2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>





強烈寒波到来。

 

 

最強などと言われる寒波はやっぱり毎年この時期です。

 

 

お陰で房総でも今日は晴れなのに最高気温7度の予報。

 

 

日本海側では大雪で大変な事になっていますし全国的に荒れるか寒いかのどちらかですがどうやらこの週末までは居座りそうですね

 

 

2月上旬頃までは1年で最も水温も低く厳しい時期…

 

 

それだけにサイズ問わず釣れれば嬉しさ満点の特別な時期と言えますから全ての皆様にとは言いませんがガッツのある方は挑戦してみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、中年なのでもうガッツはそれ程でもないですが先日初釣りに言って来ました(笑)

 

 

折角レンタルしたのに勿体ないけど数時間釣りをして軽く山に入ってから戻ってお仕事。

 

 

そして結果はというと…

 

 

 

毎年初釣りは『もしや?』を期待して『やっぱり…』の言い訳で“始球式は空振りするもの”と言う事にしているのですが今年もそんな感じ(笑)

 

 

初釣りらしく大好きなプラグのおめでたい紅白カラーをメインに挑んだのですが1バラシ。

 

 

 

 

正直もしや?どころか始球式にあわよくば空気読まずにホームラン打とうと思ってましたよ(笑)まぁここら辺も自分らしいです…

 

 

 

一瞬掛かったんですけどね…首を左右に振ってグッバイ。

 

 

戻って行く姿はスローモーション画を観ているような感じだったなぁ…

 

 

それでも救いは推定40チョイチョイだったと言う事。これがグッドサイズなら夜は暫く慰め酒む羽目になっていましたね(笑)

 

 

強風だったものでポコンポコンとポッピングした後、風で押されて船が近づいているのを直そうとして時に出ちゃったのとのがついてなかったです。

 

 

推察するに合わせの段階でラインスラックが完全に取りきれずきちんと針掛かりできていなかったんでしょうね。

 

 

これが風で船が離れる感じだったら多少は違っていたかもしれなかったんですが…まぁバレる時なんてそんなもんです。

 

 

この時期折角掛かったので残念ではありますがバレる時は何をやってもバレるからと心に言い聞かせてフィールドを後にしました。

 

 

2018年初バス、早めに釣りたいのはもちろんですがここ最近は特にいつまでとかのこだわりはないのでやっていればいつかは釣れるでしょう(笑)

 

 

次回は山は無しにして丸一日色々なプラグを織り交ぜつつ楽しもうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして山に。

 

 

山と言っても房総の里山?雑木林?だけど(笑)

 

 

何だかんだで今期の猟期は間に合わないので実際に狩猟をするのは来期からになるとは思うのですが少しでも地形や見回りの移動の時間を把握したり獣道を探しておくのは必要ですからね。

 

 

それに雨が降った後数日は土も湿っているので自分の様な素人が獣道や徘徊ルートを探すにはうってつけです。

 

 

本当は房総半島で最も被害の激しいエリアの一つでもある富山や三芳あたりに繰り出したいけど見回りなどを考えるとそれもしんどいので自宅から出発して所用時間が前回のエリアと同じ位で行ける別のエリアを調査してみました。

 

 

すると…鹿らしき痕跡はないのですがこの辺り一体もかなりの猪が生息している模様。

 

 

中には『こんなの絶対に掛かって欲しくないなぁ…』というようなビッグサイズの痕跡もありワイヤーを掛かり重視の4mmから安全重視の5mmにしておいて良かったとしみじみ(笑)

 

 

5mmワイヤー。これを土に長時間埋めたり樹の皮と煮て臭いを消してから使います。庭に穴掘ってワイヤー埋めて掘り返す…端から見たら変態ですね(苦笑)

 

 

これで2つのエリアが仮決定。

 

 

これに全く方角が違うエリアをこれからチェックして最終的に決定しようと思います。

 

 

何れにせよ寄り道で釣りに行ける方面ですけど(笑)

 

 

それにしても簡単に始められるのかなと思っていましたが実際にやろうと思うと狩猟に至るまでの手続きや保険の問題(賠償額3千万円以上の損害、共済保険に加入するか3千万円以上の支払い能力がある事を証明しなければ狩猟はできません。無論私めは後者のはずはなく保険でございます…)などが初めてだけに大変ですね。

 

 

猟友会に入ったりすれば教わったり手続きをしてくれたりするみたいで楽な様ですが僕は単独の罠猟なのでいざと言う時の鉄砲ヘルプのお話はしていますが個人でやるつもりなので全部自分でやらねばなりません。

 

 

今はまだ捕獲前の段階ですがこれがいざ捕獲となるとまた違った大変さがあるんでしょうね。

 

 

幸い馬鹿夫、馬鹿親父を長年見ているだけに『いいんじゃない?やれば?』と家族も理解がある方なので頑張りたいと思います。

 

 

でも『風呂場に猪とか鹿連れて来ないでね』と釘を刺されましたけど…

 

 

長い間漠然とやりたいと思っていた事を46歳にしてスタート(笑)

 

 

まぁ釣りと同じで何もかも初めてで分からない所から試行錯誤してやっていくのが楽しいです。

 

 

なかなかいないとは思いますがもし房総で罠猟に興味がある方は免許取得までは取得までの流れや金額的なものだけで良ければお話できるかと思うのでお店に来た時にでも言って下さいね(笑)

 

 


昨日、もしくは今日から仕事始めの方も多かった事ではないでしょうか?

 

 

Slowtaperも昨日が初営業で今日は二日目。

 

 

毎年の新年二日目の営業ともなると気持ちの面でも全く新年感はない普段通りの営業といった感じです(笑)

 

 

さてそんな中ご来店のお客様やSNSなどでも既に初釣りに行った方もりらほらいらっしゃる様子ですね。

 

 

例年年末年始は天気が安定して穏やかなものですが今年は北風が強い日があり体感温度は冷たかったですがそんななかでも釣りに出かけているのを見ると何だか嬉しくなります。

 

 

来週半ば過ぎあたりからまた最高気温が一桁の寒波が来る様で、その辺りからいよいよ1年で最も厳しい時期に突入しますがシーズンオフがないプラッガーは是非めげずに頑張りましょう!!

 

 

僕も来週は子供の成人式もあり釣りは自粛する可能性大ですがどこかで時間を見て始球式に行って来たいと思います(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな本日シーズンと言う事も有り個人的に良く聞かれる冬のトップウォーターの質問を私感でお話します。

 

 

 

同じ様な事を何回か話して居ると思いますがそこは御勘弁下さいね(笑)

 

 

 

1、冬はスローに動かすの?

 

 

この質問は冬のトップウォーターの質問の中でも最も多い質問ですね(笑)

 

 

これに関して釣り方などもあり一概に言えないですが、僕に関して言えば正直今は全くスローに動かしてはいません。

通常のシーズンと何ら変わらないと思いますし、むしろ速いかもしれませんね。

 

 

と言うのも水温が下がると食性よりも本能に訴えかける釣り、つまりリアクションを狙う釣りの方が自分のスタイルの中ではメリットが大きいからです。

 

 

冬は釣りをする時間が短くなりがちですし、スローにアクションさせて釣りをしているとその分探って行けるエリアも狭まってしまいます。

 

 

野池の様に狭いフィールドと違いある程度『魚を探す』という要素が必要になる規模のフィールドでは冬こそスローに探って行くよりある程度スピーディーに反応する魚を拾って行く方がメリットが多い気がするからです。

 

 

またリアクション狙いの方が一瞬スイッチが入ってバイトし易いのでバスの咥えて戻るスピードも速くなりがちでフックアップもし易くなります(と思っています)

 

 

というのも合わせはアングラーが引く力とバスが反転して持ち込む相反する力とスピードがある程フックアップし易くなる訳で一方が遅いと一方がその分のスピードを稼がなければ行けない訳です。

 

 

冬や早春はスローに動かすと特にその傾向が強くなりますからそう言った意味でも興奮させてある程度のスピードでバイトさせる為にもリアクションというのを意識しています。

 

 

ただ例外として昨今流行の浮力の低いプラグのただ巻きは有効であると思います。

 

 

個人的にはそう言った釣りはしないのですが通常の浮力のプラグでもただ巻きは有効ではありますし水面と言うよりは水面直下に非常に近いので完全に水面を割り切れないバスまで反応させられるという効果は高いと思います。

 

 

また常に巻いている状況でラインスラックは非常に少ないでスローでもフッキングさせ易いですしね。

 

 

 

 

 

2、朝夕マズメ時はいいんですか?

 

 

これはこの釣りを始めた時から断言していますがやはり朝夕のマズメ時は大事です。

 

 

オールラウンダーの中には水温が上がり始める時間帯が良いと言う方も多いですが、ことトップウォーターゲームに関して言えば冬でも朝夕のマズメ時はベイトが上ずりますし実際に実績も高いです。

 

 

個人的には水温は余程低くない限り安定さえしてしまえばベイトは当たり前として光量や気圧の方が大事と考えています。

 

 

人間もある程度の気温には体は慣れて行きますが光量だけは慣れないから夏でも冬でもサングラスはかけますよね?

 

 

もちろん魚は人間の眼の構造と同じではないですが似た様な事が言えるのではないかと思っています。

 

 

まぁそんな事ッ抜きにしてもどうせフィールドに行くのですから少し頑張って早起きして冬でも朝夕のマズメ時はしっかり集中して釣りをする事をおススメしますけどね(笑)

 

冬ならではの朝のピンと張りつめた空気感や靄がたちこめて幻想的な雰囲気のフィールドを味わうのもこの時期の釣りならではですし良いものですよ。

 

 

 

 

 

尚前途のお話は温排水や湧き水などにより気温は低くても実質冬の水温ではない特別な条件が備わったフィールドの場合は普通のシーズンと大きく変わらないと思うのでその範疇ではありません。

 

 

 

 

 

 

3、普段のフィールドでも出来るんですか?

 

 

これも聞かれるんですがごめんなさい…正直関東地方以外で厳冬期の釣りを継続的にした事がないので他の地域は良く分かりません。

 

とは言えSNSなどを見るといまや全国的に結果は出て居ると思いますし特定の地域を除けば成立することは間違いないと思います。

 

 

その上でまずフィールドのタイプとして個人的に全体的に浅いフィールドや流れの速い河川などは不向きの様な気がします。

 

 

一定の水深があり僕がゴニョゴニョと読んでいる複雑なブッシュなどによりバスがサスペンドし易い状況を生み出す条件が多いフィールドはバスのポジションが変わりづらく釣り易いと言えるでしょう。

 

 

水温に関しては高いに越した事はないですが極端に低くない限りは安定していればチャンスはある様に思います。

 

 

また他のシーズンよりも岸の傾斜角度なども重要になって来ます。垂直過ぎても余り良くないですし逆に緩やか過ぎてもダメ、言葉で表すのは難しいですがそこも参考にしてみてください。

 

 

そして何よりも当たり前ですが魚のストックが多い所を選ぶのも基本中の基本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょう?

 

 

まぁ今は能書き垂れる程厳冬期にバンバン釣っている訳でもないですがこれから挑戦してみようと言う方や既にやられている方はそれなりに参考にはなるのではないかと思いますで次回プラグの話などもしてみたいと思います

 

 

 

 

 

 

そうそうそれともう一つ。

 

 

この時期水温が一桁になり1年の中で最も釣りづらくなるシーズンですから一度や二度何もなかったからと言ってうなだれたり諦めたりしてはいけません(笑)

 

 

『折れない心』

 

 

オールシーズントップウォーターゲームに必要な事ですが特に冬はここが大事。

 

 

そして釣りに行かなければ100%魚は釣れません。

 

 

それぞれ冬の過ごし方はあるかと思いますがハイシーズンにはない大きな感動を味わいに釣りに出かけてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは皆様良い週末を!!

 

 

 


新年明けましておめでとうございます。

 

 

本年もSlowtaperを何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

本日より通常営業しております。

 

 

また新年初営業から多くのお客様にご来店頂き誠にありがとうございました。

 

 

明日からまた日々のお話や入荷などあればご紹介して行きたいと思いますので宜しくお願い致します。

 

 

 

 


本年のSlowtaperの営業も無事に終了させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

年末の営業という時期に続けて臨時休業が重なりご迷惑をおかけ致しました事をあらためて深くお詫びさせて頂きます。

 

 

 

新年Slowtaperの営業は4日からの営業となります。

 

 

2018年も変わらぬご愛顧賜ります様何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

 

皆様年末年始怪我や事故などないよう良い新年をお迎え下さい。

 


誠に申し訳ございませんが明日28日も臨時店休とさせて頂きます。

 

また29日は12:00〜18:00の営業とさせて頂きます。

 

重ね重ね皆様にご迷惑をおかけ致します事を深くお詫びするとともに御了承下さいます様何卒宜しく御願い致します。


誠に申し訳ございませんが明日28日も臨時店休とさせて頂きます。

 

また29日は12:00〜18:00の営業とさせて頂きます。

 

重ね重ね皆様にご迷惑をおかけ致します事を深くお詫びするとともに御了承下さいます様何卒宜しく御願い致します。


お知らせです。

 

急なご連絡になり大変ご迷惑をお掛け致しますが本日27日は臨時店休とさせて頂きます。

 

また、明日以降の年末の営業に関しましてはまた改めて告知させて頂きます。

 

誠に申し訳ございませんが何卒宜しくお願い致します。


クリスマスが終わると年末モード。

 

 

昨日スーパーに行きましたが蟹や酢蛸、数の子や蒲鉾の大量入荷など品揃えが完全に正月という感じになっていました(笑)

 

 

Slowtaperも今日を入れて後4日となりました。

 

 

今年もラストスパートですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな今年最後の定休日、ヒラスズキにしようか迷いどちらも準備をしていましたが朝起きて『やっぱりバスだろ!』心の故郷へ2017ラストのトップウォーターゲームへと出かけました。

 

 

ダム手前の山道でいきなり脇から出て来た雌鹿に人生初の衝突か!?(大マジです…)というニアミスがありつつも無事到着。

 

 

クリスマスだって言うのに釣り人が居ます。まぁ自分もだけど…

 

 

 

朝7時出船。

 

 

冬の房総ダムももう20年以上…それこそ何回来たか分からない程ですが来る度にドキドキする気持ちは変わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が死ぬ間際いくつかの素晴らしかった釣りの光景や思い出のフィールドを思い出すとすればきっと真っ先にこの光景が思い浮かぶ事でしょう。

 

 

かつての様に釣れなくなっても、レンタルフィールドになっても心の故郷達はやはり最高ですね。

 

 

目を瞑っても景色や地形はすぐに思い描けます。

 

 

釣りをしてもマッキーと始めて乗った時ここの岩盤で釣ったなぁとかここの流れ込みで野地君がヒロポンで釣ったなぁとか…

 

 

そんな気持ちに半ば満足しつつ釣りを続けていましたが遂に心の故郷からのクリスマスプレゼントを頂きました。

 

 

 

 

 

 

久しぶりにまずまずのサイズ、しかも年内ラストかもしれないバスなものだから結構ドキドキしましたね(笑)

 

 

ダーターSをゴニョゴニョでポコンポコンとポッピングさせてキックバックした瞬間モコッっとヒラを打ってバイトして来ました。

 

 

おまけにテールフック一本、トリプルじゃなかったらと考えると面倒くさがらずにマメにトリプル、ダブルと使い分けていて本当に良かったです。

 

 

サイズは47僉今年最後はダーターサイズのランカーです!ではない所がなんとなく自分らしいですね(笑)

 

 

それでも自分らしい釣り、自分の好きな釣りでコンディションの良いナイスサイズが釣れた事は心の底から嬉しいかったです。

 

 

そんなクリスマスプレゼントをくれた房総フィールド、そして心の故郷に感謝しつつ少し早めに上がる事としました。

 

 

 

年が明けて本当の冬のゲームに突入する頃、またここに新年の挨拶に来ようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は変わってこれ↓を始めました。

 

 

 

 

 

そう狩猟です。

 

 

自分の場合多くの方がイメージする鉄砲ではなく罠。

 

 

これが釣りと同じで嵌ります。

 

 

なんせ直径12臓弊虱佞郎Gから15臓砲領悗縫團鵐櫂ぅ鵐箸乃咾鮹紊せなければ行けないですから習性や行動パターンを把握して的確に罠をかける所を決めなければいけません。

 

 

そう、トップウォーターでバスを釣るのとまんま同じなんです(自分的にはw)

 

 

そんな事もあってかつてハンドメイドルアービルダーだった京都が『ムネさん罠やるんだったら猪凄いから家の周り掛けて下さいよ』と言われた物だからダムの帰り道途中だし顔を出す事に。

 

 

 

知る人ぞ知る『京都』鈴木兄弟(弟)

 

 

そこで待ち合わせで前回昼間に3頭も猪を見た付近の『◯◯のあたりに居るよ』と言ったらなんと『そこから約一分っすよ(笑)』マジか…

 

 

そして軽トラに乗って畑や周りの山に入ったらあるわあるわの猪の痕跡。

 

 

 

足跡

 

 

画像真ん中が獣道支線

 

 

猪に掘り起こされた跡

 

 

足跡、獣道本戦はもちろんそこからの支線の数、掘り起こした跡と半端ない数。

 

 

ここら辺はかなり猪被害があって相当な数の猪が居るとは思ってましたがまさかこれ程までに居るとは驚きです。

 

 

そんな訳でSlowtaper feat.京都で猪捕獲大作戦を決行しようと思います。

 

 

まぁ本格的には来年の猟期からになるとは思いますがどうせやるなら大真面目にやります。

 

 

そして出来ればおっことぬし様の様な巨大な雄の猪がかからない事を願います…(笑)

 

 

 

 


はい。

 

 

ワイルドダンサーから新作『スプレンドール』が入荷。¥8,100

 

 

 

上段左から 1、2、3、4、5、6、

下弾左から 8、9、10、11、12、13、14、15

 

 

 

細身ロングボディーにクリック音がなるプロップとスローリトリーブ対応のダブルスウィッシャーです。

 

 

 

とは言え若林さん曰く、ただ巻き専用ではないとの事なので釣る事を意識しつつもやっぱり楽しみたいと言う方にはうってつけのプラグかもしれませんね。

 

 

そして相変わらずカラー数が凄いです(笑)

 

 

ワイルドダンサーお得意のクラシカルなアメリカンテイストの雰囲気はやっぱり格好いいですし今そう言ったプラグが少ないので逆に際立って新鮮に見えてますね。

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

◯カラー:希望順がございましたらお書き下さい。

 

 


気が付いてみたら今年も残す所10日を切ってますね。

 

 

さてそんな中まずお知らせから。

 

 

差し上げられる訳ではないのでクリスマスプレゼントとは呼べないかもしれませんが…(笑)

 

 

明日より店頭で“TOPBRIDGE×Slowtaper HeadBang”別注モデル入りパックを販売致します。

 

 

 

税込み¥27,000

 

 

 

突然ですが…(笑)

 

 

ヘッドバンを初代から現在のモデルまでかれこれもう十数年使い続けていますが、現在の所自分の中ではこれが理想型というモデルになります。

 

 

そしてカラーも『実釣主義』というキーワードで塗られたシンプルかつザキらしいカラー。

 

 

 

僕は既に使っているのですが当たり前とは言え視認性も高くシンプルでありながら格好いいのでかなり気に入っています。

 

 

ボリュームもちろん損はさせない内容となって居るかと思いますのでご希望頂けるようであれば是非ご来店ください。

 

 

尚、誠に申し訳ございませんが通販に関しましては承れる際は改めてその旨の告知を致しますのでお問い合わせなどご容赦下さいます様宜しくお願い致します。

 

 

そんな訳でとり急ぎ第一弾の御案内でした。

 

 

年末年始、Slowtaperはまた今年も細々とのんびりとやりつつこんな感じでトップブリッジも含め諸々の企画を前振りなしで突然やろうかと目論んでいますので宜しければお付き合い下さい。

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて話は変わって冬らしく冷え込む日も増え始めた今日この頃ですが先日半日だけ亀山に行って来ました。

 

 

 

正直ここ最近ぽつりぽつり話を聞くお隣の片倉に行こうかとも考えたものの用事もあって結局亀山ダムのここへ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

寒いし簡単には釣れないけれど…こんな雰囲気が大好きです。

 

 

結果はと言うと何も無し…でのむらぼーとのパパの安定した滑らない話を聞いて笑い癒されて帰って来ました(笑)

 

 

しかしシャローはおろかディープ含めても最近全く釣れていないらしい亀山…

 

 

パパや友君を始め亀山の皆さんの間ではずっと続いている濁りがどうやら大きな原因の一つのようです。

 

 

なんでも上流の山側で大規模なソーラーシステムの造成をしているらしくその造成が始まってからと言うもの濁りが全く取れない状況が続いているらしいんですよね。

 

 

断定は出来ませんが他は全く変わっていないだけに可能性としては高いかもしれませんね。

 

 

粒子が細かい粘土質の土が流れ出てしまうからなんでしょうか?

 

 

確かにこの時期全く雨もなく、まして水温は低く透明度が上がっていないとおかしい状況なのに濁っています。

 

 

造成事業は3年程かかるらしいのでこのまままた大雨が降ったらまた濁るでしょうし、いくらトップウォーターには有利ではあると言っても常に濁ってしまうとまた話は変わって来ますよね。

 

 

亀山ダムも房総リザーバーの一角としてそのポテンシャルをかつての様に見せつけて欲しい物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして先日この方の元へ。

 

 

 

 

『遊心』の松田さんの元へ。

 

 

トーナメント界ではハイクオリティーなエレキマウントやボートのカスタムで超有名な遊心さんなのですが実は超ご近所(笑)

 

 

以前に『なんかあったらいつでも相談して下さいよ』と言って下さったのでお言葉に甘え以前から作りたかった物のご相談に。

 

 

どうせやるなら本気で作っちゃいましょう!と現在打ち合わせをしながら来年に向け製作したいと考えています。

 

 

この場でお見せできる様になった際には紹介しようと思いますので楽しみにしていて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではではまとまりのないお話になってしまった気がしますが(笑)

 

 

 

皆様良い週末、良いクリスマスイブを!!