2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





はい。


以前にもお話し致しましたが、オフショアタックルを始めていて、現在外房ヒラマサゲームを主にキハダなどの近海のターゲットに絞って充実させたいと考えています。


特に外房ヒラマサに関しては自分でいうのはなんですが、釣り方や季節によるポイントの違い、現在の傾向などはある程度能書きを言えるくらい通って把握しているかと思いますし、リアルタイムな情報をお伝えできるのではないかと思いますので宜しくお願い致します。


ここをご覧の方多くはバスのトップウォーターフィッシングを楽しむ方だと思いますが、是非違う釣りにも目を向けて頂ければと思います。


僕はそれがスズキ、ヒラスズキ、ヒラマサやライギョだったりしますが、それは別にルアーフィングでなくともバスポンドの松井さんなどがやられているタナゴなどでも良いと思うんです。


いつも同じ釣り場で同じ面子だとどうしても釣りの鮮度って失われがちです。

もちろん毎週バスをやっていても楽しいのは当たり前なんですがそこに違った釣りを挟むと、また違った視点からバスの楽しさや素晴らしさが深く分かるというものです。


僕自身、海に行けば行く程バスを楽しみたくなりますし、逆にバスばかりしていると海に行きたくなります。


それにショアの釣りや内水面って限られた場所だったりしますがジギングやヒラマサのキャスティングゲームは皆でワイワイがやがやと一緒に行きやすいですし、実際最近はお客様と行く事が多くなっています。



まぁそんな訳で僕自身が愛用するロッドCB ONEのロッドからご紹介。




まず

◯HRM5116S

5ft11inch  DRAG MAX6kg  ¥45,257

ジギングロッドはできれば2本欲しいです。

当然いきなりは無理ですが、やっぱり予備や戦術などを考えると2タックルあると色々やれますし安心です。


この511Sはベテランに愛用者も多いですが、これから始める方など誰にでも超お勧めできる1本と言えるでしょう。

レングスも6ft以下の1本としては最も使い勝手の良い長さですし、張りも程よい感じで残してあるのでジグの操作性も抜群です。


この辺り、ロッドには好みがありますが、外房の場合はヒラマサの場合は深くて60mくらい。

たまにワラサ、サンパクと言ってブリのの3〜7前未里鬚里鬟劵薀泪気鯀世α阿冒世辰燭蠅垢訝屬の深場でも70mくらいと言った所でしょうか。

そうするとあまり柔らかいロッドはジグの操作性が悪く、かといって25m位の浅い所でキャスティングも交え斜め引きをする時はあまり張りが強すぎるとジグが跳ねちゃいやすいという欠点があります。

その為その落としどころが丁度いいロッドというのはどのポイント(根)に行っても使いやすいというのがあってまさにこの511Sはそのど真ん中にある1本と言えます。


ちなみにドラグMAXは6繊

まぁこれ位が標準ですかね。

今は小型が主流ですが秋も深まると5、6舛賄たり前、10祖兇┐盻淑射程圏内に入って来ますからまずはそこに対応できるタックルを持っておく必要があります。

とにかくスタンダードな1本ですね。


続いて

◯HRM666S

6ft6inch  DRAG MAX6kg  ¥46,285

こちらは6.6ftのスタンダードロッドですね。

基本的には張りのイメージは511Sに近くロッドの素材のイメージは511Sを参考にして頂ければ良いかと思うのですが、特に少し深い水深を釣ったり、横流しの釣りでラインが入り込む側で釣りをする場合はジグをしゃくるにはこの長さはもの凄く重宝します

ドラグMAXは511Sと同じ6

511Sとのコンビネーションで使うには正にベストな1本で、まず1本としてどちらを先にするかは好みかもしれませんね。


続いてHRM588S 

5ft8inch  DRAG MAX8kg  ¥53,485


こちらは完全に大マサと呼ばれる10祖兇┐鬚っちり止めて主導権握らせないロッドですね。

これから始める方であれば最初の1本ではなく、スタンダードなロッドを持っている上で秋や春の大マサ狙いでベストなロッドです。

ちょっと前のジギングロッドを考えると全く普通のパワーなのですが、ライトタックル化が進む現代のジギングではパワーロッドとしての扱いと言えるでしょう。


とは言え軽くアングラーの負担は少ないので強めのタックルでぐいぐい寄せるというのが好みの方はしっくり来るでしょうし、近海遠征などにはこのくらいのロッドが1本あるととっても重宝するでしょう。




と言う訳で人気のCB ONE HRMシリーズ。


ロッドに関してはメーカーさんもシーズンに合わせ作りはするものの魚が食い出すと考える事は皆同じで市場で品不足気味になります。

今から少しずつ揃えて秋にスタートと言うくらいの考えが丁度いいかもしれません


ちなみにジギングで言えば近海のジギングでマッチングさせるリールはステラ8000番が標準

ラインは2.5〜3号、太くても4号位にとどめた方が良いのではないかと思います。




また、ただ今ジグや相模湾キハダマグロに抜群の実績を誇るオズマシリーズも在庫しています。




これからオフショアゲームをやってみたいと言う方、


是非!!




 

さすが梅雨ですね。湿気が凄くて不快指数が高いです。

 

そんな中本日久しぶり・・・といっても数日ぶりですがちょこっとバスに行ってきました。

 

先週の名古屋の敗戦から約一週間。地元で慰めてもらうはずが本日は何もなし(笑)

 

何だかんだ言ってここ一ヶ月間アップ君を含めグッドサイズで奇跡の連勝を続けてきていたんですが遂に運も尽き果てたんでしょうかね?

 

まぁ連勝というものはいつか止まるものですしいままで上出来だったんでしばらくは思い出だけで生きられそうです(笑)

 



さてそんな中、暑さ嫌いのSlowtaperが夕涼みがてらの遊びとして最近始めた釣りがあります。

 

それはクロダイ。

 

本当はヘチ釣りという釣り方が昔からやりたかったんですが沖堤にでも渡らないと意外にやる所が少ないのと時間的な問題からルアーのクロダイから始めることにしました。

 

このクロダイ。数年前からポッパーで釣ったりCDラパラに錘かませたプラグなんかで注目されていて房総でもアングラーが少しずつ増えているらしいのですが、Slowtaperが始めたのは武田栄さんが関西で爆釣している『ボンボン』というルアーで、言ったら鯛ラバの小さいような感じ。



 

しかも使い方はいたって簡単で投げて巻くだけという簡単かつ癒し系の釣り。

ルアーはこの手軽さが魅力の一つかもしれませんね。

 

まぁそんな事言って2時間×3回で一回の当たりと同行のN君がグッドサイズのスズキ殿一匹。一回の当たりは武田さん曰く『チヌでしょ!』という事なんですがまだ釣ってないから良く分かっていない感じ。

 

以前釣ったのはスズキの外道とポッパーでのミナミクロダイなんで当たりを取る釣りじゃ無かったものでとりあえずはボンボンで釣って当たりってどんなもんだか知りたいのが本音です。

 


そういう意味では
今の所幻の魚です(笑)

 


それでも地元ブッコミ釣りおじさん衆はボケジャコという餌で50僖ーバーをいい時は連発させているので結構いるのは間違いないないんですけどね・・・

 


どうせやるならと気合い入れて道具もそろえたし去年の惨敗ウナギ釣りの二の舞にならないようにとりあえず一枚を目標に頑張らないと(苦笑)

 



でもこれでヒラスズキが終わったシーズンの釣り物ローテーションは完璧!!

バス、スズキ、クロダイ、時々ナマズと暑さ嫌いでモチベーションが下がる梅雨明けも今年は楽しくなりそうです。

 

 

 


昨晩スズキ2時間偵察に行ってきて全ゾリしたものの、心なしか香ってきた金木犀の香りにちょっぴりハッピーになったSlowtaperです。

もうそんな時期ですもんね。

Slowtaperが好きなゲームフィッシュ達が全て良くなる時期。

ある意味幸せな悩み。

さて、そんな幸せな悩みの種の一つスズキ殿。

本日はタックルの紹介。

以前もこの場で書いたような気がするんですがいつ書いたか探すのが面倒くさいのでまた書きます(笑)

おいおい、お前バスショップだろ?とお思いのあなた!(笑)

ご安心を。

来週は急きょ亀山君釣行が決まったので数日後にはバスネタです。

ビッグサイズには気持ち早いですが冬の連敗予想を前に癒されてくる予定です(笑)


と言う訳で僕らが楽しんでいるスズキ釣り。
 

続きを読む >>