2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





今日は温かい一日ですね。

 

 

そして11月29日…いい肉…肉の日!

 

 

いつもの様に飯盒でお米を炊いたので家から持って来るのを忘れたおかずだけを買いに行こうとスーパーによるとやっぱり精肉コーナーは29キャンペーン(笑)

 

 

折角だから肉でも食べちゃおうかなぁ〜なんて思っていたら良く見ると実は普段よりグラムあたりの単価が普段より高いと言うマジック!

 

 

表示価格に対しグラム単価は小さく書いてあるので単純に安いと思いきや実はそこはなかなかスーパーさんもやり手です。加えて肉も普段の日は家庭で使い頃サイズがメインだけど大きめ肉の比率がかなり高い。

 

 

主婦かよ!という話ですが一人暮らしをかつてしていたりスーパーでちょくちょく買い物をするとそんなとこ見ちゃうんですよね(笑)

 

まぁだからどうとか言う訳じゃないんですけど、マジマジと食材を選んでいる主婦は日々家計をやりくりする為にこういう所をチャックしているんだろうなぁと思いましたね。

 

 

ちなみに私めの家内はそんな話をしたら『えっ?今更??』と申しておりました…

 

 

主婦恐るべし…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんなどうでもいい話は置いといて。

 

 

釣りの際のウェアのお話。

 

 

そろそろ水温も低くなり10℃前半から10℃を切って来る様になる時期に差し掛かって来ますね。

 

 

まぁ夏ともなればTシャツハーパンでもいいしそんなに寒くもなく水温も低くなければそこまで神経質になるのもつまらないとは思うのでそれぞれで良いと思うのですが、これからの時期はそうは行きません。

 

 

濡れたらそれは直接冷えの原因にもなりますし、落水などしたらそれこそ低体温症などに陥り非常に危険ですから(暖かい時ももちろん危険ですけどね)万が一の落水に対する細心の注意と万が一の事を考えた格好をしましょう。

 

 

落水は海が危険と思っている方も多いですが、単純に水温として考えれば淡水の方が遥かに水温が低く実は危険度は変わりません。関東界隈では海水温で10℃を下回る事はないものの淡水は厳冬期となれば水温は6℃とかになりますからね。

 

 

あのサウナの横にある冷たい水風呂で考えて頂けると早いと思うのですが、あれでも水温は15℃以上ある訳でそんな水温でも長時間浸かっていたらどうなるか?…と言う話です。

 

 

お洒落よりもまず万が一の時の自分の身体の安全が大事。

 

 

アウトドアの遊びで優先すべきはまずそこで、そこをおろそかにして格好ばっか気にするのは逆に格好悪いです。

 

 

基本的には新素材の保温速乾性のあるアンダーウェアーやフリース類、もしくはメリノウールなどの濡れても保温性がある程度維持されるウェアを着る事を心がけましょう。

 

 

原則冬場はコットン素材はNG、そしてできれば着替えも持って行く様にしましょう。

 

 

 

 

またこれから足下も冷えて来ますよね。

 

 

意外とここをおろそかにしている方が多いのですが足はとっても汗をかく部分。

 

 

脚の指と指の間の汗が冷えて来ますから脚の指ごとを覆えるウールの5本指のアンダーソックスなどを履き、その上にウールやパイルの厚手ソックスを重ね履きするのがベストです。

 

 

脚の指一本一本を覆う事によって指と指の間の汗による冷えを防ぎます。

 

 

ダーンタフのエクストラクッション¥3,240。ここ数年履いているのですが保温、耐久性もありいい感じです。ゴアがインナーに入ったブーツや普段のブーツ履きだとフルクッションが履きやすいかもしれません。そちらは¥2,916です。

 

 

そんな訳でこの商品↓を長きに渡り定番在庫しているのですが一度試して頂ければその快適性がすぐにお分かり頂けるかと思います。

 

 

メリノウールの5トゥーズソックス。¥1,620(サイズはMとL) 冬はこれがいい感じです。

 

 

 

またこのソックスのレイヤリングは冬期だけでな通常シーズンに履くブーツや特に通気性の無いニーブーツなどでも全く同じ事が言えますので同様にオススメです。

 

 

その際は5本指ソックスをウールではなく吸汗速乾性素材にするといいですよ。

 

 

 

ずっとこの場をご覧になっている方は定期的に書いているので既にご存知かと思いますが今一度水面の冬支度、衣替えのチェックをしてみて下さいね。

 

 

これから気温も水温も下がって行きますから濡れた時にも保温性が高く乾きが早い新素材やウールのアンダウェアーやミドルレイヤーを上手く取り入れて身体全体上手にレイヤリングをして行きましょう。

 

 

 

 

 

今年もウィンターブーツを引っ張り出しました。リハビリ頑張るぞ〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 20:58
  • -
  • スポンサードリンク