2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





お知らせです。

 

 

今週金から日曜日にかけて営業をしておりますがメールの返信ができません。

 

 

ご迷惑をおかけ致しますが宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

話は変わりまして今朝は先週に続き霞ヶ浦へ行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

反応はすこぶる良くまずまずサイズの2匹を頭にヤングマン、そして元気じゃなくていいのにやたら元気なアメリカン…まずまずさいずであろうバラシもあって秋の荒食いとまでは行きませんが大満足の釣りでした。

 

 

 

 

そして釣れた中の1匹のこのコンディション。

 

 

 

 

ダーターSを強めのポッピングを交えX状にクリクリ動かしていたら炸裂バイト。

 

 

いやぁ〜引きました(笑)サイズは特別大きいというわけではないのですが葦系フィールドらしい抜群の体型に大満足です。

 

 

 

 

 

トップウォーターゲームは強い魚に強い釣りで勝負を挑む…個人的にはここが本当の醍醐味だと思うのです。

 

 

現実は理想ばかりではなかなか釣れないかもしれませんが、この時期は比較的反応を得られやすい時期でもありますから是非『こんな釣りで釣ってみたい!』『こんなプラグで釣ってみたい!』というような釣り方で頑張っていただければと思います。

 

 

天候がある程度安定すれば関東の葦系フィールドは今から11月頭位までが型も数も狙えるベストシーズン。

 

 

一方房総は今年の感じから行くと反応は多いものの型が良くなって来るのはもう少ししてからですかね。

 

 

とはいえ反応は多いと思いますし、もちろんその中でいいサイズも混じる可能性がありますからいい時期には変わりありません。

 

 

逆にサイズアップに絞った釣り方で釣るのもありだと思います。

 

 

 

そんなわけで夕方また釣れるのはほぼ確実に数匹釣れると思われただけに今年一番の、なんなら後ろに引っ張られてひっくり返る位後ろ髪をひかれましたが10時前には上がってお墓参りに行って帰路へ。

 

 

また時間があればフィールドに足を運んでみたいと思います。

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 19:43
  • -
  • スポンサードリンク