2019/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





昨日今日と肌寒い日が続きますね。

 

 

11月も後3日、来週からは師走でしから当然と言えば当然なのかもしれませんが僕もついに石油ストーブを出して冬仕度をしました。

 

 

そして明日はインフルエンザの予防接種。空気が乾燥して寒くなると流行して来ますし、一度流行し始めると予防接種自体が混んでかなり時間がかかったり場合によってはワクチンが不足なんてことになりますから早めに対策をしておこうと思います。

 

 

どうやらこの寒さは今週いっぱい続くらしいので皆様体調管理にお気をつけください。

 

 

 

 

 

そしてそんな中、ご存知の方も多いかと思いますが亀山ダムのおりきさわボートさんが閉店を発表しましたね。

 

 

冬の亀山でトップウォーターゲームを始めた時にまず通ったのがこのおりきさわボートさんでしたしトップ堂さんの取材などで亀山を訪れる際も同じ様におりきさわボートさんでした。

 

 

残念…自分はこの一言を簡単には言いたくないですし、そう言えるほど今は亀山に行っていません。

 

 

この決断に至るまで店主のマー君を始めスタッフ皆がどれだけ悩み考えたかを思うとお疲れ様でした、そして今までありがとうございましたという言葉しかありません。

 

 

年内いっぱいは営業するとのことですから思い出などある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんなしんみりしたお話から始めましたが今週も行ってまいりました。

 

 

今週も、と言うからには先週も行ってきたのですがサイズとしては嬉しいサイズをキャッチしたものの少し痩せていました。

 

 

ようやく餌にありついたと思ったら偽物だった…そう考えるとなんだか『ごめんな…』と少し申し訳ない気分になったりしますね。

 

 

加えて本当に釣り師って釣れないよりは絶対に釣れたほうがいいくせに釣れたら釣れたで贅沢をいう都合の良い奴だなあと(苦笑)

 

 

ただ昔から一定数痩せ気味、もしくは可哀想なくらい痩せているバスはたまに釣れたりしたのですがやはりその頻度が大なり小なり多くなっていてそれが遠征先で行く様なフィールドでも起こって来ていることが気になりますね。

 

 

やっぱり魚は大きさだけでなくその魚の健康状況を示すコンディションの良さが大切ですから願わくば全てのバスが健康的な体型でいて欲しいものです。

 

 

そんな先週の話は置いておいて今週。

 

 

週末にかなりまとまった雨が降ったこともあって湖面は今週も濁っていましたがそんな事に動じる私めであるはずもなく、むしろ予報では暖かい1日で曇り、昼頃は雨なんて出ていたのでこれはいけちゃうんじゃないでしょうか!?というノリ。

 

 

予報に反して出てみれば靄がすぐに晴れて来ていい天気でしたけど…(苦笑)

 

 

晴天べた凪無風。木々が水面に映って釣りはともかく気分はいいですね(笑)

 

 

それでも朝スタートして1時間くらいですかね?

 

 

ギルパイマにガバッ!!とナイスバイト。

 

 

不意打ちくらったかようなかなりいいバイトでした。やっぱりバイトは派手に越したことはありませんね(笑)

 

想定外のめちゃめちゃいいバイトにちょっとびっくりしつつ、暴れるバスをいなして無事ランディング。

 

 

先週同様かなり嬉しいグッドサイズですが大きな違いはコンディションがまずまず。

 

 

この時点で開始1時間ちょっとくらいですかね。

 

 

今日は晴れてくるだろうけどまだまだ行けるかも!?と踏み、さぁ頑張って次のバスを狙いぞと思いルアーチェンジしようかなぁなんてボックスを眺めていたら京都から電話が…

 

 

ここはどちらの筋も進んで行くと携帯は繋がらないのでああここら辺は電波あるんだなぁなんて思いながら電話に出ると『ああムネさん?掛かってるよ!!猪じゃなくて鹿!結構デカいけどどうしよう?』

 

 

なんと罠に鹿がかかっている模様。

 

 

せめて後2、3時間釣りをしたいという気持ちもありますがここは鹿優先。急遽桟橋まで全速で戻りタックルやモーターなど貴重品を車に積んで罠場に向かいます。

 

 

先ほど湖面にいて今は山、まあまあの展開です(苦笑)

 

そして現地に到着し罠場の山から鹿を運び出して一段落。

 

 

残念ながら鹿でよく起こる状態になっており駆除でも狩猟でも頂いたり捕えたりするなら自らお肉にして食べるという自分の信条を果たせなかったのは無念ですが、それでもこんなど素人の自分に掛かってくれた一頭の鹿に心から感謝。

 

 

その後また急いでフィールドに戻ると14時。

 

 

でも帰着まで2時間半あるし更なる一匹を狙ったのですがレイミアのリーフとライフベイト のスライドペンシル110Sで食い損ねのバイトが一回づつあっただけで終了…

 

 

それでもナイスサイズが素晴らしいバイトで釣れてくれたので満足です。

 

 

そして帰りに再び愛宕ベースに行き皆で初捕獲の乾杯をして2週連続車中泊(笑)

 

 

翌朝見回りをして開店に向け戻るという休日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて房総ダムに関して確実に言えることは水の中はまだまだ秋な感じです。

 

 

濁りは相変わらずありますがずっと濁っているので全く問題ないレベルですしむしろどクリアよりは僕らのサイズのトップウォータープラグには都合がいいかもしれませんね。

 

 

加えてこれから寒い日が増えて来ますが流石にドピーカン北風ビュービューは難しいものの、穏やかだったり今日みたいに寒くても曇天な場合などチャンスは十分にあります。

 

 

もう少しで12月に入りますが冬ということをあまり意識せず普通に釣る気満々で釣りに行くのが一番(笑)

 

 

ぼちぼちバスフィッシングは年内あと何回かな…という時期になりますが今年も晩秋から早春までは釣れても釣れなくても心の故郷へ通うと決めているのでまた来週も行ってみようと思います。


スポンサーサイト

  • 20:47
  • -
  • スポンサードリンク