2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>





本日はお詫びから。

 

 

この度SlowtaperGripの製作が大きく遅れてしまい大変申し訳ございません。

 

 

本来であれば今頃は発売をしているはずなのですがウッドの入荷が遅れ未だ販売ができていない状況となっております。

 

 

ご迷惑をお掛け致しますがウッドが入荷次第取り付け作業を行い販売したいと思っておりますので今しばらくお待ちくださいます様宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて話は変わりまして先週末から旅に出ていました。

 

 

今回はブラックバスではなくヒラマサのトップウォーターゲームです。

 

 

このヒラマサのトップウォーターゲーム、一口に言っても地域によってスタイルは様々で僕が長年やっている外房は両舷にアングラーを乗せジグとキャスティングで交互に流すと言ったスタイルで基本アンダーキャストで行う為タックルもPE4〜太くて6号と言った具合。

 

 

一方今回行った九州某エリアはバンバンオーバーヘッドキャストが出来てラインもPE8号標準、時には10号を当たり前に使いドラグテンションも高負荷をかけてラインを出さない真っ向勝負の釣り。

 

 

そんな豪快な釣りを夢見て九州へ遠征をする関東アングラーもかなり多いんです。

 

 

僕も今回CB ONEのENFINITY80/16というヘビー級キャスティングロッドにステラ18000HG、PE10号に170lbリーダー、230mmから270mmというペンシルベイトという釣りで終始挑んだのですが12キロクラスの魚ではほぼドラグが出ないという感じ(笑)

 

 

 

 

僕も慣れていると言う訳ではありませんが具体的には高負荷の釣りを経験したことがない方だと完全に体が持っていかれるくらいのテンションと言ったところでしょうか。

 

 

そして九州遠征となると10キロ超えは当たり前でできれば15キロオーバー、願わくば20キロオーバーと言うのが皆の頭の中にある目標です。

 

 

加えてポイントも無数にあり、たった数個の根に多くの船が過密する外房とは比較にならない程プレッシャーも低く本来ヒラマサゲームが、持っている豪快な楽しさを思う存分味わえます。

 

 

まぁ10キロでもグッドサイズですし外房で言ったら目指せ10キロと言ったサイズですからバスでも言えますが遠征フィールド、九州ならではの本当に贅沢な話なんですけどね(笑)

 

 

それでも日本最高峰の海域、そしてなんと言っても日本最高峰のキャプテンですからついついそんな事を期待してしまうのです。

 

 

結果は二日半投げ倒して僕個人は16キロが最大で15キロオーバーはもう1匹。

 

 

 

 

20キロ、いやそれよりも上…贅沢を言ったらキリがありませんが、こちらではそうは出会えない15キロオーバーに出会えたと共に噂に違わぬフィールドとキャプテンの凄さを体感した最高に楽しい旅でした。

 

 

魚種は変われど水面炸裂の興奮と感動は変わらない…

 

 

 

 

 

230mmサイズのペンシルベイトの誘い出しに渦を巻いて水面炸裂で出る姿は何度味わっても『最高』以外に上手く表現する言葉はみつかりません。

 

 

また機会があれば挑戦したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で今週末。

 

 

房総に釣りや行楽を予定している方は21日(日曜日)にアクアラインマラソンが開催されますのでアクアラインが8時30分〜13時30分まで通行止になります。

 

 

また周辺道路も交通規制が行われますからご注意ください。

 

 

今週末は絶好の秋の行楽日和の様ですね。

 

 

是非釣りに行楽にお出かけください。

 

 

そして房総にお越しの際は行楽プランに釣具屋さんも加えていただけると幸いです(笑)

 

 

それでは皆様良い週末を。

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 18:39
  • -
  • スポンサードリンク