2018/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>





いよいよワールドカップロシア大会開幕。

 

 

いやぁ〜楽しみです。

 

 

1982のスペイン大会の準決勝西ドイツVSフランスの試合に感動して以来ずっと観続けているワールドカップ…(以来日本以外はドイツを応援してます)

 

 

サッカー少年だった時代世界のサッカーを伝えるメディアといえばテレビ東京のダイヤモンドサッカーのみ(笑)

 

 

しかも1試合ではなく前半後半を2週に分けて放送と言う時代でしたがJリーグが開幕し、まさか我が祖国がワールドカッップに出場するなんて当時は夢にも思いませんでした。

 

 

なんせ漫画のキャプテン翼の中ですら壮大な夢として描かれている位ですからね(笑)

 

 

ドーハの悲劇でも涙し、ジョホーバルの歓喜でも涙したあの日は今も忘れません。

 

 

おっとつい熱くなってしまいました…(笑)

 

 

そんなワールドカップですが日本代表のグループリーグ第一試合は19日コロンビア戦。

 

 

今回監督交代などでゴタゴタして今までのW杯の中でも期待度が低い気がしますが、やっぱり可能性がゼロでない限り僕は気合いを入れて応援したいと思います。

 

 

ここ最近のゲームはちょっと失望することが多くわずかな光明すら見出せませんでしたが、先日行われたゲームはパラグアイが仮想コロンビアには全くならないとはいえトップ下や左の攻撃的MFが実質決まったのは良かったのではないかと思いますしね。

 

 

ぜひ皆で日本代表を応援しましょう。頑張れ日本代表!!そしてドイツ代表!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてワールドカップの話はそれくらいにして。

 

 

先日茨城方面に友人のお手伝いの用事があって出かけた為朝と夕方の少しの時間釣りをしました。

 

 

朝様子見で入ったエリアの岸際ではエビを捕食するボイルが散発的に見られる状況。

 

 

とりあえずセオリー通りポッパーのスプラットでスタートするとすぐに反応があって1キャッチ。

 

 

しかしサイズはエビをフィーディングしているような40ない位のヤングマン。

 

 

このままポッパーは手堅い気もしましたが、サイズアップ狙いでとポッパーからメガロンバスことバストロンバスを投げるのですがまたもやヤングマン…(苦笑)

 

 

さらに濁ってもいたのでキラキラ効果狙いでポッパイマを投げるもまたもや同サイズが連発。

 

 

エレクトリックモーターだけで状況が変わるほどのエリアチェンジは出来ないためアクションを強めにしたりプラグのタイプも変えたりしましたが結局はサイズアップはできず終了しました。

 

 

状況を見るのに入ったというのもありますが、想像通りメインは40無い位のヤングマンの数を釣るなかで良いサイズが混じってくれれば的な状況のようです。

 

 

その為夕方は都合上エリアは決められていたし時間も少なかったので反応の得やすさは捨ててサイズ狙いのスポットに完全に絞りました。

 

 

反応がない可能性も高いけれど反応があればかなりの確率でグッドサイズ…

 

 

まぁギャンブル性は高いですがカレントも効いていますし、マズメ時にグッドサイズが回遊してくる可能性も高いですからね。

 

 

そしてグッドコンディションのグッドサイズ。

 

 

久し振りにニコパチ。ベストシーズンらしボチボチと釣っています。

 

 

バイトも派手で葦系フィールドらしい体型の良く引くバスでした。

 

 

釣りを長く続けていると反応を多く取ってその中でグッドサイズを混じらせるか、それとも少ないのを覚悟の上でグッドサイズ反応に賭けるかに悩むことが多々あリます。

 

 

自分の場合は若い時こそ釣りたいという気持ちと少ない反応の中信じてやる「忍耐』という重要なテクニックを身につけていなかったせいで前者を選択することもあったものの、今は完全に後者になりました。

 

 

1バイトの1匹。

 

 

それでも自分の選んだ中で満足のいくゲームでした。

 

 

釣れてくれたバスに感謝ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて各フィールドはベストシーズンらしく釣れています。

 

 

皆様是非フィールドに足を運んでみてください。

 

 

そして梅雨の初期、北絡みの風が吹いた雨になると『梅雨寒』という言葉がぴったりの肌寒い日がありますから、南絡みの風で蒸し風呂のようになる来月頭あたりまでは冬用のアンダーウェアやを着たり薄手のフリースを用意するようにしましょう。

 

 

良い釣りを!!


はい。

 

 

定番のロッジ スクラブブラシが入荷。¥1,620

 

 

 

 

汚れ落としのブラシとして使いやすさは完璧です。

 

 

更に価格と見た目で三拍子揃っています。

 

 

まぁダッヂオーブンを洗うと言う本来の使い方とは違いますけど…(笑)

 

 

一度使うと病みつきになりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:


はい。

 

 

こちらもお待たせしましたのオベナウフス ヘビーデューティーレザーローションが入荷。¥2,376

 

 

 

 

 

本当にようやく再入荷…

 

 

一度在庫が切れるとなかなか入らないのがネックですが、ミンクオイルと通称呼ばれるものを色々使った中で一番いいと思っています。

 

 

何と言っても革が必要以上に柔らかくなりづらいですし、オイル塗布後のしっとりとして革が潤っている状態は最高です。

 

 

個人的には塗っている段階で『あぁいい感じだなぁ』と言う感じ。

 

 

当店定番在庫の防水ワックス、スノーシールと併用することによって完璧なメンテナンスができます。

 

 

革製品全般にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

 


はい。

 

 

お待たせ致しましたのメタルマッチが入荷。¥1,296

 

 

 

 

 

趣味の在庫が一転、当店売れ筋になったメタルマッチ(笑)

 

 

すでに購入されてお使いになった方は分かるかと思うのですが想像以上に便利です。

 

 

ストーブのケースに入れておけば点火装置が壊れても一発で火がつきますし、ただの棒ですからライターのように故障も一切ありません。

 

 

更にサバイバルでの使用が前提なので防災グッズの中に入れておけばいざという時に役立ちます。

 

 

尚、焚き火などで火をつける場合は小枝に直接ではなく、麻紐をほぐした物やティッシを火口とすると簡単に火が付きますのでご参考まで。

 

 

そんな訳でメタルマッチ。

 

 

価格も手頃ですし持っていて絶対に損はしないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

 

 

 


はい。

 

 

アブディール さんからロンバスが入荷。

 

 

左からIWB、 BWWS 、GRF  ¥7,992

 

 

GP  ¥8,424

 

 

発売以来抜群の実績のダブルスウィッシャーですね。

 

 

ジャーク専用と思われがちですが振り角は広くありませんがターン出来ないことはないですしただ巻きはそれ専用と言ってもいいくらい(笑)

 

 

本当に使い勝手のいい良く釣れるダブルスウィッシャーですから持っていない方はお使いになることを強くおすすめします。

 

 

ちなみにジャーク。

 

 

連続でジャークしっぱなしという方を見受けるのですがチョロでも強めでもポーズを入れることが大切です。

 

 

加えてポーズ中バイトも多いのでよそ見をしない事も大切です(笑)

 

 

そしてそんな事を言っている張本人のくせに先日よそ見をしてポーズ中のナイスバイトを逃しました…(涙)

 

 

そんなわけでロンバス。

 

 

絶対の自信を持っておすすめする名作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

◯カラー:希望順がございましたらお書き下さい。


はい。

 

 

ZPI SIC防錆ボールベアリングが再入荷。¥3,456

 

 

 

 

 

4000番〜6000番のオールドABU、シマノ全般(一部のぞく)に適合するベアリングです。

 

 

個人的にはABUらしさが失われるのが好みではないので変えているのはボールベアリングのみです。

 

 

と言うよりも40年以上前のリールがきちんとメンテナンスさえしていれば現代のトップウォーターフィッシングでも十分過ぎる性能があると言うのがアンバサダーの偉大な所と言ってもいいかもしれません。

 

 

そこでこのSICベアリング。

 

 

飛距離が伸びると言うよりも軽やかな滑り出し重視と言った印象で抵抗感なくキャストしたい方はもちろんですが近〜中距離までを多用するこの釣りに自体にマッチしているのではないかと思います。

 

 

また軽めのプラグも使う方にはメリットは大きいと言えるでしょう。

 

 

何台かお持ちの方は一台からでも良いので一度試してみることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:


はい。

 

 

雷魚も元気一杯なシーズンですね。

 

 

スミスさんからシンプルマウスオープナーが入荷。¥1,080

 

 

 

 

僕のように雷魚が大好きな方も苦手な方も素晴らしいゲームフィッシュを大切に扱う為に雷魚がいるフィールドでは必ず持つようにしましょう。

 

 

1080円で魚への思いやりができるのであれば安いものだと思います。

 

 

是非。

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

 

 


はい。

 

 

こちらはキーバックカラビナの小型版、キーバックサイドキックが入荷。¥1,447

 

 

 

 

 

500円玉よりもちょっと大きい位ですかね?

 

 

 

 

こちらは日常使いはもちろん、シャープナーやシザースなどのすぐに使うような小物をまとめてぶら下げて置くといいのではないかと思います。

 

 

ちなみにコードの長さは60僂箸覆蠅泙后

 

 

 

キーバックカラビナと合わせて是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

 


はい。

 

 

キーバックカラビナが入荷。¥2,376

 

 

 

 

丈夫な120僂離吋屮蕁璽魁璽匹離ーバックにカラビナ付き。

 

 

何かと重宝するキーバックカラビナですが以前から紹介している通り写真撮影時やタグ&リリースの際の簡易ストリンガーのコードとして最適です。

 

 

ここに至るまでいくつかのコードを試しましたがコードが細く伸び縮みをし魚を傷めないと言うのが何よりも優れているのではないかと思います。

 

 

 

 

単独の際はもちろん同船者が居てもカメラを用意したりする時にさっと付けて水につけて置くだけでダメージが減りますしこれからの高温期は特にそういったことに注意したいものです。

 

 

ちなみに耐久性も中々で先日10年以上使用したキーバックカラビナがコードが戻らなくなってご臨終。とは言えヒラスズキに行きまくっている時にバスと共に相当荒く使ったので普通であればもっと持つと思います(笑)

 

 

MADE IN USAのキーバックカラビナ

 

 

是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※通販をご希望頂ける際は下に記させて頂きます項目をコピー&ペーストでご記入の上メールでご注文下さいます様宜しくお願い致します。

 

◯郵便番号:

◯住所:

◯氏名:

◯電話番号:

◯配送時間帯:

 


蒸し蒸しする1日でしたね。

 

 

梅雨の時期の貴重な晴れ間ですけどいっそ曇ってくれた方が過ごしやすいかもしれません。

 

 

今日みたいな気温が高く湿度が高いと熱中症になりがちですから釣りに行く際はマメに水分補給をしたり途中で昼寝などの休憩を挟んだりしましょう。

 

 

さてそんな中、前回は北へ、今回は西へということで先日旅に出ました。

 

 

オフショアを思い切り我慢した分をバスへシフト。

 

 

今年ももうすぐテストロッドも上がってくるし地元房総、関東のフィールドは勿論、積極的にバスフィッシングの遠征にも行こうと思っています。

 

 

そんな西への旅。

 

 

 

今回も気心知れた中学サッカー部コンビ。お馴染みT所君

 

 

事前にアカシブランドの明石さん六度九分の行友君に聞いた所によると直下やベタ凪の時僅かにウィードがあるエリアがあるもののほぼ南湖全域で面まで生えてきていない状況。

 

 

その為岸を打ったり直下まで生えている沖のウィードを探したりしつつ釣ると言ういつもとはちょっと違った釣りでした。

 

 

とは言えそこは日本一バスが居る湖。

 

 

ちょっと予報がズレて前半はドピーカンでしたが、それでもれなりに反応してくれるのが凄いところといったところでしょうか。

 

 

今回はサイズは毎回掲げている目標には遠く届かないものの、釣り自体で言えばかなり得るものがあり結果以上に自分の中では有意義な旅でしたね。

 

 

底丸見えの超ドシャローから引き波と共にプラグを襲ってきたり、水面直下のエビモエリアからスウィいッシャーやポッパーで誘い出し、いきなり水面が割れるとかこうして書いている間にも思い浮かべてまた味わいたいなぁなんて思っています(笑)

 

 

普段の釣りが大事なのは勿論ですが、こうやって刺激と共に次の旅や普段の釣りにつながるイメージやアイデアが膨らみますからね。

 

 

そして今回も4時間だけ明石ガイドサービスにお世話になりました。

 

 

 

 

 

ウィードの成育が良さそうな所をバスボートによるランガンでチェック。

 

 

これをジョンでやっていたらとてもじゃないけど数時間どころか二日かけても回りきれませんからね(笑)

 

 

そして結構回って唯一ウィードが成育してなおかつベイトボールがリンクするエリアを見つけバスを手にすることが出来、尚且つ最終日の釣りも外さず楽しめました。

 

 

本当にこう言う時こそ色々回れるというメリットはとてつもなく大きいですからね。

 

 

そして夜には行友君も合流して焼鳥屋さんで皆で一杯。

 

 

 

 

 

今回も安定の楽しい西への旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな訳で最後にこれからの遠征シーズン、学問のすゝめならぬ明石ガイドサービスのすゝめの話でも。

 

 

この場で何回かお話しましたが琵琶湖の釣りを経験したことがない方であればまず一度ガイドしてもらうことを強くお勧めします。

 

 

というのも琵琶湖の釣り、特にこれからウィードが生えてくるにつれてメインとなる沖のウィードの釣りは日本広しと言えど琵琶湖にしか存在しません。

 

 

つまり中部や関西で琵琶湖に通うことのできる人達以外だとなかなか経験する事は出来ません。

 

 

例えば八郎潟のように基本的には岸際を流す普段の釣りであれば釣りの概念そのものが大きく変わる事はないのですが、琵琶湖の場合はそもそもが『琵琶湖のバスフィッシング』

 

 

僕の場合はライフベイトの小松さんやティートの徳親さん、そして明石ブランドの明石さんなど経験豊富な方々とご一緒させてもらうことによりそれぞれの釣りを吸収することによって単独で釣りができるようになりましたがそうでなければ琵琶湖の釣りを知るまでもっと時間がかかっていた事でしょう。

 

 

そして先に申し上げた通り関西や中部圏の方であれば通う事によって知って行くこともできますが、関東などからの遠征の場合はまた次という訳にも行きません。

 

 

そもそもウィードの釣りが限りなく少ない関東アングラーだとエビモやカナダモの区別も分からない場合だってありますしね。

 

 

そこを例えば初日明石ガイドサービスで琵琶湖の釣りを経験し明石さんにアドバイスをもらう事によって次の日をより有効に使えるというものです。

 

 

ガイドを利用するというのはその日に良い釣りをしたいというのも勿論ですが、実は次に繋がる知識を得るという事こそメリットが大きいと思うのです。

 

 

そして長い目で見てどちらが特なのか?何事もついつい目先の結果やかかる経費を重視しがちですが、その先を見据えた時にやはり急がば回れだと思うのです

 

 

明石さんも僕と同世代なので毎日は身体にキツイらしく以前のように積極的には募集していないらしいですがこれからのシーズン遠征を計画されている方は一度明石さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

琵琶湖…リザーバーの釣りに憧れ房総のリザーバーで育った自分はやっぱりリザーバーこそ最高でしょう!と思ったような時もありましたし、もう一つの遠征先の八郎潟に比べるとやや大雑把な釣りかなぁというイメージを持っていた時もありました。

 

 

でも今考えるとここの釣りの醍醐味というか面白さを何もわかってない青二才だったんですね。

 

 

 

素晴らしいフィールドがあれば毛嫌いせずまずは行ってみるべき。

 

 

そしてかじった程度で何もわからない内に決めつけてはいけないと言うことを改めて勉強させてもらったこのフィールドに感謝です。

 

 

 

 

 

 

それでは皆様良い週末を!!