2020/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>





台風9号が九州に接近…

 

 

勢力も強いですし明日には九州に最接近する予報なので九州にお住いの方は厳重な警戒をしてくださいね。

 

 

そしてすでに10号になろうかと言う熱帯低気圧…太平洋岸はこちらの動向がかなり心配です。

 

 

 

今年は海水温が非常に高いので大きな台風災害になる可能性もありますし今後しばらくは天気予報と台風の進路予想から目が離せませんね。

 

 

現在の所台風になり九州から四国の間を通過する予測ですが、930hpで上陸する可能性もあるという事なのでこれがこのまま行けば昨年の台風を考えるとちょっと想像がつかないレベル。(昨年千葉に上陸した15号で960h

 

 

 

 

房総は昨年瞬間最大風速57mという猛烈な風を記録しましたがそんな風になって来ると本当にもう少しで窓が割れるんじゃないかと言う恐怖を覚えますし、実際に割れてしまい風が部屋を抜けて天井を飛ばしたなんて言う被害もあります。

 

 

そんな台風で前後の周りの状況の経験もしたと言うのもあり、先日のお話でも触れましたが防災用品や養生用品など早めに準備しておくことをお勧めします。

 

 

またボートやカヌーをお持ちの方は猛烈な風にも耐えられる何かに強度があるロープでしっかりと固定するかひっくり返して水を一杯に貯めるかなども必要です。

 

 

もちろん一番はそんな物が必要がなく肩透かしをくらうくらいで通り過ぎることを期待しますけど2018年に21号で関西、2019年15、19号で関東から東北と毎年のように太平洋岸のどこかで大きな災害になっていますから台風シーズンが終わるまでは気が抜けません。

 

そしてやはり備えあれば憂いなし。です。

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな秋の台風シーズンに突入ですが釣りもシーズンに突入しつつあります。

 

 

そう、秋は梅雨とならんでベストシーズンの一つ。

 

 

そんな秋の荒食い…もはや都市伝説と呼ばれていますが、本日は果たしてそれはあるんでしょうか?というお話(笑)

 

 

まず…身も蓋もなくいきなり僕自身の話を申し上げるとこの10年位本当の荒食いというのは経験していません(苦笑)

 

 

自分の中では自分自身が思う大人になったサイズであろう40僂魄譴弔隆霆爐砲靴討い董△靴も荒食いと言う位ですから感覚で言うとつ抜けに近い感じかなと思っているのですが、ある程度受け皿が大きいフィールドでこれを達成するとなるともはや都市伝説に近いのかもなぁなんて思っています(苦笑)

 

 

正直この荒食い都市伝説、荒食いレベル?荒食い認定基準?をどうするかによって大きく左右されるかと思うのですが、少なくとも複数キャッチの可能性が高まるのは都市伝説でもなく確かな事実かと思います。

 

 

春の場合もバスは繁殖行動を強く意識した行動をとるので本来は複数キャッチが狙える大きなチャンスである時期なのですが、逆に言えば分かりやすいが故に皆が同じエリアを責めるのでアングラーが多いとなかなか思う様には行きません。

 

 

一方秋は春の様な分かりやすさはないのですが、その代わり活性の高いバスが広範囲に散らばるので拾い釣りをできるチャンスがある様な気がします。

 

 

その為自分は春はエリアは絞れるのでじっくりと誘う釣りをする事が多いのですが、秋は意識して速めに探り様々なエリアを広範囲に探ることによって1匹づつ拾い釣りをして増やしていくという感覚の釣りをします。

 

 

いつもピンポイントでネチリの釣りをしているという方も秋は少しだけペースを上げていく事をお勧めします。

 

 

そして秋のスタートの目安。

 

 

関東で言うと朝晩は少しづつ涼しくなりますがまだまだ水温は高く、まとまった雨も降っていないのでまだスタートはしていない感じですかね。

 

 

これが今週あたりそうですが台風が絡んで来てフィールドがある流域全体で大雨が降った場合は状況は大きく変わりだします。

 

 

また河川の場合は稲作のために堰によって水を貯めていたのを堰を開いて秋冬水位にしますから水位が浅くなったりそれによって流れが生まれることによってバスも秋を感じ一気に状況が変わる事でしょう。

 

 

そして秋開幕直後から中盤まではヤングマンの反応が多く何匹か釣る中でグッドサイズを交じらせる事ができるかどうかとなり、中盤も過ぎ11月あたりになるとヤングマンの反応は少なくなって来るもののその代わりコンディションの良いグッドサイズが混じる確率が上がって来ると行ったところでしょうか。

 

 

もちろん自然相手なので絶対はないですしその年の気候や台風などの影響によりその年による多少の違いはあるかとは思いますがこんな感じかなと思います。

 

 

 

秋の荒食い…

 

 

入れ食い大漁!とまでは行かなかったとしても少なくともベイトを追って活性の高い魚が広範囲に散るので良い時期なのは間違いありません。

 

 

そして春は卵がお腹に入ってのぶりぶりのコンディションですが、秋のぶりぶりコンディションは餌をたくさん食べてのぶりぶりですから引きも格別です。

 

 

昨年の秋の一枚。健全なバスが秋になりサイズの上がったベイトをさらに食うとこうなりますと言ういい見本の体型です(笑

 

 

 

荒食いとまで呼べなかったとしても2、3匹ならこのご時世でもまだまだ実現可能だと思いますし、3匹もグッドサイズが釣れたのならしばらくは余韻に浸れる思い出になると思いますので是非時間を作ってフィールドに足を運んでみてください。

 

 


スポンサーサイト

  • 21:09
  • -
  • スポンサードリンク