2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>





はい。

 

 

ブラックシープのニットグローブ各種が入荷致しました。

 

 

まずはハンドニット。¥4,644

 

 

左より ツイスト、グレーツイスト、チャコール

 

 

マシンニットに比べざっくりした編み具合ですが非常に温かみがある質感です。

 

 

 

なんでも編む人が少なくて大量生産が出来ないらしいですね。

 

 

釣りで使うにはちょっと勿体ない気もしますが機能はもちろん雰囲気も求める方にはかなりオススメです。

 

 

 

そしてマシンニット。¥2,592

 

 

左よりブラックウェルシュ、チャコール、ツイスト、ダークグレー、グリーン

 

 

 

 

お求め安い実用的価格で機能は十分。

 

 

網具合もきっちり詰まっていて最初はやや硬めのフィッティングですが使い込んでくると徐々に細かいウールで目が詰まって手に馴染んで来ます。

 

 

厚すぎず薄すぎずの絶妙な厚みが最高ですね。

 

 

 

 

 

 

さてトップウォーターゲームに使用するグローブですが弊店では開店時からずっとオススメするアイテムが決まっています。

 

 

一つはモンベルのシャミースフィッシンググローブ。

 

 

現在はブラックとサンドCの2色展開でどちらも在庫。¥2,484

 

 

こちらは薄いフリース素材のグローブで掌に当て革がしてあるロングセラーのグローブです。

 

 

このグローブは晩秋の朝晩だけ冷え込む時、冬季でもまだ気温がそれほど低くない時はパーミングの違和感も殆どなく手の感覚に近いのでとても重宝します。

 

 

厳冬期や冷たい雪や雨の日は流石に冷たさを感じますが、冬でもそれ程気温が下がらない12月上旬、または日中であれば同じようにとても使いやすいですね。

 

 

こう言った薄手のグローブが有りそうで意外と少なく、使い分ける事によて快適さが違ってきます。

 

 

メインはウールですが僕自身欠かせないグローブと言えますね。

 

 

もう一つが今回のブラックシープなどバージンウールで編み込まれたフィンガーレスグローブ。

 

 

弊店では今までフォックスリバー、バブアー、そして今回入荷したブラックシープを在庫してきています。

 

 

こちらのタイプは若干パーミングの感覚はシャミースフィッシンググローブには劣るものの厳冬期でも暖かく、また雪や冷たい雨で濡れても絞ればすぐに保温が回復すると言う天然素材ウールならではの良さがあります。

 

 

僕の場合は12月下旬から2月半ばまではほぼこのバージンウールタイプで通します。

 

 

バブアーは僕自身愛用して来て、クオリティーも素晴らしくとても暖かいのですが、その厚み故にパーミングの感覚が少し悪いと言う部分がありました。

 

 

そこでバブアーを使いつつ色々探して使って比較してみて丁度良い厚みだったのがブラックシープ。

 

 

クオリティーはバブアー同様もちろん良いのですが薄すぎず厚すぎず、パーミングの感覚も良いのが素晴らしいです。

 

 

厳冬期の最も気温が低い時期にも使いましたが保温性も十分。

 

 

そんな事もありバブアーも在庫しつつメイン在庫するバージンウールのフィンガーレスグローブはブラックシープになりました。

 

 

尚グローブはできれば何個か持っていて使い分けた方が良いです。

 

 

驚くほど高価な物ではないですし、気温などで使い分けたりスペアを持って行くことによって快適に釣りができますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

もうかれこれ20年以上厳冬期のトップウォーターゲームで何か良いグローブはないかと探し試して来ました。

 

 

もちろん状況によってはネオプレーンなどのグローブがいい場合もあるかと思いますが、様々な状況を考えると現状この2種類を使い分けるのがベストなのではないかと思います。

 

 

まだグローブは必要ないかもしれませんがもう少しするとシャミースフィッシンググローブあたりが朝晩欲しくなる気温になってくる事でしょう。

 

 

冬でも釣りをするアングラーはそろそろ準備をして行きましょう。

 


スポンサーサイト

  • 20:18
  • -
  • スポンサードリンク