2020/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





営業のお知らせです。

 

 

本日でゴールデンウィークも終了し明日からはまた19時までの営業となります。

 

 

状況次第で通常営業に戻す場合はまた改めて告知致しますので宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークも終わりですね。

 

 

今年は僕も含め皆さん経験した事がないゴールデンウィークだったと思いますがいかがお過ごしだったでしょうか?

 

 

千葉はと言うと昨日も一昨日?その前?も緊急地震アラームがなる地震(苦笑)

 

 

震度3、昨日は震度4と地震が多い地域に住んできた者にはさして揺れが大きいとは感じませんでしたが『えぇ??また?』となりましたね。

 

 

店内で割れたり倒れたりしたものもなくなんともなかったですが震源地は千葉市。

 

 

こちらも『えぇ?千葉市なの??』と言う感じですが連続のアラームに何か大きな地震が来る前兆なのかと少しだけ思ってしまいます。

 

 

あのけたたましくアラームが鳴った後に来る揺れ…揺れの大きさよりそっちの方がドキドキしますけどね(苦笑)

 

 

そんな中、千葉県は東京都に近いせいもあって残念ながらまだ特別警戒地域ですが、県によっては既に普通に戻していくことを決定している所も多いようですね。

 

 

特に自粛要請が解かれた地域にお住いの方は是非釣りにアウトドアに出かけていただきたいと思います。

 

 

我が千葉県も1日も早く釣りに気兼ねなく行ける日々が戻って来るのが待ち遠しいですね。

 

 

そして楽しみは多い方がいいと言う事もありますし、希望も込めて毎年恒例の甲州旅行の予約をしました。

 

 

子供が大きくなって来て夫婦で旅行ができるようになって来て、でもそうは言っても心配だからやっぱり帰り旅行だね…なんて言っていた時、ふとした事で結婚前に行ったことがあった甲州勝沼のワイナリーを巡ってワインを買って家で楽しもうよ!となってから毎年訪れるようになった甲州。

 

 

そして毎年僕はその日ばかりは専属ドライバー(笑)で妻は試飲担当という形だったのですが昨年は二人で飲めるようにしようよとのありがたきお言葉で初の一泊。

 

 

いつもは時間に少しだけ追われるけれどのんびりできるしお互いに飲めるから遠慮なく楽しめるし、ちょっと足を伸ばして電車でサントリーの白州蒸溜所なんかにも行ったりして…それが楽しかったから今年もそうすることにしました。

 

 

もちろん先方もこちらも状況次第でキャンセルとなる可能性を理解した上でなのですが必ず行けると信じていますし楽しみが一つ増えました。

 

 

そんな事もあって昨晩は昨年買って来た甲州ワインをあけました。

 

 

 

 

僕はワインはそれほど詳しくないのですが甲州にも本当に美味しいワインを作るワイナリーがたくさんあります。その内の一つイケダワイナリーは必ず訪れるお気に入りの一つ。

 

 

ここのグランキュヴェ甲州と甲州エクセレントは本当に美味しくて毎年帰りの車中で『いつ飲もうか?』なんて話すほど気に入っています。

 

 

ご興味のある方は是非お試しください。国産ワインも美味しいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして話は変わってネタ募集をしたところいくつか要望を頂きました!

 

 

そのいくつか中で多いのが釣りに行けない状況を反映しているのかメンテナンスについて…そこで本日はメンテナンスのお話をしようかと思います。

 

 

中でも今日は最も日常的で初歩であるリールのオイル差し。

 

 

まず僕自身のメンテナンスですが使う頻度にもよりますが半年から一年で全分解清掃をします。

 

 

そして分解清掃をしても調子が悪いものやフレームチェックが必要と疑われるものは専属リールメカニック(笑)でもあるグーバーのシゲさんに出して調整してもらうと言った感じです。

 

 

そんなメンテナンスの中で最も日常的なものは大掛かりな分解がなくできるベアリングやレベルワインド周りかと思います。

 

 

そこで自分の場合は使っているリールがアンバサダーなのでアンバサダーのオイルをさすところのお話をします。

 

 

まず最も頻繁にオイルを刺すのは自分の場合レベルワインドのクロスギアの両サイドの付け根です。

 

 

オイルをさしすぎるとパーミングした手に油がついちゃいます。ほどほどに。

 

 

意外とベアリングばかりに注意が行きがちですがここがオイル切れするとかなり気持ち良くなくなって来るので差しすぎない程度に刺すようにします。

 

 

ちなみにここにベアリングが入っているパーツがありますが汚れがない場合はベアリングが入っている分よく回るのですがマッディーレイクなどで釣りをすると油汚れなどですぐ汚れて回転が悪くなって来るので逆に無い方が変化が少なくメンテナンスはしやすいと思います。

 

 

次にベアリング。

 

 

写真は5500C、2500C、5600CAとベアリングの箇所を撮影しましたがこのベアリングを外し洗浄した後新しいオイルをさします。

 

 

5500Cです。二つのボールベアリングに注油します。猫の毛やら埃がついていてすみません…(苦笑)

 

 

2500C(1500Cも同様) ベアリングを外す時にピンをなくさないように注意して下さい。

 

 

ちなみに僕は2回分くらいは洗浄せずそのままさしちゃってます(苦笑)

 

 

尚この際にベアリングを抑えているパーツがあるリールは無くしやすいので透明のビニールの中で外すなど無くさないように気をつけてくださいね。

 

 

またブロンズブッシングタイプの5000、4500、5500(Dも含む)は手元になかったのですが基本的にベアリングがブッシングになっているだけで大きくは変わりません。

 

 

 

そしてこのベアリングを交換する際にブレーキブロックもチェックしましょう。

 

 

これが割れることがたまにあります。外しついで確認しましょう。

 

 

パーミングカップモデルの樹脂ブロックは割れることはほとんどないのですが、79年までのパーミングカップでないモデル、83年エビス復刻、1500C、2500Cなどはベイクライトのブレーキブロックでたまに割れたりします。

 

 

ブロックをチェックして割れていたりしたら新しい物に交換しましょう。またもし実釣でリールを振ると軽い音でカラカラとしたり回転が制御しづらくなって来たようならその可能性があるのでパーツを落とさないように気をつけながらチェックしてみるといいと思います。

 

 

さあこれでベアリング、レベルワインド、ブレーキブロックのチェックが終わりました。

 

 

そうしたら最後にハンドルノブにオイルを少しさしましょう。

 

 

あまりさしすぎると手が汚れるので加減は必要ですが結構な頻度でキコキコ言っている方を見受けます。

 

 

毎回でなくともノブにほんの少しオイルをさすだけでかなり違いますからキコキコ言う方は注油してくださいね(笑)

 

 

以上が頻繁に行うメンテナンスです。

 

 

基本は洗浄と注油。オイルも常時在庫していますので是非。

 

 

サラサラのクラーケンとちょっと粘るゴリアテ。共に¥2,400(税込)

個人的にはボールベアリッングはクラーケン、クロスギアやブッシングにはゴリアテという感じです。

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 20:55
  • -
  • スポンサードリンク