2020/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





まずお知らせから。

 

 

来週6月17日水曜日は臨時店休とさせていただきます。

 

 

ご迷惑をおかけいたしますがお間違えのないよう宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

さて関東地方も梅雨入りですね。

 

 

ここから梅雨明けの灼熱地獄の日々までの1ヶ月と少しが本当のベストシーズンと言えるのではないでしょうか。

 

 

5月下旬から6月中旬までは北東風の雨天曇天などは梅雨寒といった日がありますがそれも6月後半になってくると一気に蒸しっとして同じ天気でも蒸し暑さを感じるようになりますよね。

 

 

バスの方も産卵から体力回復がかなり進んでバイトやファイトもかなり良くなり、産卵の時間差が特に大きいフィールドを除き釣れるバスのコンディションも殆どがベストに戻って来ているのもこの頃と言えるでしょう。

 

 

ただそうなってくると多くのバスが元気になるのでサイズを選ぶのが難しくなってきます。

 

 

今週のお休みもバスに行ってきたのですが測ってはいないのですがおそらく40〜42センチあたりのバスの反応がすこぶる良くて集中力がきれない程度に数は釣れてくれるのですが、逆に少し前に釣れていたグッドサイズは食い損ねはあったもののついに混じらず。

 

 

 

 

 

 

なんとなくですがエリアとそのエリアに入るタイミングだったりプラグタイプの選択であったりがかなり重要だったりするのかもしれませんね…

 

 

とは言え贅沢な悩みであってやはり反応も多く釣れてくれるのは素晴らしい事です。

 

 

今後はテスト遠征などもどんどん入ってきますが地元も疎かにせずしっかりバスフィッシングをしていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらもベストシーズン。

 

 

クロダイとタコ(笑)

 

 

 

今年はホームフィールドのイガイの着きがかなり悪くクロダイが寄らないので大漁というのは見込めませんがそれでもグッドサイズが朝の一時だけで一枚二枚と釣れてくれるからありがたいものです。

 

 

その魚を一番楽しく釣り方で釣る…バスがトップウォーターゲームであるようにクロダイはヘチ釣りかFFが一番楽しいのではないかと思ったりします

 

 

加えてタコエギで狙うタコ。

 

 

昨年あたりから付き場の把握と攻略法がある程度理解できてきて、そうなるとタコではありますが数も伸びますししてやったり感があって結構楽しいです。

 

 

もちろんその後の楽しみが一番ですけど(笑)

 

 

これが…

 

これに(笑)釣ったタコを茹でて食べるともう売っているのは美味しく食べられません…

 

 

バスとは全く違う餌釣り。

 

 

しかし釣は全く違うようでどこか繋がっているものですし、バスだけでは視野の狭いアングラーになってしまいがち。

 

 

バスのトップウォーターは最高!と言っても他を知らなければ本当の意味で最高なんてわからないですしね。

 

多くの偉大な大先輩プラッガーがそうであったように僕自身様々な釣りをする事でバスフィッシングの本当の意味での素晴らしさを理解できているんだと思います。

 

皆さんもどんな釣りでも良いと思うのでバス以外に視野を広げてみることをお勧めします。

 

 

バスはもちろん色々な釣りができるのがこれからの時期です。

 

自粛期間に行けなかった分を取り返すべくフィールドに出かけてみましょう。

 

それでは皆様良い休日を。

 


スポンサーサイト

  • 21:50
  • -
  • スポンサードリンク