2019/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





久しぶりのブログ更新…ご無沙汰してすみませんでした。

 

 

改元があったGWも終わり世間はまた日常へ。

 

 

私目は一切関係ないのですが10連休だった方は休み疲れが残っていたり休みボケを元どおりにしたりと大変なんだろうなとついつい想像してしまいます。

 

 

Slowtaperはというとゴールデンウィークは2日程忙しい日があり後は意外と暇でまったりと言った感じが多いのですが、今年は嬉しい方向で想像が外れおかげさまでご来店も多く忙しくも楽しい日々を過ごさせて頂きました。

 

 

GW中ご来店くださったお客様には改めて厚く御礼申し上げます。

 

 

また準備が出来次第通販分のルアーなどをアップしていく予定ですのでご来店できなかったお客様は今しばらくお待ちください。

 

 

 

 

そして房総は田植えも終わり完全に代掻きの影響を受ける季節は終わりました。

 

 

植えるのが遅めの田んぼも田植え終了。長かった代掻きともおさらばです。

 

 

薄紫の藤の花も満開からピークを過ぎ蕨や孟宗竹の筍もほぼ終了。

 

 

食べるにはこんなに要らないのですが竹林の間引きも兼ねているので掘りまくりました(笑)

 

 

竹林は実はノリヤスの実家(笑)ちなみに金沢に単身赴任中。酒と金と女には気をつけろと親父に言われるノリヤスって…ww

 

 

筍はまだ顔を出してそんなに伸びていないものの方が柔らかくて美味しいです。まあ大きいの歯ごたえもまた美味しいんですけどね(笑)

 

 

淡竹の筍へと向かうと完全に初夏の装いとなります。

 

 

フィールドの心配も当面は大雨などの自然現象のみと言って良いでしょう。

 

 

そしてバスはと言うと例年通りグッドサイズはアフタースポーンと言われる様な状態。

 

 

これからもう少しすれば産卵で体力を消耗したバスも徐々に回復をして一年で最も良いシーズンへと突入しますので今後が本当に楽しみですよね。

 

 

そんな事もあって例年この時期は様子をみつつもバスを小休止する時期でもあります。

 

 

そこで先日のお休みはGW中釣果が増え始めベストシーズンを迎えつつあるクロダイのヘチ釣りに五井沖堤防に行ってきました。

 

 

ここは水深もあり魚も大型で強く引く事で有名なフィールドで水温があがりイガイの稚貝が付着し始めると一気にクロダイが差してきます。

 

 

そして何と言ってもこれからは『棚釣り』と呼ばれるイガイの層を狙った浅棚のテンポの良い釣りができる最高の釣りができるんです。

 

 

これがクロダイの大好物のイガイ。カラス貝ともいいます。これが着き始めるとベストシーズン突入です。

 

 

昨日は前日の深夜まで及ぶ家族サービスの疲労で朝は断念し夕方便の14時出船18時お迎えの短時間勝負。

 

 

午前から乗っているクロダイ師の方々に挨拶がてらお話を聞くと想像に反して朝はあたりが少なく非常に厳しい状況との事ですが、この釣りは夕方いきなり上向きになる事もあるので頑張って釣り続けます。

 

 

すると潮が上げてきてそろそろ当たってくれないかなぁという時間に差し掛かったところで通称止め当たりと言うラインがふっと止まる当たり!

 

 

すかさず合わせると重量感のある引きとともに下へ下へと突っ込みます。

 

 

高性能のルアータックルではあっという間に勝負がついてしまうクロダイもヘチのタックルでかけると別物。引きを十分に楽しんで玉網におさまった令和ヘチ第一号のクロダイは47僂離哀奪疋汽ぅ此

 

 

コンディション抜群。やってみて驚きましたがヘチタックルで掛けるとやり取りの楽しさがルアータックルとは別世界です。

 

 

その後も2つバラシと掛け損ねがあったものの37、47を追加と短時間の割には大満足の釣行でした。

 

 

この釣りはバスに良くない風が吹いた時が良かったり、ドピーカンでも普通に当たったりするのでバスとベストシーズンが同じでも十分に楽しめるのが良いところ。もちろんダブルヘッダーなんていうのも出来ますしね。

 

 

バスとともにこれからのベストシーズンが楽しみで仕方ありません。

 

 

難しいと言われていますが一方では当たりもあり手軽に楽しめ色々試せる釣りだ思いますので興味がある方は是非チャレンジしてみてください。

 

 

 

 

 

 


ゴールデンウィークも数日が過ぎ、明日から五月。

 

 

という事であと数時間で平成も終わりですね。

 

 

平成から令話へ、平成最後令和最初…世間ではだからどうなの?と言う方も感慨深く意識する方もたくさんいらっしゃると思いますが、個人的には生きている上で、しかもしっかり覚えている年齢で元号が変わると言うのはそうそうない事ですし、せっかくなので自身の記憶に留めておくためにもちょっと意識はしている感じです。

 

 

例えば釣りなど特にそう。

 

 

初バスは今でもはっきり覚えているけど、残念ながら僕が平成最初に釣ったルアーなんて多分ワームだからさっぱり覚えてない…(苦笑)

 

 

だけど先日釣った平成最後のバスやどこかで釣るであろう令和最初のバスはこの世間の一連の流れ同様あの時どこでなんのプラグで釣ったんだよなぁ…なんて間違いなくこの釣りを終えるまで覚えていると思うんですよね。

 

 

そしてそれって先日お話をした阿武川ダムもそうだし八郎潟や池原、七色、関東のフィールドなどもそうなのですが、振り返って『ああ、あの時こんなプラグでこんな風に釣れたっけなぁ』とフィールドや魚達の記憶を思い出せるのって実は幸せな事だし、これから先もそんな思い出を更新し続けられるのであればそれはもっと幸せな事だと思うんです。

 

 

だからそんな事もあってせっかくだし世間のイベント的雰囲気に乗っかろうかなと(笑)

 

 

今の通過点の記憶が長い年月を経てばその時気付けなかった素晴らしい思い出になっていくかもしれませんからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中話は変わって入荷商品もいくつかございます。

 

 

連休前にティートさんの新作と六度九分のサーフェスマーマーが入荷していますが、ゴールデンウィーク期間中は店頭販売とさせて頂き通販がご用意できる場合は追って告知をさせて頂きますので少しお待ちくださいます様宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またその他に関しましても是非御来店の上ご覧いただければと思いますので宜しくお願い致します。

 

 

それでは本日は短めで失礼致します。

 

 

 

皆様引き続き良い休日を!

 

 

 


いよいよ明日からゴールデンウィークに入りますね。

 

 

長い方だと10連休という大型を超えて超大型連休ですが、最近交通事故などのニュースが続いていますし期間中道路は混雑しますから是非運転にはお気をつけの上楽しい休日をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中、先日おそらく平成最後になるであろう房総バスを釣ってきました。

 

 

 

 

残念ながらBalsa50オリジナルにモコっとバイトしたグッドサイズは針ハズレしてしまいましたが、それでもコンディションもいいこのバスが元気よく飛びかかってくれたので何とか救われました(笑)

 

 

平成の締めは房総フィールドで自分のルーツであるBalsa50か自分が関わった別注モデルを使って釣りたかったのでそこも良かったかなと思います。

 

 

平成も終わり令和へ。

 

 

令和はもちろんですがその先もずっと僕たちが愛してやまないバスが住み続けられる環境、そして釣りができる環境である事を願わずに入られません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそんな改元があるゴールデンウィークに釣行を予定している方へ現在の房総フィールドの状況を申し上げると代掻きなどはようやく終わりどのフィールドも大丈夫と言った感じです。

 

 

釣りをしたりしなかったりで各フィールド、河川系を中心に小場所、大場所とも実際に見てきましたがまだ通常よりは濁ってはいるものの釣りには影響はなく、気分的にやる気が起きないという事もありません。

 

 

ただフィールド問わずアフターのバスがすでに出ている感じで実際に針ハズレしたバスも産卵を終えたような感じでした。

 

 

全てのバスが同じ状況という訳でもないですが今後少しの間は掛かっても針ハズレしやすかったりバイト自体が地味なものだったりということがありそうですね。

 

 

また釣りとは直接関係ありませんが房総全体が観光で車が多くなりますのでフィールドを移動する時はいつもより余裕を見た方が無難かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で本日は短めに。

 

 

ゴールデンウィークの営業に関しては先日お知らせした通りとなり、28日の閉店が19時なのと定休の月曜日29日が休みではなく営業という所以外は通常営業です。

 

 

是非ご来店くださいます様宜しくお願い致します。


お知らせです。

 

 

明日23日(火)は開店時間を14時、26日(金)は開店時間を16時とさせていただきます。

 

 

ご迷惑をおかけ致しますがお間違えのない様宜しくお願い致します。

 

 

そしてゴールデンウィーク期間中の営業は下に記させて頂きます通りとなります。

 

 

4月28日19時閉店

 

 

4月29日20時閉店

 

 

5月1日〜4日通常営業21時閉店

 

 

5月5日20時閉店

 

 

5月6日店休

 

 

28日の閉店時間と29日の月曜定休を日曜祝日営業で営業するという所以外は特に変わりありません。

 

 

GW期間中お近くにお越しの際は是非足を運んでいただけると幸甚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてお知らせから入りましたが昨日のお休みは霞ヶ浦方面へと釣りに出かけました。

 

 

前回の沼は数時間しかできませんでしたが今回は気合を入れて1日フルのつもりです。

 

 

朝フィールドに到着するとまさに無風ベタ凪で絶好の朝マズメ!

 

 

毎回こんな朝ならいいのにという実に気持ちの良い凪具合です。

 

 

そんな中唯一気になるのは田んぼに水を使う時期になったせいかちょっと減水気味な事位ですかね。

 

 

写真だとわかりづらいかもしれませんが水に浸かっていた根の部分が出ていて20兌絨未慮鎖紊任靴腓Δ。

 

 

葦はどんどん伸びていますね

 

 

正直ダムの20僂箸なら全くもって気にしないのですが、葦フィールドって元々が浅いのでそれが春や秋などは割と大きいんですよね。

 

 

まぁとは言え雰囲気は抜群でやる気満々ですからいつも以上に丁寧に打ちましたがスライドペンシル110Sにワンバイトあっただけで終了…

 

 

魚体は見えませんでしたがなかなか良さそうなサイズだっただけに残念至極(涙)

 

 

そして別フィールドで浮いていた中学同級生にしてサッカー部のチームメイトT、お馴染みT所君と合流。

 

 

 

 

そうそう、話は逸れますがT所君と自分がクラスメイトという衝撃の事実が判明。

 

 

同じ部活で仲良く毎日一緒だったにも関わらず自分もT所君もすっかり忘れていたという…(笑)

 

 

更に『〇〇君も俺らと一緒だったみたいなんだよね』『えーっ!?そうだったっけ??』みたいに二人とも忘れまくってました。

 

 

まぁそんなどうでもいい話は置いて話を戻して。

 

 

沼に浮いたT所君が何もなかったということなのでとりあえず霞方面で合流して手堅く(と言う程手堅くもないけど)午後から流入河川の新利根川に行くかという話で決定。

 

 

昼飯を食べ、草むらにマットを敷いて夕方タイムまで寝たのですが暑さで目がさめるくらいの気温で夕まずめはいいかもしれないなぁなんて思っていると…

 

 

15時に目がさめるとなかなかの風(涙)

 

 

予報では夕方にかけ弱まるのでそれに期待して船を出しますが弱まるどころかますます強くなる感じです。しかも川沿いに吹く東風なので何方の岸も風を避けられず挙げ句の果てにはコントロール不能。

 

 

この時はまだ良かったんですが更にビュービュー…しかもこんな格好してるけどかなり風が冷たい(笑)

 

 

こりゃもうダメだね…と夕まずめを待たず上がりました(号泣)

 

 

うーん…無念です。

 

 

それにしても最近T所君を甘やかさず日々の釣りを一人でちゃんと釣りができる様にさせているのですが、シーズン中はコンスタントに釣果を重ねてキャリアとともに着実に成長しております。

 

 

おそらく家のお客様どなたと乗ってもご迷惑はかけないレベルにまで上達しているかとは思いますしキャリアを考えると素晴らしいの一言に尽きますね。

 

 

ただし!そこは私め、同級生故チェック厳しめであまやかしません。

 

 

想像した通り確実にキャストフォームが乱れてますね(笑)

 

 

私目が横目でチラチラ見てるのはわかっているので本人おそらくそれなりに意識しているのですがあれだけ綺麗だったリストダウンが開いたままになっていました。更に自分とやるからとナイロンに戻してやっていたのですが案の定わかりやすくボロが出る感じ。

 

 

このままだと悪い癖がついてしまうのでその前に今年の旅や一緒に行く時に徐々に修正をかけていこうと思います(笑)

 

 

さて霞方面も代掻きが入り始めましたかね。

 

 

新利根もまあまあ上まで見ましたが上流に行くほど濁りはキツくなる感じで途中の水門からはフレッシュな代掻き水が注ぎ込まれている感じです。

 

 

そしてここがそうということはおそらく例年通り霞ヶ浦の流入河川や水路、小貝川などもそんな感じになるかとは思います。

 

 

おそらくGW中は更に濁りが強くなると思うので期間中釣行を予定されている方はご参考まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つ釣りのお話。

 

 

少し前アカシブランド の明石さんから一枚の写真が送られてきて絶句。

 

 

こうなった以上もうお話ししてもいいとは思うのですが、山口県の阿武川ダムの林道が閉鎖となり事実上釣りができなくなることが決定しました。

 

 

ここはダム建設時に村が沈んでいて(減衰すると石垣などその痕跡が露出します)望郷岬という切ない名前の岬が唯一スロープ状になっていてそこからエントリーしていたのですがその岬に入る林道が閉鎖、立ち入り禁止となった為、ダム自体はまだ釣り禁止ではないものの事実上ボートフィッシングは出来なくなることが決定しました。

 

 

このフィールドは自分の中では聖地の一つ。

 

 

自分自身が免許を取り釣りに行ける様になった頃は社長(則さん)が紹介しかつて聖地と言われた様なよく釣れる池原ダム、七色ダムは既になく、後にも先にも僕がリザバーで全盛期を経験した唯一のダムかもしれません。

 

 

前職スポーツザウルス時代から取材やプライベートでも足を運び、毎回九州の友人達とバンガローで自炊をして楽しい食事をしたり、満水時にできる島に上陸して皆で作ったサンドウィッチでランチをしたり釣りをしたり、今でも鮮明に思い出せる生涯色褪せることのない良い思い出です。

 

 

春の満水期。梅雨時とは全く違った表情を見せ冠水した樹木や柳がとても素晴らしい雰囲気を作っていました。

 

 

減水期。満水期とはまるで違う岩盤とガレ場、立そして立木群が現れます。

 

 

 

 

 

釣果的にも僕は比較的相性が良く、リスクを覚悟で行った春のDVDの撮影以外には数的にもサイズ的にも良い思い出しかなく、ダーターを投げ通し一発ランカーを狙う釣りに傾倒していくきっかけになったのもこの阿武川ダムからでした。

 

 

そんな阿武川ダムでしたがエンジンが使用禁止となりそれ以来足を運ばなくなりました。

 

 

山口や広島、または福岡に住んでいるならばそれでも通ったとは思うのですが、関東から、しかもあの規模のダムや風景やスケール感を存分に味わい楽しむことを考えるとエンジンは必須だったからです。

 

 

しかしその後もトップウォーターアングラー、オールラウンダー共に禁止されているエンジンを使用する心無い人間が後をたたず、また減水してぬかるんだスロープで車が頻繁にスタックするなどが重なり今回の悲しい結果になってしまった様です。

 

 

そのままだったらせめてエンジンなしではあるけれど釣りはできたはずなのに…自分たちで自分たちの首を絞めるとはまさにそんな結果になってしまうとは。

 

 

その事を同世代でやはり阿武川ダムを好きだった明石さんがブログでもこんな形で紹介しています。

 

 

房総でも釣り禁止のダムや野池の釣り禁止フィールドで釣りをする人が後を絶ちませんし冬から早春などフィールドが限られる時期にその傾向は特に高まる気がしますね。

 

 

ダムは全てレンタルなのでば釣り禁止での釣果というのは逆に浮き彫りになって分かってしまうんですけどね…

 

 

正直釣り禁フィールドに行っている人にとってはうざったい話ですし、それを抜かしてもこんな仕事してるとネガティブな話を書きたくもないし目を瞑ってスルーした方がいいんです。それでも釣り場がこれ以上なくなるのが嫌だからこうやって書くという事をどうか察して下さい…って思います(苦笑)

 

 

そして何が言いたいかというと今日釣りができる当たり前は明日の当たり前ではないよという事です。

 

 

捕まらないから大丈夫、怒られないから大丈夫の先の悲しい結末というのを阿武川ダムは示してくれた様な気はしますね。

 

 

元々釣り自体には理解があった方だと思いますし、遊覧船のスロープを解放する可能性もある様なので通える方々のためにも良い方向に向かってくれることを願ってやみません。

 

 

思い出のフィールド阿武川ダム。

 

 

もし死ぬときに走馬灯の様に自分の思い出深いフィールドを思い出すとしたら確実にここでの釣りを思い出す事でしょう。

 

 

良い思い出しかない阿武川ダムに心からお礼を言いたいです。

 

 

 

 

 


また起きてしまった…という表現をしなければいけないのかもしれませんが池袋で起きた事故は2名がなくなるという最悪の状況になってしまいましたね。

 

 

亡くなった方が3歳と31歳の母子って…もう悲しすぎて言葉が出ません。

 

 

そして事故を起こした車の運転手は87歳。ブレーキとの踏み間違えではなく、アクセルが戻らなかったと言っている様ですが普通で考えたらアクセルを話さず踏み続けていることすら分からなかったのでしょうね。

 

 

これって何とかならないもんですかね…流石にご家族もこの年齢だと免許返納とか強くすすめたとは思うんですが本人を説得するのが難しかったんですかね?

 

 

田舎だとそれこそ車がないと何もできない地域は確実に存在するし、行政に期待しても東京の様にお金がある訳ではないから現実問題難しい。でも都内だったら電車は田舎なら普通に歩く距離感覚に駅があるしバスもある。返納してもどこにも行けないという事はないんじゃないか?と田舎者は思ってしまいます。

 

 

もちろん田舎だから高齢でも問題ないというわけではないのは言うまでもないですが。

 

 

しかしこうもAT車のアクセルとブレーキの踏み間違えが多いとなると高齢者は免許返納年齢の設定も含め車両も自動ブレーキ搭載車両か踏み間違えのないMT車を義務付けるとかしないとこの様な事故はなくならない気もします。

 

 

ただこれは決して人ごとではなく自分もある程度健康で生きるとすればこの問題にはぶち当たる訳で、釣りを趣味にしているとなおさら車がないのは考えられないですからね。

 

 

この様な事故が起きると本当に考えさせられてしまいます。僕ももちろんですが皆さんも安全運転で気をつけましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さてもやもやする気分を変えて。

 

 

ようやく車の運転席の窓が直り窓を開けて運転ができる様になりました。

 

 

窓が開くって素晴らしい!!(笑)

 

 

これから窓を全開にして運転する気持ち良さを味わえる季節の到来ですね。

 

 

 

 

 

そんな事もありドライブがてらもろもろフィールドを見て回りました。

 

 

それにしても今年は気のせい?代掻きが長引いている気がしますがどうなんでしょう?

 

 

市原だと結構水を入れていないところが多いですし、走りながら田んぼを見ても7割位は代掻きが終わっているのですがまだこれからの田んぼもあります。

 

 

そして水路は当たり前ですが回ったフィールドに関しても相変わらずのニゴニゴ。

 

 

月曜の未明に結構降ったせいかとも考えたけど4日もすればこんな感じにならない気がしますしあるフィールドは完全にそうじゃなかったのでやっぱり代掻きなのかなと。

 

 

釣れないということではないですが早くもとの普通の水色になって欲しいものです。

 

 

またGW前に見にいけたら行こうと思いますが早く状況が好転する事を期待したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に釣りの小ネタを2つ。

 

 

先日入荷案内をしましたプラッチックカポニータ、というよりも明石さんのインジェクション含め直付けブレードのプラグ全てを少しだけ弄ってあります。

 

 

とか言っても大げさなものでもなく、ただブレードを潰して平らにしているだけ(笑)

 

 

チュッパチャップも写真はノーマルですがこれ以外カップワッシャーを浅めのものにしてます

 

 

でもこれによりフレキシブルにテールブレードが動き結構調子がいいんです。

 

 

そして以前にもお話ししていますがカポネ、カポニータの場合は加えてテールのカップワッシャーを外し、よりプロップと干渉しやすくしています。

 

 

 

 

すでにお持ちの方で興味のある方は一度試してみてください。

 

 

また、ブレードを潰すのはもし万力があれば挟んで潰すのが力もいらず綺麗に潰せるのでお勧めですよ。

 

 

 

 

万力なんて持っていないよという方は店頭や通販でご購入の際にその旨お申し付けいただければその場で平らにしますので言ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つ。

 

 

PEラインはテンションをかけてしっかり巻かないといけません。

 

 

特にソルトウォーターのビッグゲームなどは10キロ以上の高負荷をかけたりするのでしっかりテンションをかけて巻くのが常識となっています。

 

 

流石にバスはそこまでテンションをかけませんがそれでも均一にテンションをしっかりとかけて巻くことは必須です。

 

 

当店はラインを傷めずテンションをかけて巻くことができるヨツアミのIK500を常備しておりますのでご希望の際はお申し付けください。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにせめてラインは自分で巻きましょう、という事でライン巻きのサービスはございませんのでご了承ください(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは本日はこの辺で。

 

 

皆様、良い週末を!