2019/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





はい。

 

 

ライフベイト スライドペンシル別注色、レギュラーカラーが入荷。

 

 

 

 

 

 

 BBP  ¥7,900

 

029RH  ¥7,900

 

レギュラーカラーも入荷。¥7,400  ソリッドレッドは完売しホワイトコーチもごく少量となります。

 

 

あの名作スライドペンシルがリファインされて登場。

 

 

まあ驚きました(笑)

 

 

正直素晴らしいペンシルベイトはもう粗方出尽くしたのかなと思っていました。

 

 

当然その『粗方』の中にスライドペンシル100は入っていたのですが、リファインされたスライドペンシル100はそんな自分の考えをいい意味で大きく裏切ってくれるペンシルベイトでした。

 

 

 

 

 

 

まず画像をご覧いただくとお分かりかと思いますがブルーヘッドの新しいスライドペンシル100の方がヘッドやボディーがやや太くタイイングアイの位置も少し下げています。

 

 

 

 

 

 

スライド系のペンシルベイトは緩急とスライド幅の調整がほぼ全てと言っても過言ではないと思いますがこのヘッドが細めでアイがセンターについているタイプはどうしても緩急の急が苦手。

 

 

もちろんノーズが尖り気味なペンシルベイトが悪いということではないのですがどうしても形状から急の部分で動かした時にヘッドが刺さってしまいスライド幅を稼げません。

 

 

スライドペンシル100はヘッドを太くしてアイを気持ち下げることによって刺さらず早い動きでもしっかりとターンをしてくれます。

 

 

ただこの様なヘッドが丸いと言って全てが完璧な訳ではなく、重要なのは何と言ってもワンターンワンターン切ったアクションでしっかり動くという事。

 

 

スライド系のペンシルベイトはロッドアクションとともにリーリングを入れ早く動かすと加速する様にスライド幅が伸びるのですが、ある意味それでは多少ごまかしがきいてしまう部分もあります(笑)

 

個人的にはワンターンごとしっかり切って動かした時に左右にきっちり良く動くペンシルベイトが本当に良いペンシルベイトだと思うのです。

 

 

特に自分がメインとする関東のフィールドで釣りをしていると遠征などで行くフィールドの様にある程度キャストして面での釣りを展開したりするフィールドが少ないのが現状です。

 

 

本来ペンシルベイトはスピーディーに探れる上に回収も楽で良く釣れると言う非常に使い勝手のいいプラグなのですが、ごちゃごちゃしたオーバーハング奥のピンポイントを投げ続けて行くとなるやはりスライド系のペンシルベイトを選ぶことに躊躇してしまうと思います。

 

 

しかしこのプラグに関してはテーブルターン系のペンシルベイトやリアシングルスウィッシャーの様な感覚で使え、なおかつスライド幅を稼ぎたい時はしっかりとスライドするので躊躇せずにどんどん使ってみて欲しいですね。

 

 

そんな訳でスライドペンシル100。

 

 

グラス、カーボン、ナイロンライン、PEライン、全ての組み合わせで試してみましたがいずれも完璧。

 

 

ターンをする全てのプラグアクションの基本を学ぶ上で最適なのは何と言ってもペンシルベイトですが、その中でも真っ先におすすめめしたい名作であると断言します。

 

 

今回スライドペンシル別注色は29日で一旦のご注文を締め切らせて頂き順次発送致します。

 

 

予定数を上回った際にのみ抽選とさせて頂きますのであらかじめご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望の際は下記項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

◯カラー:

 

 


スポンサーサイト

  • 22:13
  • -
  • スポンサードリンク