2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>





関東はあまり降っていないのですが西日本は大雨による災害の恐れがあり深刻な状況ですね…

 

 

該当地域にお住いの方の被害がない事を願うと共に災害情報などを常に注意しつつ気をつけてお過ごしください。

 

 

しかしここ数年『例年』と言う言葉が意味をなさない程気象条件が読めませんね。

 

 

また雨の振り方も熱帯地方のスコールの様な土砂降りの雨が続いたりと梅雨の時期の雨の振り方そのものが変わってきてしまっている様な気さえします。

 

 

雨がないと渇水、かと行って一気に大量に降れば災害…天気はこちらの都合に合わせてくれるはずがないとは言えどうにかならないものかと思ってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中

 

 

新しいテストロッドの感触を得る為旅に出ました。

 

 

 

 

 

キャストフィーリングやルアーの操作性はこちらでも十分なテストが出来るのですが、大きなバスを数多く掛けて曲りやその復元スピードなどの感触をチェックするには昨今の関東だけだとちょっと時間がかかりすぎます。

 

 

その為ベストシーズンは積極的に旅に出てより入念にテストをする様にしています。

 

 

しかしそんな旅も今回は天候にやられました…

 

 

凄まじいゲリラ豪雨、強風とじっくり釣りをさせてもらえる時間がいつもより少なかったです(涙)

 

 

琵琶湖とは言え50アップは何匹か釣れたのでテストロッドの仕上がりのチェックとしては良かったものの、やっぱりここでは60、仮にそれが達成できなくても泣き60は釣りたい所です。

 

 

ただ悲しいかな例年に比べ南湖のウィードの成長が遅く、面まで生えて多少小々波立っても目視出来るのはかなり限定される状況。

 

 

そのエリアをじっくりスローに探れば50前半まではそこそこ釣れる感じで手堅いなと言う気はしましたし、実際そこで反応は良かったのですが、T所君と話し合い思い切ってその上のサイズを狙いに行こうと冒険! しかしそれは叶いませんでした。

 

 

 

 

 

まぁこればっかりは遠征組は仕方ないです(苦笑)

 

 

加えてシャローを丹念に探ると言うのも良い選択ではあるのですが、どうしてもここに来るとここでしか出来ない沖の釣りに拘ってしまうもので…(笑)

 

 

ちなみに肝心のロッドに関しては望んでいたイメージにかなり近い感触で満足の行く良い仕上がりでした

 

 

ただもうちょっと設定を変えた物も見てみたいと言う欲も出て来たり、釣り込む上で何かあるかもしれないので今月から来月の釣りでその辺りを判断して決めようかなと思っています。

 

 

詳細をお話しできるのはまだ先にはなりますがいつも通りしっかり作り込んで行きますのでご期待頂けると幸甚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてワールドカップ。

 

 

タブレットを持ち込んで湖上観戦。

 

 

正直悔しくて泣きそうになりましたし、二日間はスポーツニュースを見られませんでした。

 

 

それでもここまでの試合をしてくれた日本代表に素晴らしい夢を見させてくれてありがとう!と心から言いたいです。

 

 

当初は3戦全敗予想、西野監督が記者に失礼な質問をされたりとありましたが決勝トーナメントへ進み、FIFAランキングベスト5に入っているベルギー相手にあそこまでの試合をした…それは日本にとって今後の大きな自信にもなると思いますし逆にやらなければいけない課題も見えてくることでしょう。

 

 

自分がサッカーをしていた時はワールドカップといえばキャプテン翼と言う漫画の中でも夢舞台であり、それほど現実離れしていた大会でしたが時代は変わりました。

 

 

今後の日本代表の躍進と次回ワールドカップが今回よりも上の成績になることを願ってやみません。

 

 

加えて…82年大会、西ドイツ時代からドイツを応援していた自分にとって今回のドイツ代表グループリーグ敗退はショックでした。

 

 

次回大会ではあの強いドイツをまた見せて貰いたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に我が愛艇

 

 

以前この場で亀裂が入ってしまったことをご報告しましたがこの度新たに板を貼って溶接と言う万全な補強、補修修理をしました。

 

 

 

 

 

 

 

これでまた今まで通りに浮かぶことができると思うと嬉しくて堪りません。

 

 

本当はもっともっと綺麗に乗れば良いのですがスロープなどがない場所が殆どの房総で長年釣りをし

ているとどうしても気を付けていても傷はできてしまいます。

 

 

ましてこの船は自分が一番無茶をしていた時からの相棒だけに他の人に使われればこんな姿にはならなかっただろうとちょっと懺悔の気持ちもあります、

 

 

でもこうして修理をして治すことによって彼との関係はより深いものになると信じています。

 

 

見た目はオンボロですが僕にとってはどの船よりも格好良い…

 

 

これからもこの船とG3達とでできる限り長い時間を浮かびたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

週末、先にお話しした通り大雨でフィールドは危険な状況の所も多い事と思います。

 

 

くれぐれも無理はせず、危険なようであれば諦める勇気も必要です。

 

 

安全第一で。

 

 

良い週末を!!

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 21:33
  • -
  • スポンサードリンク