2019/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>





いやぁ〜昨晩は最高の気分でした。

 

 

我らが日本代表がコロンビアを撃破!!

 

 

 

 

得点した時と試合終了の時は大絶叫(笑)

 

 

あまりの熱狂ぶりに子供達に引かれましたがたがそんなのシカトです(笑)

 

 

そして直前のネットでの100%全敗とかもう観ないとか言っていた人達に『見たか!!諦めなければチャンスは巡ってくるのだ〜!!』という気分(笑)

 

 

確かに数的有利になったことが大きな要因ではありましたけど、そこも含めて試合でありワールドカップの怖さですからね。

 

 

全ての国が格上でまともに行けば可能性は低いのは事実ですがワールドカップは何が起こるかわかりませんし、シンプルな話内容はどうであれ勝ち点3をもぎ取れれば良い訳です。

 

 

GK川島選手と本田選手が安定感において少し不安な気がしますが、昨日の先発メンバーはちゃんと機能していたのでこのまま次戦セネガル戦にも勝利し決勝トーナメントの切符を手にして欲しいものです。

 

 

頑張れ!!日本代表!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とついつい熱くなりましたが(笑)

 

 

こちらは真っ青になった話。

 

 

月曜の定休日。

 

 

風もなさそうだしちょっとチェック事もあったので単独で先日と違った茨城方面へ行こうと気合を入れて朝早起きして向かうことに。

 

 

そしていつもの様に荷物と船を下ろし浮かべると『!!!!??』

 

 

水が漏れている…後部浮力体下のリベットからジワ〜っと多少染みてはいたもののそんなレベルではない。

 

 

一瞬何が起こったかわかりませんでしたがフロントの角の溶接部分から水がじゃじゃ漏れ。

 

 

多少なら常備しているダクトテープとかで応急処置をして釣りをしようと思いましたが向こう側が透ける亀裂に断念。

 

 

 

こう見るとそうでもなさそうなのですが実際はかなり重症。

 

 

あまりの亀裂に今度こそダメかなと半分思いつつも、四半世紀近く共にして来た相棒をこのまま廃船にしたくはありません。

 

 

蹴飛ばし引きづり、崖の様な斜面や獣道を上げ下ろしする…若くて無茶しまくったあの頃から共に釣りをし修理跡や凹みで傷だらけになりながらも僕の釣りを支えてくれた船をこのままにするのはあまりに忍びない。

 

 

そこでオールラウンドの方には既に超有名なご近所の『遊心』さん

 

 

 

 

遊心の松田さんは元々はレーサーで車関係の改造やレストアなどが本職だったのですが、自身がトーナメンターという事もありアルミボートのオーダーメイドカスタマイズや修理を始めハイクオリティーのバウデッキなども製作しているショップです。

 

 

とりあえず松田さんに電話を入れ症状を話すと『何となく分かりました。とりあえず今日大丈夫なので持って来てください』との事。

 

 

早速持って行くと『なるほど。削れて来ているし溶接だけだとまた同じ事になってしまうから溶接で板を当てて補強しつつ修理しましょう。大丈夫、まだまだ乗れるでしょう』との事。

 

 

 

本当に有難い…またフィールドで共に浮かべることが嬉しくてたまりません。

 

 

更にせっかくなのでトランサムの溶接取れも補強の上溶接をし完璧にしてもらう事にしました。

 

 

そして急ぎでやってくれて夕方には角の補強が終了。

 

 

補強もバッチリ。これで安心です。

 

 

僕にとっては初めて新艇で買って共に育って来た大切な大切な船。

 

 

MUNCH IT Vol.02にもコラムで書きましたが数々の補修跡や傷は僕と相棒との信頼の証です。

 

 

傷は一つ増えたけれど相棒との信頼関係が更に深まった気がします。

 

 

地獄から天国へ。

 

 

トランサム補強、ヒビ割れなどのアルミボートの修理はどこに相談していいかなかなか分からない方も多いと思います。

 

 

遊心さんはSlowtaperからすぐにありますので関東近県でアルミボートでお困りの方は一度ご相談してみてください。

 

 

ヒビ割れ、水漏れなどは放置しておくと確実に症状が悪化しますので早め早めの修理をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 18:51
  • -
  • スポンサードリンク