2019/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





梅雨明け後猛暑日が続きます。

 

 

もう一週間以上夜間でも25度以上の熱帯夜で昼間は34℃という灼熱地獄。

 

 

ああぁ…遂に私目がもっとも苦手なシーズンである真夏がやって来てしまいました…

 

 

こうなると釣りも徐々に選択肢が少なくなって来てしまいます。

 

 

水温も30℃を超えて場所によっては気温と変わらない34℃とか。

 

 

もはやここまでくるとお風呂かよ!と言いたくなりますね。

 

 

先日ショートコースでフィールドに出てみたのですが数こそご機嫌に釣れるものの釣れども釣れども35〜良くても40はないだろうなぁというヤングマン祭り。

 

 

 

 

良いサイズが陣取っていそうな所もしっかり攻略したつもりですがこの暑さにランカーもグロッキーなんですかね??

 

 

房総に関して言えばまだ水はそれ程悪くはないですがこのまま猛暑が続いて台風やゲリラ豪雨などがなければ水が悪くなるのは時間の問題と言えるでしょう。

 

 

例年で考えれば期待はあまりできないのですが災害にならないレベルで定期的な雨が欲しいものです。

 

 

そうそう、それと暑くなると魚も弱りやすいのでリリースも気をつけましょう。

 

 

写真を取る時も熱い船の上やメジャーの上に置くのは絶対にやめてくださいね。

 

 

鉄板の上でバスを焼くようなものですから。

 

 

できる限り水につけて魚が大きくない場合は画像のように水中でつけたままサッと写真を撮る事をお勧めします。

 

 

普段のシーズンよりも更に気を使いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中こちらは絶好調。

 

 

バスと同じで高水温が続くとイガイ(ムール貝みたいな貝)が落ちてしまうのでイガイの棚釣り(中層釣り)は終盤ではありますがまだ継続中です。

 

 

先日皆でバスを求めて中年の修学旅行かというような旅に出かけたものの超増水と濁りで釣れる釣れないの前にげんなりして早々に撤退(涙)

 

 

旅先で『ヘチやりたいね』なんて話になって旅先から一気にヘチへ(笑)

 

 

トップウォータープラッガー5人でヘチに熱中というなんとも不思議な絵面

 

 

 

 

 

 

 

 

クロダイに関してはサイトのフライフィッシングはまだ経験はないもののルアー、フカセ、ヘチとやってみてやっぱりヘチが面白い気がします。

 

 

堤防に着いたイガイやフジツボを食べるクロダイの習性を利用して針に打つガン玉一個で壁沿いに落としてラインの動きだけを見て当たりを掛けていく、タックルも高性能のルアータックルでは正直あまりスリルは感じられないのですがヘチ竿と1:1のタイコ型リールの細仕掛けで対峙するのはクロダイの引きを最大限楽しめるというのもこの釣りの素晴らしいところ。

 

 

トップウォーターと対極な釣りでありながらその魚を一番楽しく釣るという点では実は共通なんですよね。

 

 

この日も現地に着くやいなや皆夢中(笑)

 

 

そんな中トップブリッジのザキはこうやって落としてラインの動きで…なんてレクチャー中になんと50オーバーのクロダイをキャッチ。

 

 

開始してものの5分位?でいきなりのグッドサイズですからね(笑)

 

 

その後ザキに煽られつつも皆クロダイをキャッチし大満足で終了。

 

 

ちなみにノビーなんて後日わざわざ朝2時間のために午後から打ち合わせがあるのに都内からやって来て良型3枚キャッチするはまりっぷり。

 

 

当たりも竿で取る癖が取れて徐々にラインスラックの変化で取れるようになって来たのが楽しいみたいですね。

 

 

しかし今はまだヘチが好調継続だからいいのですがそれが終わったらいよいよどうしましょう???ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尚テレビでも盛んにやっていますが熱中症は厳重注意です。

 

 

水分もお茶やコーヒーでなくスポーツドリンクや麦茶、水などに塩分補給の飴などを補給するようにしましょう。

 

 

また寝不足も大敵です。

 

 

どうしてもこの時期は睡眠不足で出かけることになってしまいますから暑くなって来たら日陰の涼しい所で十分に休憩するようにしましょうね。

 

 

汗が滝のように出る、もしくは汗が出ない、頭痛がするなんていうのは典型的な熱中症の初期症状です。

 

 

知らず知らずになってしまう前にこまめな水分補給に努めましょう。

 

 

また衣類も夏イコールTシャツ&短パンというイメージはありますがここまで灼熱になってくると長袖長ズボンで肌を露出させない方が圧倒的に涼しくしかも疲労が少なく済みます。

 

 

アウトドアメーカーでUVカットで速乾性もあるウェアが出ていますので積極的に取り入れて暑さ対策をしてください。

 

 

そして何よりも無理をしないことも大事だと思います。

 

 

釣具屋の親父としては『釣りに行きましょう!』と言いたい所ですがもはやそのレベルの暑さではありませんからね…

 

 

くれぐれも無理はせず朝の数時間だけ、しっかり寝て夕まずめ数時間とか各自無理のない釣行計画を立ててくださいね。

 

 

それでは、皆様良い週末を!!

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 21:51
  • -
  • スポンサードリンク