2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>





ここ数日の北寄りの風で一気に涼しくなりましたね。

 

 

昨日の夜などTシャツでは肌寒いくらい。久しぶりに素足ではなくソックスを履き、ハーフではなくロングパンツを履いた気がします(笑)

 

 

それにしても近年は徐々に秋めくというよりいきなり秋めいてくる感がありますね。

 

 

夕暮れもかなり早くなり正にこれから秋の日は釣瓶落としという言葉を感じるようになる事でしょう。

 

 

こうなってくるといつまでも夏の感覚ではいけません。

 

 

南風ではなく北絡みの風だったりすると気温はそれ程低くなくても体感温度は下がります。

 

 

また秋が進みにつれ湿度も徐々に下がり夏の高温に慣れてしまっている身体ではそれをより強めに感じてしまいます。

 

 

これからの季節は平野部のフィールドでも必ず上に軽く羽織るものを用意するようにしましょう。

 

 

そして標高が高いリザーバーなどに行く場合などは9月下旬にもなれば日によって想像以上に寒く感じる場合がありますから、冬用のアンダーウェアーやフリースなどちょっと大げさとも思えるくらいの装備を念のため用意した方がいいと思います。

 

 

彼岸も過ぎてくるといよいよ秋。日中暑いようであれば脱げばいいだけですから備えは万全に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中、本日は午前中船舶検査の更新に行ってきました。

 

 

僕の場合はJCI日本小型船舶機構の千葉支部が近いので直接持ち込んでの更新です。

 

 

 

 

 

送られてきた申請書に必要事項を記入し、定期検査手数料の受領証、船舶検査証書、船舶検査手帳ともに法定備品、装備一式を持ち込んで検査をしてもらいます。

 

 

 

 

そして検査員の方が走行に支障をきたす船体の大きな凹みがないか、備品に不備がないかなどを確認して異常がなければ終了。その

場で新しいステッカー、船舶検査証書、船舶検査手帳を受け取って終了です。

 

 

 

 

 

 

時間にして30分位ですかね?時間もそれ程かからないですし日本小型船舶機構の支部がそれ程遠くない方は電話で連絡の上直接持ち込んだ方が早いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

またよく質問を受けるのですが中古艇を購入した際の船検の取得について軽く。

 

 

初めに中古艇でも予備検査というものがあってそれがある中古艇ならば船検の取得は何の問題もなくスムーズです。

 

 

しかし実際にはオークションや知人から譲り受けたりして予備検査がない船体が多いですよね。

 

 

本来であれば通関証明書や輸入証明書を代理店や販売店から取り寄せる(自分の場合は代理店が存在しているので代理店から送ってもらいました)のが一番なのですが、本日JCI千葉支部にそれらも不明な場合はどうするのか聞いた所、最低でもメーカーと船体番号、前の所有者が持っていたという所有証明書、また合わせて譲渡証明書が必要になるとの事でした。

 

 

そして連絡の上直接持ち込めばその場で検査員が船体の長さや横幅、船体の状態チェックなどもしてくれるとの事で、予備検査があるとこれらの事が全て省かれるので前途のようにスムーズになるという訳です。

 

 

まぁ実際ジョンボートの中古艇で予備検査付きというのはないですが一応ダメ元で持ってないか聞くといいかもしれませんね。

 

 

ちなみにその後検査官立会いのもとエンジン、モーター、バッテリーなど装備一式を積んでの喫水検査、走行審査などがあり晴れて船検取得となる感じです。

 

 

この辺りなんとなく難しく感じる方も多いかと思いますが、実際はとっても簡単ですし正直JCI支部が近ければネットであれこれ調べるよりも直接聞きながら進めたほうが分かりやすく早いかと思います。

 

 

ご参考までに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今週来週と連続連休ですね。

 

 

月曜の祝日を営業するか通常通り定休にするかまだ決めかねていますが金曜日までにはご連絡したいと思います。

 

 

そしてフィールド。

 

 

気温が下がってきたせいで一時期のデッドグリーンな水は徐々におさまって来てはいますが、言っても水を入れ替える雨は未だ降っていないので状況が一気に好転すると言った感はありません。

 

 

月曜日夕方にやや強めに降ったものの、時間が短すぎて状況を大きく変えるにはまだまだ雨量が必要。

 

 

逆に言えば既に魚は秋を意識し始めているのは間違いないでここら辺で一発まとまった雨が降れば…という感じかと。

 

 

僕も例年のバス夏休み月間が終了しそろそろ幻の魚ブラックバスが釣りたいので次回は様子を見て開拓ではない釣りをしようと思います(笑)

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 20:59
  • -
  • スポンサードリンク