫しているのですがここ2年位ライターを持たなくなった位便利なんです。

 

 

何せシンプル過ぎてライターの様に火がつかないなんて事はありませんしね。それに火花が散って着火するとライターより嬉しいですよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻してファイヤーボックス。

 

 

今や定番的地位にあるのは知っていたので定番になる位だからきっと悪くないだろうとあまり下調べせず購入(笑)

 

 

しかし購入して実際に手にして見るとなるほど定番と呼ばれるにふさわしくサイズはもちろん組み立て不要な所や形状が非常に良く出来ています。

 

 

 

 

 

 

 

二本の棒をこんな感じにすると五徳代わりになります。

 

 

 

何と言っても丈夫そう。

 

 

ステンで多少重いけど下手すればダッヂオーブンとかいけるんじゃないか??という位安心感はあります。乗せないけど…(笑)

 

 

しかもファイヤーアントはパーツを合わせて組み立てるのですがこれが不要。(まぁファイヤーアントも言ったら超簡単ですけど)

 

 

 

燃焼の良さはこの手の物は自分に言わせれば何でも『凄い…』の一言なのですが、このファイヤーボックスも正にそんな感じ。

 

 

 

 

 

 

今の自分にとってサイズ、耐久性(使い始めたばかりだからあくまで想像)、そしてパーツを合体させる組み立てがいらずの構造と言う事がかなり理想的で気に入りました。

 

 

 

うーんゴメン…気に入ってはいるけどファイヤーアントの出番はかなり減りそう。

 

 

 

しかしこの手のネイチャーストーブ系に興味をお持ちの方に予め申し上げると燃焼効率の良さゆえに結構な枝か薪を用意しなければいけません

 

 

最初は『えぇ!?こんなに火の勢い凄いの??』と驚く?感動?すると思います

 

 

それゆえに夜寝るまで焚き火をしようなんて思ったらそれこそかなりの量が必要です(笑)

 

 

枝をポイポイなんてそんな事じゃあっという間に『木が足りねぇぇ!!』って事になるのは間違い無し(笑)

 

 

焚き火なら太い薪や手頃な丸太で熾をつくったりして長時間燃やす事も出来るのですがこれはサイズ的にそれも出来ないですからね。(代わりに完全に燃焼し切って完全な灰になるので片付けは超楽チン)

 

 

その為長い間燃やすなら鋸と鉈か頑丈なナイフで太い枝や薪を割ってミニチュア版の薪を沢山作って置いた方がいいです。

 

 

もちろんその場でも調達するんですが房総に簡単に手に入る杉なんかは着きは良いけど燃えるのも早いので最小装備で山奥に入って行くのじゃなければあらかじめ薪を少し持って行くなんて言うのもいいかもしれません。

 

 

まぁ興味ある方も少ないとは思いますが…(笑)

 

 

そんな訳で購入してからこれでお米を炊いて昼飯にしていますが心無しかストーブで炊くより美味い気がします(あくまで気のせいw)

 

 

ビバ俺!!完璧な炊け具合! スーパーの総菜屋や漬け物、お味噌汁で日替わりSlowtaper定食やってます(笑)

 

 

 

これから猟場探しで一人で山に行ったりした時のメインアイテムになりそうです(笑)

 

 

 


はい。

 

 

長らく欠品していましたが再入荷。

 

 

当店定番ロッジスクラブブラシ。¥1,620

 

 

 

 

本来はダッヂオーブンを洗う為のブラシですがこれが釣りの為に作ってるんじゃないか?と言う位活躍します。

 

 

ブーツの靴底の泥落としは勿論、脚立の泥や砂をおとしたりボートを洗うのに使ったりと大活躍。

 

 

何と言っても柄の長さと太さ、そしてブラシの硬さが絶妙。

 

 

 

 

 

 

買って後悔のない逸品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

 

 

 

 


昨日は予報通り南岸低気圧の通過による大雪。

 

 

関東は交通機能が完全に麻痺しましたね。

 

 

高速はもちろん一般道路まで通行止めになる所が出て来て電車は大混雑、駅に入場規制がかかるなんて初めて聞いた気がします。

 

 

昨日ご通勤された皆様、本当にお疲れ様でした。

 

 

そしてここ市原では4年前の大雪程ではないものの積雪がありこんな感じ。

 

 

 

 

今朝の雪掻きのおかげで只今腰と膝が重い感じです。

 

 

本当の話たった1日、3時間程度の雪掻きでこれですから雪深い地方のご高齢の方々の除雪作業の苦労がいかに大変か想像すら出来ませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中冬のトップウォーターゲームとか何とか言ってこんな日に暖房の効いた部屋で『寒いよねぇ〜』なんてようじゃ能書きの一つも言えないだろ…と言う訳で休みという事も有り“お約束”で行って来ました。

 

 

スタート当初は小雨パラパラ程度でしたが昼前位から『みぞれかな?』位。

 

 

そしてお昼過ぎ位から『雪か?』になり14時位になると『結構降って来てるなぁ…』と言う経過具合ですかね。

 

 

ボケボケですがこんな感じから最後はさらに激しく…

 

 

この条件は何度も経験しているのですが雨から雪へ変わる際に『そろそろ変わるな』というのが気温や空気感ではっきり分かるのですが今回はその中でも一気に来た感があります。

 

 

そして今回もそんな感じで雪に変わり雪降る中の釣行になった訳ですが結果は15時半位までやってダーターSで1モワンで終了(涙)

 

ランディングまでってこんな遠かったけ??

 

 

なかなかサイズが出て来たのははっきり分かったのですがプラグに触っては居ません(ゆえに1モワン)

 

 

興奮のスイッチが入り切らず寸止めでUターンして渦っぽく見える様な感じですね。

 

 

これが興奮していて見切られているようであればもっとはっきりして完全なバイトと見間違える位になりますから状況かプラグなのかいずれにせよ興奮させきれなかったんでしょうね。

 

 

貸し切りのダムで一人『ぉおわぁぁーー!!!』と絶叫しました。

 

 

ちなみに今回の反応も前回と同じだけど特にこのプラグで釣りたいからと拘った訳でも何でもなく雪が降り始めて見にくくなって来たからたまたま見やすいこれにした感じ(笑)

 

 

一匹釣れてくれないかなぁ…とサーフェスマーマーやらテスト中のフラットサイドプラグ、そしてヒップフラップまで登場させた位実は超本気でした。

 

 

それでも集中してプラグやスプールの回転音しか聞こえないあの何とも言えない感じとか吹雪いて来て眼のピントが雪に行きキャストしづらいとかこう言う時にしか味わえないのでやっぱり行って良かったなぁと思いましたね。

 

 

正直10年程前に比べれば釣り終わった後の疲労感などは少し増している様な気がするものの、挑戦と言えば大袈裟ですがそんな経験をまだ出来ているのは幸せなのかなぁと思ったりします。

 

 

まぁあまり理解はされないと思いますけど(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて昨日の様な日の釣り。

 

 

当然の様にどなたにもおすすめするかと言えば当然おすすめはしません(ここ断言。笑)

 

 

僕の場合こんな日に行くのは高速を使わないで行ける事、多少判断を誤っても車がの走破性能がそこそこあると言う事、そして房総各地の天気や状況を痛い目も見つつそれなりに経験してある程度把握しているからに他なりません。

 

 

今回の様な南岸低気圧は一気に降って来るのでタイミングを間違えると高速は通行止め、一般道は大渋滞という感じになって帰れなくなりますからね。これが他地域なら予定していても中止します。

 

 

あまり危険危険と言ったら外の遊びは何も出来なくなりますしその辺のさじ加減は難しいですが、やっぱり経験とともに個々の状況判断能力、そして装備が大事です。そしていずれの前に『慎重すぎる程の』という言葉がつけば更に良いと言った所でしょう。

 

 

今後積雪があった房総のダムなどはこれから大規模な崩落が起きる可能性がかなり高まります。

 

 

崩落し易い地形は見ればある程度分かるかと思いますのであまり近寄らない、プラグなどを引っ掛けて回収しに行く時は気をつけて素早く行うなどして下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして帰り道。

 

 

今回は想像より降りが激しくなったので少し早めに切り上げたのですがそれでもご覧の様に帰りの道路は真っ白。

 

 

 

 

 

 

加えて竹に雪が積もり重みで道路側にしなって来るのでそれを避けながら走る前の車が避ける度にテールが滑り半ドリフト状態(苦笑)

 

 

そして山を下りて来ても今度は車が増えるのでこっちは普通に走れても追突されたり突っ込んでくるんじゃないかと逆に麓の方が気が抜けません(事実対向車が前の車にぶつかりそうになってました…)

 

 

挙げ句の果てには近所の陸橋を越えるのに前の軽トラがウィンカーを出し『上れなくないんじゃないかな…』と思っていたら案の定上れず、しかも少し下がって来た時には真剣に焦りました。

 

 

仕方ないのですがやっぱり雪に慣れていない首都圏はこうなると弱いですね。

 

 

雪が降ると子供心じゃないですが多少ワクワクするもののもう今年は勘弁願いたい物です。

 

 

明日明後日から強烈な寒波がやって来る様ですから釣りに行く際は路面凍結などにはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

 


はい。

 

 

六度九分さんから『バズボン』の新色が登場。¥5400

 

 

 

 

 

 

今回はフックもカルティバからがまかつのSPMHに変更していますね。

 

 

 

既にお使いになった方はお分かりかと思いますが遠投性能抜群でスローからハイテクリールでの超高速リトリーブまで対応するフロントバズプラグです。

 

 

とかくバズがフロントについているとただ巻きを考えるかと思いますが実はターンでのスプラッシュ重視。

 

 

もちろんバズの性能も凄いんですけど、なんとポッパーの対抗馬として開発したと言うから驚きです。

 

 

確かにターンの際にオリジナルバズペラが作り出すスプラッシュは『なる程!』と思わずには居られません。

 

 

何と言いましょうか投げ心地、釣り心地含めとにかく完璧なのは間違いありません。

 

 

これ、本当に使ってみて欲しいです。

 

 

 

gold rush

 

 

Cgill

 

 

Hi-red

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

◯カラー:希望順がございましたらお書き下さい。


最初に昨日のお話の追加。

 

 

別に冬に限った事ではないのですがおまじないの意味も込めて冬はまめにコンパウンドでブレードやペラを磨きます。

 

 

個人的にはプロップなどもシルバーやゴールドならばフラッシングによるリアクション効果を考えればそりゃあ光らないよりは光った方がいいだろうという考えです(笑)

 

 

細かく言えば多分もっと粒子が細かくていいコンパウンドがあると思いますがパーツ磨きや小物を磨く程度では何一向になくならない信頼のピカール。

 

 

 

 

 

まぁ十分ピカピカになりますからね。

 

 

そんな訳で暇な時にでもちょっとパーツを磨いてみるなんて言うのも良いのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて話は変わって来週は雪予報。

 

 

低気圧の動きによっては良く言われる南岸低気圧というやつです。

 

 

この時期の大雪や冷たい大雨はほぼこれ絡み…

 

 

今の予報だと若干雨の可能性が高いですが低気圧の動きによっては雪に変わりますから通勤の方もお休みの方も雪に対する備えはしておいた方がいいでしょうね。

 

 

釣りも曇天なのは良いのですがこの状況で仮に土砂降りになると一発の可能性はあるものの結構なギャンブルを覚悟しなきゃいけません。

 

 

僕自身当然この状況下で何度も釣りをしていますが釣れれば良いサイズとは言え外す事も多く身体的に言えば防寒防水を完璧にしたとしても相当しんどいです(苦笑)

 

まぁ釣れなくともやり切った感は半端なくて嫌いないんですけどね(笑)

 

 

ただ当日だけなら“もしや?”がありますし良いのですが、まとまった雨が降れば翌日以降濁りがなかなか取れなかったり雪になって積雪ともなると雪解け水で水温は下がりますしそれだけならまだしも崩落などで状況や地形が一変してしまう可能性もあります

 

 

房総に行かれるアングラーの皆さんは何年か前の大雪の後の崩落でダムの状況が一変してしまったのを覚えていらっしゃるかと思います。

 

 

そんな事も有り普段の曇天と違って喜んでも居られないんですよね…

 

 

とにもかくにも“程々に”をお願いしたいものですね。

 

 

そしてまだまだ本格的な寒さが続きますから体調を崩さぬ様お過ごし下さい。

 

 

それでは皆様今日は短めに。

 

 

良い週末を!!