2019/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





今日は強風、と言うより爆風に近い一日でしたね。

 

 

春は風が強い日が多い時期ですが、今日は南風というのもあって爆風でも暖かく感じました。

 

 

もう少し弱ければヒラスズキにでも行こうかと思いましたけどねぇ…流石に吹き過ぎなので断念。

 

 

そんな事もあって本日は狩猟許可証の返納のため県庁へ。

 

 

 

 

 

一般には狩猟免許は車と同じ様に考えられていることが多いと思いますが、狩猟の場合は免許とは別に狩猟許可申請をして許可証をもらいます。この許可証とバッジは狩猟中は携帯しなければらないのですが狩猟期間が終わると一月以内に許可証を返納しなければなりません。

 

 

またその際に捕獲頭数や捕獲場所等も記入、更に罠をどれくらいかけましたか?とかアナグマ、キジ、キョン、さらにはキツネを見ましたか?などのアンケートがあって用紙に記入して提出します。(アンケートは多分義務じゃないです)

 

 

そして平成最後の年にデビューした素人猟師の私目はほろ苦いゼロ申告…

 

 

猪は鼻や頭が良いのでやる前から甘くはないだろうと思っていましたが、その想像を超えていました。

 

 

罠そのものであったり、掛ける場所だったり、掛け方だったり、気配の消し方だったり、その全てがやっぱり甘かった様な気がしますね。

 

 

新しい元号の狩猟解禁は11月15日。

 

 

本音はすぐにでも改善点を実戦で試したいのですが、まずはそれまでにやれる事、罠の改良をじっくりして行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして県庁の用事を早めに済ました後はツクシを採りに。

 

 

 

 

ご存知の方も多いと思いますがツクシは立派に食べられるんです。ここら辺だと3月上旬の短い時間ですが、蕗の薹同様その分だけ今年も春の味覚を楽しめる嬉しさを感じます。

 

 

さてこのツクシ、どのように食べるかと言うと良く洗ってこの様に↓ハカマを取ります。一本一本取り除くのは面倒ですがここは硬くて食べられないので一番大切な作業です。

 

 

 

 

そしてさっと茹でて冷水に浸します。

 

 

人によってはアク抜きのために水につけて一晩置く人もいますが自分は何回か水を変えて下ごしらえが完了です。

 

 

こうなったら後はお好みで調理するだけ。

 

 

僕は佃煮や卵とじが好きですがその他にも天ぷらや炒め物なども美味しいですよ。

 

 

お子様がいらっしゃるご家庭などはこの週末お子様とツクシを採りに行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

きっと夢中になって採ると思いますし、一緒に採ったツクシを家族で晩御飯で食べるなんで言うのも楽しいんじゃないかと思います。

 

 

二月に蕗の薹が、三月にはツクシが、そしてこれからタラの芽やコシアブラ、そしてワラビなど…このような植物は季節の進行度合いを教えてくれますから釣りでも役立つことが多いものです。

 

 

次回の釣りで少しだけ殺気消しがてら周りを見渡してみる事をおすすめします(笑)

 

 

そんな訳で今日は短めで釣りネタなしですが次回は何か釣りにまつわるお話をしようかと思います。

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 22:11
  • -
  • スポンサードリンク