2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





蒸し蒸しする1日でしたね。

 

 

梅雨の時期の貴重な晴れ間ですけどいっそ曇ってくれた方が過ごしやすいかもしれません。

 

 

今日みたいな気温が高く湿度が高いと熱中症になりがちですから釣りに行く際はマメに水分補給をしたり途中で昼寝などの休憩を挟んだりしましょう。

 

 

さてそんな中、前回は北へ、今回は西へということで先日旅に出ました。

 

 

オフショアを思い切り我慢した分をバスへシフト。

 

 

今年ももうすぐテストロッドも上がってくるし地元房総、関東のフィールドは勿論、積極的にバスフィッシングの遠征にも行こうと思っています。

 

 

そんな西への旅。

 

 

 

今回も気心知れた中学サッカー部コンビ。お馴染みT所君

 

 

事前にアカシブランドの明石さん六度九分の行友君に聞いた所によると直下やベタ凪の時僅かにウィードがあるエリアがあるもののほぼ南湖全域で面まで生えてきていない状況。

 

 

その為岸を打ったり直下まで生えている沖のウィードを探したりしつつ釣ると言ういつもとはちょっと違った釣りでした。

 

 

とは言えそこは日本一バスが居る湖。

 

 

ちょっと予報がズレて前半はドピーカンでしたが、それでもれなりに反応してくれるのが凄いところといったところでしょうか。

 

 

今回はサイズは毎回掲げている目標には遠く届かないものの、釣り自体で言えばかなり得るものがあり結果以上に自分の中では有意義な旅でしたね。

 

 

底丸見えの超ドシャローから引き波と共にプラグを襲ってきたり、水面直下のエビモエリアからスウィいッシャーやポッパーで誘い出し、いきなり水面が割れるとかこうして書いている間にも思い浮かべてまた味わいたいなぁなんて思っています(笑)

 

 

普段の釣りが大事なのは勿論ですが、こうやって刺激と共に次の旅や普段の釣りにつながるイメージやアイデアが膨らみますからね。

 

 

そして今回も4時間だけ明石ガイドサービスにお世話になりました。

 

 

 

 

 

ウィードの成育が良さそうな所をバスボートによるランガンでチェック。

 

 

これをジョンでやっていたらとてもじゃないけど数時間どころか二日かけても回りきれませんからね(笑)

 

 

そして結構回って唯一ウィードが成育してなおかつベイトボールがリンクするエリアを見つけバスを手にすることが出来、尚且つ最終日の釣りも外さず楽しめました。

 

 

本当にこう言う時こそ色々回れるというメリットはとてつもなく大きいですからね。

 

 

そして夜には行友君も合流して焼鳥屋さんで皆で一杯。

 

 

 

 

 

今回も安定の楽しい西への旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな訳で最後にこれからの遠征シーズン、学問のすゝめならぬ明石ガイドサービスのすゝめの話でも。

 

 

この場で何回かお話しましたが琵琶湖の釣りを経験したことがない方であればまず一度ガイドしてもらうことを強くお勧めします。

 

 

というのも琵琶湖の釣り、特にこれからウィードが生えてくるにつれてメインとなる沖のウィードの釣りは日本広しと言えど琵琶湖にしか存在しません。

 

 

つまり中部や関西で琵琶湖に通うことのできる人達以外だとなかなか経験する事は出来ません。

 

 

例えば八郎潟のように基本的には岸際を流す普段の釣りであれば釣りの概念そのものが大きく変わる事はないのですが、琵琶湖の場合はそもそもが『琵琶湖のバスフィッシング』

 

 

僕の場合はライフベイトの小松さんやティートの徳親さん、そして明石ブランドの明石さんなど経験豊富な方々とご一緒させてもらうことによりそれぞれの釣りを吸収することによって単独で釣りができるようになりましたがそうでなければ琵琶湖の釣りを知るまでもっと時間がかかっていた事でしょう。

 

 

そして先に申し上げた通り関西や中部圏の方であれば通う事によって知って行くこともできますが、関東などからの遠征の場合はまた次という訳にも行きません。

 

 

そもそもウィードの釣りが限りなく少ない関東アングラーだとエビモやカナダモの区別も分からない場合だってありますしね。

 

 

そこを例えば初日明石ガイドサービスで琵琶湖の釣りを経験し明石さんにアドバイスをもらう事によって次の日をより有効に使えるというものです。

 

 

ガイドを利用するというのはその日に良い釣りをしたいというのも勿論ですが、実は次に繋がる知識を得るという事こそメリットが大きいと思うのです。

 

 

そして長い目で見てどちらが特なのか?何事もついつい目先の結果やかかる経費を重視しがちですが、その先を見据えた時にやはり急がば回れだと思うのです

 

 

明石さんも僕と同世代なので毎日は身体にキツイらしく以前のように積極的には募集していないらしいですがこれからのシーズン遠征を計画されている方は一度明石さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

琵琶湖…リザーバーの釣りに憧れ房総のリザーバーで育った自分はやっぱりリザーバーこそ最高でしょう!と思ったような時もありましたし、もう一つの遠征先の八郎潟に比べるとやや大雑把な釣りかなぁというイメージを持っていた時もありました。

 

 

でも今考えるとここの釣りの醍醐味というか面白さを何もわかってない青二才だったんですね。

 

 

 

素晴らしいフィールドがあれば毛嫌いせずまずは行ってみるべき。

 

 

そしてかじった程度で何もわからない内に決めつけてはいけないと言うことを改めて勉強させてもらったこのフィールドに感謝です。

 

 

 

 

 

 

それでは皆様良い週末を!!

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 23:15
  • -
  • スポンサードリンク