2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





今日は久しぶりの晴れでしたね。

こう日差しが少なかった日が続くと太陽ってやっぱり有難いなって思います。

おかげで今まで飛ばなかったあいつが一気に飛びまくってある意味最悪な一日でしたけどね(苦笑)

さて、そんな中スローテーパーズセレクト。

やろうと思った時にアップしないと次がいつになるか分かりませんからね(笑)


さて今回はモンベルのダイナアクションパーカー。



でも残念ながらこのモデルは廃番です・・・

続きを読む >>


セレクト。これと言ってネタもないので(笑)

寒いですね。グローブがないと冷たくて釣りどころじゃありません。

と言う訳で昔ながらの『フォックスリバーフィンガレスグローブ』。




続きを読む >>


もういっちょセレクト。

スナップオンの精密ドライバーセットとスパナ。



まぁぶっちゃけこいつはブランドで買いました(笑)

バイクのメカニックをやっていた友人の絶対のお勧めもあったし間違いはないだろうなと。

でもね、今は買って良かったと本当に思っています。


そもそもきっかけはアンバサダーのメンテナンスとプラグのフック交換。

それまでの僕はホームセンターなんかで売っている精密ドライバーを使っていたのですが、精密となると柄も精密にしなきゃいけないの?ってぐらい細くて使いづらかったのと肝心の工具としての精度や耐久性にかなりの不満があったんです。

マイナスは先端が曲がっちゃうし、プラスは先端の+部分がきっちりしてないからネジ山が潰れちゃうし、挙句の果てには樹脂製の柄のものは樹脂が割れたり・・・・

そんなに高いものじゃなかったし、ある意味ダメになるの前提で使っていた部分もあるのですが、でもそれは自分の性分に合わないしやっぱり道具も生涯とまでは言えないかもしれないけど長く付き合える物にしようと考えてこいつに決めました。

値段ははっきり覚えてないけど確かセットで¥7、8,000ぐらいだったと思います。

購入し使い始めてかなり経つけど今の所は問題なし。

結局長い目で見れば安くはないけど高くもない。

当り前の機能が快適に使えるというのは当たり前だけど素晴らしい。

考え方は人それぞれだと思うけど面倒なメンテナンスが楽しくなる工具っていうのも悪くないもんです。



明日展示会でお休みをいただくので・・・と言う訳ではないんですが久しぶりすぎるぐらい久し振りのセレクト。

今回は『goro』のトレッキングブーツ。



ちなみにモデル名は忘れました(笑)

こいつとの出会いは学生の時だからもう18年ぐらい前。

当時釣りと共に登山を本格的にやろうと思った時があって、たまたま山屋系の雑誌でオーダーメイドできるなんて書いてあって『ふぅ〜ん・・・覗いてみるか』なんて軽いノリで行ったのが購入のキッカケ。


もともとダナーライトやラッセルモカシンなんかは持ってたんだけど、どちらかと言うと街履きメインだったしハイキングとかバックパッキング的ノリ。

今まで登った日光の山々だけじゃなくもっと高い山も登りたいなというのもあったものだからちょっとゴツめな『岩なんかに当たっても大丈夫だぜ!!』なんて言うのを探していたんですよね。

でも輸入物は高かったし、それを自分自身半ば格好?ブランド買い?しつつも今でもありがちな『海外ブランド=お洒落』『海外ブランド=いい物』的な流れ(もちろんいい物も多数あるけど)に単純に乗っかるのが疑問だったというのもあったから、どちらでもいいから価格に対して物で納得できる所にしようと決めた訳。

まぁその割に最初は軽いノリで行ったんですけどね(笑)

確か巣鴨?大塚?(もう随分前で忘れました)あたりだったと思うけど、店内に入ると眼鏡のちょっと頑固でうるさそうだけど職人気質がやたら伝わってくるオジサンが時に辛口に、でも親切に色々話をしてくれて、広くはなく色々なモデルが目白押しって言う感じではないけど、これが家の自信作みたいな雰囲気が若かりし僕の心のど真ん中に来て結局その日でゴローで作ることに決めちゃった(笑)

そして作るモデルを決めて足を採寸して完成待ち。

生まれて初めてのオーダーというものにちょっとだけ大人になったような気がして完成が待ち遠しかったけ。

で、完成。

『おおおおおぉぉっ!!』

なんか今まで履いている靴よりも全然ごつくて格好いいし、登山靴って感じで履き心地もいい!厚手のウールのソックスを履いた時に少しだけゆとりがあって・・・

部屋の床を歩きまわったのを思い出すなぁ。

今にして思えばオーダーで『俺仕様』なんで当然なんですが(笑)


でも。

結局この靴を2000mを超える山をのぼるという本来の目的で使う事はなく、オジサンにしてみればきっと宝の持ち腐れ的な使い方であろう釣り目的でのトレッキングぐらいでしか使う事はありませんでした。

やっぱり釣りと一緒には無理だったし、かと言って釣りを超える趣味にはなり得なかったみたい(苦笑)


そして履かなくなって久しい現在。

再び冬のバスで登場。

10年ほど前から夜のスズキゲームで使っていたソレルのカリブーがそこまで必要な寒さにならなくなってきた事(そろそろ寿命と言うのもあるけど・・・)で超極寒以外で履くブーツとして再び日の目を見る事に。

革に防水ワックスをたっぷり擦り込んでいるから革の癖に防水はほぼ完ぺきだしニーブーツのような結露もおきづらい。

先日年明け9日の取材の時にも履いてたけど極寒氷雨の時でも問題なし。

今は軽くて素晴らしいブーツがたくさんあるんだろうけど、これからまたこいつと長い付き合いをして行こうと思う今日この頃。



先日の高滝で活躍。

渋いでしょ?カパーヘッドジャンパー。



これね、僕世代でガキの頃からやってる方なら絶対分かると思うし稲見大先生ならもう頭ガン振りしてうなずいてると思うんだけど、それはそれはもう憧れのプラグだったわけですよ。

スーパーストライカーにフルーガー2600付けてルアーはこいつの王道セット。

現JGFAの若林さんなんかが使っている写真なんかがあってさ。

当時のカタログなんて持ってないから分からないけど確か¥6,800のような気がする。

そりゃあ25年以上前で¥6,800じゃ普通買えないわな(笑)

で大人になってから大人買い。

サンスイなんかに行ってフック側に腹の革が綺麗に出てる奴を選んで買ったっけ(笑)

普通の塗装のはお世辞には綺麗とは言えない(でもそうじゃなかったらギルモアじゃないんだけど)けどカパーヘッドジャンパーはヘビの皮の鱗も結構小さいし綺麗だと思う。

で、この前使ったけどもう恐ろしく不器用。

というか塗装と同じでそれがこいつの素晴らしい所だと思う。

不器用だけどまっすぐな奴って言うかとにかく僕は大好き。

細かい事や小技なんていらないんだよね。

首なんか気安く振んないぜ!!ってか振る必要あんのかよ?みなたいな(笑)

先日呼ばれるように久々に使ったんだけどやっぱりギルモアはギルモアだったなぁ。

残念ながら生産中止って訳じゃないけどスミスさんで在庫なし&再入荷未定。

やっぱ流行らないのかな??

でもね、こいつは永遠の定番だしSlowtaperにとって外せないプラグです。