2020/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>





お知らせです。

 

 

ついに千葉県も都内への移動だけでなく県内も含めた週末外出自粛要請、しかも平日の夜間も外出要請が出てしまいました…

 

 

感染拡大を防ぐにはこうする他ないというのも理解はできますが、一方では密集とは全く関係のない釣りや野遊びに行くのも自粛や感染拡大のリスクに当てはまるのかな?なんて考えてしまいます。

 

 

そもそも釣りなんて食料を買うのにコンビニやスーパーに寄る以外は人と近い距離で会わないですからね。コンビニやスーパーに行く行為は日常生活でも必要となる行動ですし、そこを抜きに考えれば感染したり逆に人にうつしたりなんていうリスクが最も少ないと思うんですけど…そんな事もあり自分としては近場に関しては釣りに行くつもりではいます。

 

 

今回のような状況や自然災害などで真っ先に自粛の影響をうけやすいのが遊びなのは致し方ないのかもしれませんが、一方でその遊びを仕事にしている人々もいるのも事実なわけで世間一般ではなかなか理解されづらいのかもしれないですけれど、自分としては『現段階では』という前置きを付けた上でできればそうしていきたいと思っています。

 

 

そして営業に関しては定休以外は営業いたします。そもそもSlowtaperは狭い空間かもしれませんが気を付けなければいけない『密』には全く当てはまらない店ですからね(苦笑)

 

 

ただ営業時間は少し短縮しようと思います。

 

 

自粛要請が出ている12日まで19時までの短縮営業とさせていただき、その後どうなるかはその時の千葉県または首都圏の状況を踏まえまた改めてご報告させていただきます。

 

 

ご理解賜ります様何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お時間がかかって申し訳ございませんがティートさんのヒトニヒトニアコントラペラの別注色の抽選を行い当選された方にはご連絡を致しました。

 

現時点でご連絡が行っていないお客様におかれましてはまたこのような機会を設けようと思いますので大変申し訳ございませんがご了承くださいますよう宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

リアに二枚のペラ、そしてその間にセットカラーのようなパーツが入っています。

 

 

 

 

浮き姿勢は70℃位でしょうか?感覚で言えばいわゆる直浮き系かと思います。

 

 

それ故左右に首は降らずお辞儀をするアクション。

 

 

ジャークではかなりブレーキがかかるので移動距離を抑えたスウィッシュ音で大ペラ2枚が水中に入るため水面というよりは水中に響くイメージかと思います。

 

 

またただ巻きの際もペラは水面近くに上がってくるものの水面直下で攪拌するモワッとした感じになります。

 

 

これらの要素を強弱を組み合わせて使う感じになると思いますが浮き角度に対して多彩に使えるのではないかと思います。

 

 

あくまで個人的な感想なのであしからずご了承ください。

 

 

さてそんなヒトニヒトニアコントラペラですが27日で一旦集計させていただきご用意できる数量をご注文数が上回った際は抽選とさせていただきますのであらかじめご了承ください。

 

 

また発送は都合により来週となりヤマト運輸コレクトでの発送となりますので合わせましてご了承くださいますよう宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望の際は下記項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

◯カラー:

 

 


営業のお知らせです。

 

明日28日(土)は15時〜20時までの営業

明後日29日(日)は12時〜19時までの営業

31日(火)臨時店休

 

以上の通りとさせて頂きますのでお間違えのない様宜しくお願い致します。

 

ご迷惑をおかけいたしますが宜しくお願い致します。

 

 

 

 


はい。

 

 

レスイズモア さんから新作リムズ・ネレウスのご案内。

 

 

 

 

アクションは詳しくフライヤーに書いていますのでご参考いただければと思います。

 

 

また目の周りのくぼみも大きいので左右へのターンの際にここが水を受けアピールするポイントのような気がしますがどうなんでしょう。

 

 

さらにプロペラの厚みが0,5mmというのが興味深いです。

 

 

入荷するスウィッシャーのほとんどがステンレスの0.8mmが当たり前となってもう結構な年月が経ちますが、自分のように今オールドと呼ばれていたりするへドンなどのアメリカンルアー、Balsa50などで育った者としては本当に強いなと感じます。

 

 

ただ一方では回転のレスポンスの良さや飛沫のようなスプラッシュを伴う軽やかなスウィッシュサウンドはどうしても出にくくなってしまいます。

 

 

もちろん強度重視はとてもいい事なのですがそこばかりになりスウィッシュサウンドの個性がなくなってしまうのは少し寂しい気がしていた所もあって、逆に個性が際立つ存在かもしれないネレウスにちょっと興味津々です。

 

 

 

さてそんな訳でご予約承ります。

 

 

※件名に『ネレウス予約希望』とお書き頂き、下記項目をコピー&ペーストでご記入の上3月24日までにメールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

※入荷がご予約件数に満たない際はお届けをご予約を頂きました順とさせて頂きます。

※締め切り後のキャンセルは承れませんので予めご了承下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

◯カラー:

 


暑さ寒さも彼岸まで…誰が考えたかわかりませんが的を射ている言葉ですよね。

 

 

ここ数日の暖かさで桜の開花も進んでいますし、いよいよコートなどの冬物をしまう春本番に来たといったところでしょうか。

 

 

我が家にたくさん住んでいるカナヘビも活発に動き出していますし、もう20年飼っているイシガメも冬眠から目覚めもうぼちぼち餌を食べ始めるのではないかという感じです。

 

 

 

 

そんな陽気に素足とまではいきませんが僕も今年初サンダル出勤(笑)

 

 

しかし一方ではコロナウィルスショックが凄まじいですね…

 

 

ウィルスの収束に向けてベストを尽くすのはいいのですが既に日本経済どころか世界経済に大きな影響が出ていますし、今後経済の方はどうなってしまうんでしょうね。

 

 

釣具業界も例外ではなく大手さんほど中国を始め海外生産の物が多く業界全体で影響がかなり大きいのではないかと心配してしまいます。

 

 

そしてSlowtaperの場合はロッドもグッズも日本生産なので影響がないかというとそうでもなく、富士工業のガイドが遅れていて現時点で既に発注が出ている各メーカーのロッドに大幅な遅れが出ているため新たな発注をどうしようかと頭悩ませているところです。

 

 

毎日毎日コロナコロナでうんざりですが釣りに関しては屋外ですから問題はないですし、しがない釣具屋のSlowtaperも店内が人でごった返すなんてことはございませんので安心して釣りに行きご来店いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中インスタグラムをご覧の方は重複しますが紙媒体のお話を。

 

 

見本が届くのに時間がかかったので紹介が遅れましたが、ルアーマガジンの春のルアー100選に春にオススメのプラグを10個選ばせていただきました。

 

 

 

 

正直言うとこの何年も釣果は求めるもののそれ以上にその時自分の満足度の高いプラグで釣るという形になってきているのですがお題でしたのであえて10個選ばせていただきました。

 

 

もちろん選ばせていただいたプラグ以外にそれこそ沢山の素晴らしいプラグや思い入れのあるプラグもありましたが参考までにご覧いただければと思います。

 

 

そしてそんな僕の記事よりも今回はちょっと嬉しいことがありました。

 

 

それはクワイエットファンクの久保田さんの記事。

 

 

 

 

しっかりとページ数もあって見応え読み応えがある内容となっています。

 

 

昔からバスフィッシング、トップウォーターゲームを楽しんでいる方はご存知かと思いますが17、8年程前はトップウォーターの記事はバサー、アングリング、ロッド&リール、バスワールドと言ったバス専門誌の中で季節がくると雰囲気のある写真とともに掲載されるのが普通でした。

 

 

当然トーナメンターを目指すようなオールレンジの人もトップウォーターの記事を見ることはあったりその逆にトップウォータープラッガーもオールレンジの記事も見ることがあり、興味があるなしは別にしてなんとなくでもお互いの釣りを見る機会はあったように思います。

 

 

しかしその流れがトップ堂の登場によって大きく変わりました。

 

 

トップ堂はご存知の方も多いかと思いますが、出版社から出る初のトップウォーター専門誌で、そのおかげでこのハンドメイドプラグの文化やトップウォーターの世界が大きく花開いて行ったことは誰もが疑うことのない事実でしょう。

 

 

それほどトップ堂の功績は大きく僕を含め多くのトップウォーター業界に生きる者や楽しむ者にとって大きな存在だったと思います。

 

 

しかしトップウォーターの世界や文化が花開いた一方でガラパゴス化し僕ら流のトップウォーターの記事がバス専門誌で少なくなってそれぞれの世界を知る機会がなくなった事もまた事実だと思うのです。

 

 

ただそれは様々な部分も含めいい悪いではないと思いますし、おそらくそれが『流れ』だったんだとは思いますが、そんな事を抜きにしても古い人間としてはまたこうしてバス専門誌にオールレンジ的ではないトップウォーターのスタイルが再び登場することに嬉しさを感じてしまうのです。

 

 

来月号切り替えまでまだ少しありますから若い方もベテランの方も是非ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つ。

 

 

アブディールさんの15th記念カタログ。

 

 

 

 

MUNCH ITの世界観そのままのカタログでカタログというよりは読み物としての要素が強く見終わった時に『釣りに行きたい!』という気持ちにさせてくれるような素晴らしいカタログでした。

 

 

 

 

堀田君とかれこれ長く付き合ってきて思うのですが、当にこの世界の事を考えているんだなぁ…と痛感します。

 

 

名古屋で自身のショップBOASTERをやっているのも名古屋でハンドメイドトップウォーターの文化をもっともっと定着させて行きたいという想いからですし、広告ゼロで自身が取材し自費出版するMUNCH ITなんてその最たる例だと思うんです。

 

 

どう考えても利益だけで考えたら絶対にできないですし、本当にこのトップウォーター界の今後をユーザー、ショップと盛り上げていこうとする彼を見ると頭が下がる思いです。

 

 

弊店分はすでになくなってしまい増刷もしないとの事ですが、全国のアブディール お取り扱い店様でいただけるようであれば是非ご覧いただければと思います。

 

 

また手にすることができなかったお客様に関しましては僕のカタログをご覧いただけますのでお買い物の際に一声かけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて明日明後日と連休が続きますが暖かい日が続くようですね。

 

 

先に申し上げました通り釣りやアウトドアの遊びは問題ないと思いますので是非春を満喫しにお出か頂き、ついでに釣具屋なんぞにお立ち寄りいただければと思います。

 

 

それでは皆様良い休日を。

 

 

 

 

 


はい。

 

 

遅くなりましたがグロデベさんの『クラウドマウス』の通販分です。¥7,900(Foil Amago¥8,400)

 

 

XRY FY、Tokyo Gas、Wooden Shad、Green Camo

 

 

foil Amago

 

さて高い木工技術と特徴的な表情のグロデベさんの新作クラウドマウス。

 

 

おそらくこれをご覧いただくとクワッと口は開いていますしスタンダードポッパーとしてのイメージを持たれるかと思いますが、実際は結構ペンシルベイト寄りのペンシルポッパーとなります。

 

 

 

 

加えてターンもクイックで軽快と思ったのですが実際はちょっとダイブするようにターンするイメージなのでじっくり見せて食わせるタイプのプラグと言えるかもしれません。

 

 

キャストフィーリングが非常に良く、サイズ感も使い勝手が良いベストサイズ。

 

 

フィールドを選ばずパイロットルアー的に使えるプラグではないかと思います。

 

 

尚ご用意できる数量が各カラー非常に少ないため時間差での完売の際はご容赦ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望の際は下記項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

◯カラー:

 

 


まずアブディール さんのスラープアシッド別注色をご注文いただきましたお客様へお知らせです。

 

 

ご連絡をいたしました予定よりやや遅れておりますが数日内には入荷し来週から発送ができますお客様にはご連絡ができるかと思いますので今しばらくお待ちくださいますよう宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

さていよいよ3月に入りましたね。

 

 

釣りでいうとバレンタインデーを過ぎれば春として捉えているのですが、世間一般でいうと河津桜も満開でツクシも顔を出し始めるこの頃から本格的な春という感じでしょう。今年は桜の開花予想も3月中旬と早いようで、春到来に加え驚くほど暖冬だったこの冬を象徴していますよね。

 

 

そして3月ともなれば少しづつ葦系フィールドや河川も開幕となってくるのが嬉しい所。春バスを狙って様々な選択肢を考えるが楽しい時期でもあります。

 

 

残念ながら房総の場合は代掻きが入って三月半ば前にはスーパーニゴニゴになってしまうのが切ないところ。

 

 

酸素濃度の低い泥水に加え除草剤も川に流れてしまうので入りたての当初は一気に活性が下がりますし、その影響が薄れてきても房総は濁りが特に取れづらいので一ヶ月程度はひどい濁りが続く事になります。

 

 

房総で言うと時期が年々早まり現在は3月半ば前、茨城などは4月20日位には入り始めるのが通例ですが地域によって時期が異なりますからホームフィールドの代掻きのタイミングを把握しつつフィールドを選択していくことをお勧めします。

 

 

ちなみに房総に関しては暖冬のせいなのかどうかわかりませんが例年よりやや早めに代掻きおよびその準備が進んでいる気がしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな色々諸々頭悩ませる春ではありますが、冬から少しづつ反応も変わって来ることも事実個人的には春の風物詩的感覚も相まって毎年2月半ばからの1ヶ月はミノーを多用します。

 

 

またミノーと言っても水面うねうねただ巻きのウェイク的に使うのではなく、ピンポイントでキックバックメインで誘いのダイブも極短いものなので使い方の感覚はダータと全く同じと行っても良い位なのですが、ダーターをより繊細にした感じがもともとダーターが大好きな自分にはたまりません(笑)

 

 

ちなみに今までタイガー各サイズ、マーベリック、バンゴー5インチ、スピナーテールバンゴー5インチと6インチ改、Fラパラ、ミノートプス&スピントプスなどと様々なミノーを使ってきているのですが現在のメインは相変わらずのマグナムタイガーとレイミアさんのリーフとなっています。

 

 

 

 

基本的に自分の場合はアンバサダー5000番でコントロールキャストをするのにストレスがないプラグサイズが基準なので自ずとサイズや多用するプラグは決まって来る感じなのですがこの2種はその中でも理想的。

 

 

正直昔みたいにトップォーターミノーイングが王道的釣りとして復活してハンドメイドプラグの中にももっと選択肢が欲しいのですが…

 

 

ちなみにタイガーもビッグタイガーという大きなサイズやオリジナルサイズのタイガーもあるものの自分の中でイメージするミノーイングとなると圧倒的にマグナムタイガー。復刻される前はオールドの物を使っていましたが一時復刻されてからは特にオールドへのこだわりはなく現役引退させて復刻ものばかり使っています。

 

 

加えてそれ以外に定番系では自分的必殺ルアーでスピナーテールバンゴー5インチもあるのですが、ウェイトがやや軽い事、ある時期のあるカラーシリーズがものすごく好きでそれがなかなか見つからないので復刻のストックが一生分確保してあるマグナムタイガーになってしまっています(笑)

 

 

またレイミアさんのリーフに関してはハンドメイドプラグの分野ではウェイク的に使うライブリーが多く自分がイメージするオーソドックスなミノーイングに使うライブリーがなかなか無い中でかなりイメージが近いので多用しています。特にボディーの形状に対し比重というか浮力の塩梅が良くキビキビしすぎずもっさりすぎない絶妙な感じで非常に使いやすいと思っています。

 

 

加えてフックはマグナムタイガーは早春からアフタースポーンまでは通常トリプル直付けの所をスプリットリングを介してのトリプルフック装着、リーフは標準ダブルフック仕様ととスプリットリングを介してのトリプルを必ず用意しています。

 

 

 

 

そしてプラグセレクトも大事ですが特にタックルのセッティングも大事。

 

 

先般ダーターの使い方と同じと申し上げましたが、同じようで大きく違うのが繊細さ。ダーターに比べるとミノーはウェイトも軽くロッドワークによる反応も機敏でその加減が使い心地やプラグアクションに大きく影響してしまいます。

 

 

そのためPEラインの場合は必ずグラスロッド、カーボンロッドを選択する場合は必ずナイロンラインを使用にします。

 

 

またPEの場合はメインラインは2号でリーダーも20lbちょっとまで。

 

 

これに関してはミノーに関わらず全てのプラグでそうなのですがラインやリーダーを必要以上太くするメリットはありません。

 

 

実際ナイロンなどはリーダーよりもっと細いラインで釣りをしているわけですし、この組み合わせでもランカーサイズのバスはもちろん大きな鯉や雷魚、スズキなどに切られることはありませんから現在太めのラインをお使いの方は徐々に細くし2〜3号まで、リーダーも特殊な状況を除き25lbまでにしその分プラグアクションや釣り心地を高める事を強くお勧めします。

 

 

ただ巻きやバシバシ打って3、4アクションで回収の釣りならばそこまで考えなくてもいいのですが、繊細に動かしじっくり魅せて食わせるのが自分のミノーイングの最大の楽しさなのでここは結構重要なんです。

 

 

尚自分の場合は最も多用するのがグラスロッドにナイロンライン。好みもありますが何か特別な事情がない限りことがない限りほぼこれで釣りをしていて、この組み合わせでラインスラックを操作することによって操作に気を使う事なく柔らかく如何にも小魚が水面でもがいている姿を演出しやすくしています。

 

いかがでしょうか?

 

 

まあマニアックな早春のゲームですがグッドサイズが本気でもんどり打ってコ食いに来ている所を見るのはなかなか痺れるものがあります。

 

 

 

 

 

 

先日お客様とお話をしたこともあって少し書いてみました。

 

 

奥が深くかつては王道的トップウォーターゲームでしたが、最近では経験したことのない方もいらっしゃるかと思います。

 

 

この春是非試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お知らせです。

 

 

明日2月25日(火)は本日の振替として店休とさせていただきます。

 

 

お間違えのないよう宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて連日報道されていますが新型コロナウィルスの感染拡大の勢いがすごいですね…

 

 

我が千葉県でも教師の方が感染していますし、感染されていて交通機関を利用して通勤していた方もいらっしゃるので現在の感染者数からかなりの増加は必至の状況と言えるでしょう。

 

 

釣具業界でも西日本釣り博やキープキャストなど大きなイベントが中止となってしまい、この日に向け準備をして来た多くの業界の方々や楽しみにしていたお客様の無念を思うと本当に残念という言葉しかでてきませんよね…

 

 

ただ天皇陛下の容体悪化の際に起きた大規模な自粛や自然災害などで起こる自粛とは問題がが全く異なるだけに中止という判断はやむを得ないとと思いますし今後の事態を最小に食い止めるためにも今は正しい事なのではないかなと思います。

 

 

今回のウィルスはまだ特効薬などもないですし当初言われていたことからどんどん新たな事実が加わってきていますから、諸々の問題はあれど現段階では感染の可能性がある大人数での集まりは極力避けるに越したことはないのかもしれませんね…

 

 

本当に一日も早い終息を願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中、話を変えてフックのお話。

 

 

僕たちの釣りは特殊な部類に入るのでどうしても増える方向より減っていく方向になってしまうのが辛いところ…中でもショートシャンクのダブルフックとトリプルフックは深刻で選択肢が本当に少なくなっていますよね。

 

 

トリプルに関してはいずれお話するとして今日はショートシャンクダブルフックのお話。

 

 

ロングに関してはバスポンドさん、津波ルアーさん、ライフベイトさん、ブライトリバーさん、マスタッド、カルティバ(他にあったらごめんなさいね)とかなり選択できるものの、ショートシャンクで僕たちのプラグにマッチするサイズとなると現状カルティバSD36、RYUGIスピアダブル、イーグルクロウダブル位。(他にあったらごめんなさいね)

 

 

そしてその影響を受け困ってしまうの筆頭が我が神棚的プラグであるBalsa50のホッツィートッツィーや同セラフ 。

 

 

多くのハンドメイドブランドの場合は作り手側が最初からロングシャンクを3つを想定しているからか問題がないのですが、ホッツィーの場合は感覚がやや狭いため適合サイズにすると垂れ下がりが長くなり不恰好な上フック同士が絡みやすくなったりします。(特にバルサ)

 

 

そんな事もあってPEのパワーゲームには強度不足なものの通常の釣りでは十分だったのでOFTのダブルフックをかなり重宝していたのですがOFTの廃業でそれも入手できず…

 

 

 

 

 

 

そこで発売からちょっと使ってみているのがRYUGI。サイズも大きめなところもありますしゲイプも広く、線径も程よくワイドゲイプ。

 

 

 

 

現在はまとめ買いしてあるOFTのフックがまだ少しあるのでまだそれを使いつつRYUGIのフックを並行して使っている感じですが、形状やフックカラーなど見た目の好みはあるかもしれませんが少なくとも機能的にはなかなか良いのではないかと思います。

 

 

 

 

ちなみにSD36も結構使っていました(サイズは2)

 

 

ただカルティバは今はそうでもないかもしれませんが生産ロットによりバーブのねむり具合にばらつきがありフックポイントとシャンクの幅が狭くなっているようならプライヤーで起こして調整して使うことをお勧めします。

 

 

そんなわけでもしもホッツィートッツィーを始め3フックプラグのフックでお困りの方は一度試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お知らせです。

 

 

2月24日(月)天皇誕生日の振替休日は営業致します。

 

 

皆様のご来店心よりお待ち致しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて気がつけば二週間程放置…

 

 

SNSではマメに情報発信していたのですが一方のブログがご無沙汰になってしまって申し訳ございません。

 

 

どうしても手軽に更新できる方に偏ってしまう傾向にあり深く反省しております。

 

 

入荷以外でもせめて週一の更新はしようと思っておりますのでお許し下さいませ。

 

 

またブログもやりつつご時世でもありますしインスタグラムslowtaper_rodworksなるアカウントで公開で行っておりますのでそちらもよろしければご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな懺悔から入りましたが近況といたしまして初バスは釣ったもののその後二回連続でデコっています(笑)

 

 

自分の中ではバレンタインデーを過ぎると冬は終わりなので季節は春。

 

 

梅も満開。可愛いお馴染みの花も咲いてきましたね。

 

 

月曜は今まで冬仕様だったプラグのラインナップではなく少しメンバーを入れ替えて大好きなダーターを強気にポコポコしまくったのですが何もなし…湖上は南西爆風でしたが僕自身に春一番はやってきませんでした(苦笑)

 

 

世間では今年は異常な暖冬と言われておりますがだからといって異常に釣れるわけではなく、暖冬の恩恵を釣果で味わいたいところですね(苦笑)

 

 

まあやっていればその内春一番のバスも釣れるでしょうけど3連敗は避けたいとことです…

 

 

ちなみに冬に間に合いませんでしたがこんなプラグも従来のモデルをほんのちょっと改良して製作中。

 

 

これは絶対にやりたいと思っていたカラー。よく似合います!

 

 

冬に効くプラグはシーズン中は言うまでもなく効果が非常に高いですから是非ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一方の冬の活動の狩猟も15日をもって終了。

 

 

猪5頭、鹿1頭という昨年の無捕獲の結果を考えれば出来過ぎな位な猟期だったと言えるでしょう。

 

 

今期最大の丸々とした猪。ちょっと怖かったですがいい経験になりました。

 

 

生け捕り、止め刺しから解体精肉までを全て自分自身が行うという事が一つの目標だったのですが、その目標も遂に達成でき、改めてお肉が普通に食えるって実は凄いんだなというのを身を持って痛感いたしました。

 

 

また次の猟期まで駆除捕獲の助手?お手伝い?的なものだけで一旦お休みとなりますがまた来年猟師として成長できればなと考えています。

 

 

昨日は箱罠設置のお手伝い。罠の種類は異なりますがこちらも奥が深く勉強になります。

 

 

 

 

 

 

さて明日は曇天な上に南風が強く吹き暖かい予報。

 

 

多くの皆さんがソワソワしているのではないかと思います(笑)

 

 

行かれる方は春一番のバスをキャッチして下さいね。

 

 

そして行けない方は是非しがない釣具屋にでも足を運んでみて下さい(笑)

 

 

良い連休を!


はい。

 

 

遅くなりました。

 

 

リバーズクラフトさんからベロップ135が入荷。¥8,200(GPC¥8,800)

 

 

 

 

手前からRT、JC、OBM、GPC

 

 

これはやられますね(笑)

 

 

リバーズクラフトさんは元々シーバスプラグのブランドですがそのテイストはハンドメイドトップウォーターの分野と全く同じ。

 

 

非常に美しく丈夫な塗装は毎回すごいなと思わずに入られません。

 

 

 

そんなリバーズクラフト さんですが今回のベロップ135はその中でも特にバスをイメージするスピナーテールミノー。

 

 

 

 

正直これを見ればほとんどの方がものすごく釣れそう!!と思うのではないでしょうか(笑)

 

 

かくいう私めもその昔この手のスピナーテールミノーが大得意だったのでベロップ135の案内が届いた時は『おおっ!!』と思いました。

 

 

しかもスピナーテールバンゴーなど通常バス専用の物はキレ重視のためウェイトはどうしても軽くなりがちですがベロップ135は飛距離が重視されるシーバス用だけあってかなり飛びそう。

 

 

冬が終わり春に入ればこんなプラグへの反応がすこぶる良くなりますからぜひ試して見てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望の際は下記項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

◯カラー: