2019/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





今日は北風が強くて寒く感じた昨日と変わり春一番が吹いたようですね。

 

 

少し前はあれだけ雨が待ち遠しかったのですが雨続きだとやっぱり春の日差しの暖かさが欲しくなるというもの…明日からまた崩れるようですがその後の日差しも期待したい所です。

 

しかしそのおかげもあって水位が回復し三島ダムのような特殊な状況を除いて各フィールド満水になったのではないでしょうか。

 

 

これから田植えが始まると減水が進んで来るので今のうちに満水でないと厳しいですからとりあえず一安心。

 

 

ただこうなって来ると一気に『さしてるでしょ!』とやる気満々のオールラウンダーさんも一気に増えて状況は良くてもその恩恵をなかなか得られなかったりするのが切ない所(苦笑)

 

 

明後日は天気的には暖かくて良さそうなんですがその分人も来るでしょうし早くも代掻きも始まっている様子なので真剣にどうしようか思案中です。

 

 

リスクは高くても可能性にかけるっていうのが性分としては合ってるのですが、ぶっちゃけお前そんな事言ってる場合か??という部分もありますしね(笑)

 

 

まだ時間はあるので今夜一杯やりながらじっくり考えようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中本日は先のブログで軽くふれたお話を。

 

 

ダーターはグラスロッドにナイロン、ここは譲れませんと申し上げましたが『何でですか??』と聞かれましたのでその理由をお話したいと思います。

 

 

あくまで私感のお話なのでそれを前提に聞いてくださいね(笑)

 

 

まずすぐ手元にあったいくつかのダーターを並べて写真を撮ったのでご覧ください↓

 

 

 

 

 

ここにあるダーターは上顎があるダーターでカップが水をしっかり受けポップ音がするダーター達で多くの方がダーターといえば、と想像するような最も一般的なダーター達と言ってもいいと思います。

 

 

このダーター、当然のことながら水を受けポップ音を出す仕組み自体はグラスとカーボン、ナイロンとPEでも全く変わりませんがポップ音の質やサウンドの調整のしやすさという点においてはロッドやラインの素材で大きく変わって来るんです。

 

 

例えばそれが最も顕著に現れるのがカーボンロッドとPEライングラスロッドの組み合わせに対し対照的なグラスロッドとナイロンラインの組み合わせ。

 

 

表現がわかりづらかったら申し訳ないのですが、伸びのないPEラインとハリのあるカーボンロッドの組み合わせで通常にトゥイッチをすると伸びがなく力がダイレクトに加わるが故にカップが水を噛んでから音を出すというよりもいきなりカップにぶつかって音を様なイメージになります(表現が難しいですけど…)

 

 

そのために自分が好む甘くこもったポッピングはスウィープにアクションさせるなどのそれ相応にこちらが気を使う必要があります。(ただしできないという訳ではないですからそこは誤解しないでくださいね)

 

 

一方グラスロッドにナイロンラインはグラスロッドの弾性率の低さと適度にあるナイロンラインの伸びでPEではカーボンロッドとPEラインだとやや気を使わなければいけない所を勝手にその調整をしてくれるので、普通にトゥイッチをすれば甘くこもったようなポッピング音を奏でてくれるんです。

 

 

 

ダーターが大好きな自分にとって数種類のダーターのみで1日釣りをする事も良くあるのですが、シンプルなアクションを長時間繰り返す時に意識をせず普通にポコンポコンとやっているだけで自分好みのサウンドやアクションが出るという事はかなり大きい事なんですよね(笑)

 

 

だからできればダーターに関しては(ペンシルもですけど)グラスロッドにナイロンライン、カーボンロッドでもラインだけはナイロンであって欲しいんです。

 

 

 

ちなみにロールしながらターンするプラグはPEだと瞬間的に引っ張る力が働きロールがきつくなりプラグアクションは反り返り気味になりますし、押さえ込む様にしてターンするポッパーなども儺イロン直結とPEではかなりサウンドが違います。

 

 

同じプラグでも全くサウンドや動きのイメージが違って来ますから機会があれば比べてみてください。

 

 

どうでしょうか?

 

 

ダーターはグラスロッドにナイロンラインという組み合わせが好きだというのはそんな理由なんです。

 

 

もちろんあくまで遊びですし、今日お話しした事はそれぞれの好みだと思います。

 

 

PEの方がよく動くプラグもあればPEの方が有利な状況も多々あります。

 

 

でもそう言った所に拘るのもこの釣りの大きな魅力の一つなんだろうなぁとも思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で皆様、

 

 

良い休日をお過ごしください!


スポンサーサイト

  • 00:12
  • -
  • スポンサードリンク